会社名

有限会社 コテッヂデザインCottage Design)

暮らしのデザイン工房 こぶしざわ
(生活用品のデザイン企画・製作・販売)
○所在地
〒389−0111
長野県軽井沢町大字長倉4468−3 (浅間南麓 中軽井沢 太郎山(ふもと)
 
(中軽井沢駅前18号を小諸方面に進み、“ゆうすげ温泉”手前を右山麓へ入る。600m程で御影用水に、橋を
渡らず、太郎山別荘地方向へ70m程行く、最初の路地を右に入ると、こぶしざわのせせらぎと共に)

○電話             Tel0267−46−0017
ナースリー
群馬県前橋市力丸町宮田
・耐寒草木の耐暑性試験等
・山野草、山菜、ベリー類&ハーブ類の繁殖、育苗ほか
○メールアドレス
kobushizawanook@coral.plala.or.jp
○URL
http://www14.plala.or.jp/CottageDesign/
○設立
平成16年(2004年)6月18日
○代表者 羽鳥義直(はとり よしなお)
営業内容
山荘、店舗用地および建物の売買、仲介、斡旋
用地、建物選定に関する計画・相談

山荘建築の企画・設計、施工に関わる計画・相談
店舗(カフェ、ギャラリー,工房)企画、オープンに関わるサポート
施工工務店の案内、紹介
デザインリフォームの計画・施工
家具、照明等インテリア用品の選定、販売

インテリアデザインおよび用品の企画、製作、施工

樹木の伐採、植栽等庭創りに関するデザイン計画・相談・施工
山菜、野草、ベリー類、ハーブ類の繁殖・育苗、苗、種子販売


自然環境の厳しいここ軽井沢では、長年住んでみないとわからない不測の事態
が起きます。特に厳寒の地故に水周りに関わるハプニングに備え細心の備えが
求められます。

山荘を四季を通じ利用するスタイルが主流となる今、冬期は、「水との戦い」
と言われる所以です。

湿気、凍結、耐寒植栽等に関わる試行錯誤
の経験から、これら不測の事態を
キャリア、体験として蓄積を重ね、これら課題に対する対応や対策を研究する
とともに、軽井沢に相応しい山荘での暮らしを、心豊かにエンジョイする術を
提供できたらと考えます。


○許認可・所属団体
・宅地建物取引業 長野県知事(4)第4848号
・宅地建物取引士(群馬)第009259号・軽井沢ナショナルトラスト会員
・群馬インテリアコーディネーター協会会員
・日本ガーデンデザイナー協会会員
・小海フインランド協会会員


コーディネートはライフスタイルをトータルに・・・・・・・・。

「自然との共生、森の暮らしをデザインする」を掲げ、土地選びから山荘や自然の中の暮らし、過ごしまでをトータルにサポートしています。

デザインは、暮らし(心)を豊かにするをモットーに、ヘルシーに、アーティステックに、自然に溶け込むライフスタイル創りを目指します。
中学生の頃から花卉栽培に興味を持ち、日本画の審査員を務めた祖父、子供向け画塾を開いた父のもと、アート環境に触れたことは大きな
財産となっています。

また、サラリーマンとして、激動の欧州共同体(EC)統合1992年末を挟む4年間(1990〜1994)花とデザイン大国オランダに駐在し、
現地法人の立ち上げ、運営に携わり、北ヨーロッパを中心に見聞した歴史、文化や人々の暮しぶりは新鮮で、感動の連続、
まさに現ビジネスの礎となっています。

ライフスタイルの提案ビジネスは、これら60有余年の人生経験、キャリアがあればこそ出来る仕事と自負しております。
また、自然条件の厳しい軽井沢において20数年の試行錯誤の繰り返しは大きなノウハウの蓄積と言えます。

土地に始まり、建築、インテリア、庭創りから暮しまでをトータルにサポートするには、多岐分野に亘り、広く浅く興味を持ち、
基礎力の上に実践力向上をはかって行くことが必須です。

キーワードは、当該地の歴史、文化、伝統を踏まえ、簡素に品良く、温かみ、アーティステックな遊び心、非日常です。
         
        
2010年インテリアコーディネーター名鑑」三島俊介監修ハウジングエージェンシー刊より-