HOME   Support BBS


Blueberry HOTは上のフリーメールまたはニュース対応しています。また、RSS仕様のサイトにも対応しています。

HTTPMail Proxy Blueberry HOT version 3.5.0.9 (最終更新日:2004/11/20)

Latest version : 3.5.0.9


概略

このソフトウエアの目的

    このソフトウエアは、上のようなウエブメールサービスに届いた メールをウエブブラウザではなく、 あなたのメーラで受信できるように橋渡しをします。

RSSモジュールの有効活用 技術情報

    ユーザーが独自にプラグインを作成できるようにする為の 技術情報も公開しています。

    また、 サンプルソースも公開しています。

      このサンプルは yahoo.co.jp モジュールのソースプログラムです。
      このサンプルソースファイルは、その一部または全部を改変して、 そのバイナリあるいはソースプログラムを再配布する事ができます。

最新プラグイン

Plugin の最新版です、リリース日付が、本体よりも新しい場合は更新して ください。また、このプラグインは本体の最新版でないと動作しない場合もありますので、 本体のバージョンも確認してください。

動作環境

Windows98/Me/2000で動作するはずですが、動作確認は Windows 2000 だけしか 行っていません。なお、Windows2000/XPに最適化されています。




インストール

インストールはとっても簡単です。ただ、解凍するだけです。

  • ZIP タイプ

      ZIP 解凍するツールが必要です。 あとは、ダウンロードした bb*.zip を適当な ディレクトリ解凍するだけです。
      解凍後作成される bbhot.exe が実行ファイルです。 デスクトップにショートカット等を作成して起動してください。

  • 自己解凍型 (EXE) タイプ

      解凍するツールは不要です。 ダウンロードした bb*.exe を実行してください。あとは解凍プログラムの支持に 従ってください
      解凍後作成される bbhot.exe が実行ファイルです。 デスクトップにショートカット等を作成して起動してください。

なお、アーカイブに含まれている、すべての *.dll ファイルは、bbhot.exe と 同じディレクトリに存在しなくてはいけません。

このプログラムをサービスとして起動する場合はインストール直後に  bbhot.exe /service  を一度実行する必要があります。ただし、いきなりサービスとして登録 せずに、初期設定をすませて動作確認を行った後で登録してください。

☆ インストール先ディレクトリは他のBluberryサーバとは別のディレクトリに してください。正しく動作しなくなります。




重要な事

Blueberry HOT は ウエブメールサイトに接続する為に WinInet を利用しています。 このモジュールはインターネットエクスプローラと密接に関係していてインターネットエクスプローラ の設定の影響を受けます。

もし、あなたが、インターネットエクスプローラのセキュリティのレベルを中以上にしている場合は Blueberry HOT が正常に動作しない事があります。これは、Blueberry HOT が接続するウエブメール サイトがセキュリティチェックに引っかかって正しくやり取りできない事があるからです。

セキュリティのレベルを中以上にしても Blueberry HOT を正常に動かす為には、ウエブメールサイトを インタネットオプションで「信頼できるサイト」として登録しておく必要があります。 たとえば、mail,com を受信したい場合は http://www.mail.com を「信頼できるサイト」に登録して おく必要があります。




設定
右の設定画面は「メニュー」「Tool」「Setting]で表示されます。

  • Proxy

    • Enable Proxy

        Proxyを利用する場合はチェックします。

    • Server

        Proxyサーバの名前とポート番号を組み合わせて設定します。


        サーバの名前が proxy.domain.com でポート番号が8080の 場合は次のように設定します。

        proxy.domain.com:8080

        ":" の前後に空白を置かないでください。

  • Listening Port#

    • POP

        メールを読み出す場合に使用されるポート番号です。 デフォルトでは7110になっています。他のサーバと競合 する場合等は空いているポート番号に変更してください。

    • SMTP

        メールを送信する場合に使用されるポート番号です。 デフォルトでは7025になっています。 他のサーバと競合する場合等は空いているポート番号に変更してください。

    • TimeOut

      • POP
          POP3プロトコルで通信する場合のタイムアウト時間です。 単位は「秒」です。
      • SMTP
          SMTPプロトコルで通信する場合のタイムアウト時間です。 単位は「秒」です。
      • HTTP
          HotmailサーバにHTTPプロトコルでアクセスする場合 のタイムアウト時間です。 単位は「秒」です。

        ウエブメールサービスはレスポンスが良いとは言えませんので、 長め(180秒以上)に設定してください。

    • Options

      • Protocol Log:
          ログをファイルに書き出したい場合にチェックしてください。

          ログファイルは1日に1ファイル作成され7日を経過した ログファイルは自動的に削除されます。

    • メーラ側の設定

        以上が Bluberry  HOT 側の設定ですが、メーラ側では最低次の設定が 必要です。

      • POPサーバ(受信)に関する設定

        • POPサーバの名前<

          localhostにします。

        • POPサーバのポート番号

          上で設定したPOPポート番号に一致させます。

        • ユーザーID とパスワード

          サービス名
          ユーザーID
          パスワード
          hotmail.com メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@hotmail.com
          msn.com メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@msn.com
          yahoo.com.*
          (* は tw,cn,fr 等、国別)
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@yahoo.com
          blueberry@yahoo.com.tw
          yahoo.co.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@yahoo.co.jp
          gmail.com
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@gmail.com
          infoseek.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@infoseek.jp
          excite.co.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@excite.co.jp
          goo.ne.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@mail.goo.ne.jp
          moco.ne.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@moco.ne.jp
          mail.com
          アカウント#ドメイン@mail.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry#japan.com@mail.com blueberry#tokyo.com@mail.com
          usa.com
          アカウント#ドメイン@uas.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry#usa.com@usa.com
          zzn.com
          アカウント#サブ-ドメイン@zzn.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード ayanoakir#blueberry@zzn.com
          livedoor
          アカウント@livedoor.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード ayanoakira@livedoor.com
          RSS仕様のサイト

          注意事項

          当然取得してきたニュースは削除できません。あなたの使っている メーラの設定に「受信したメールはサーバから削除する」といった 設定がある場合はオフにしてください。そうしないと同じニュース を何度もとって来る事も考えられます。

          サイトのURL@rssにしてください

          URLの先頭の http:// はあっても無くても構いません。 また、 ; で区切って複数のURLを指定する事もできます。

          ログインパスワードは存在しませんので、このプログラムが インストールされているコンピュータの「コンピュータ名」をパスワード にしてください。「コンピュータ名」は「コントロールパネル」の 「システム」で確認してください。 http://apan.cnet.com/rss/index.rdf@rss
          apan.cnet.com/rss/index.rdf@rss
          apan.cnet.com/rss/index.rdf;bulknews.net/rss/rdf.cgi?Asahi@rss
          NHKヘッドラインニュース

          注意事項

          RSS 同様に削除できませのでメーラの設定に 「受信したメールはサーバから削除する」といった 設定がある場合はオフにしてください。

          コンピュータ名@nhk.com RSS 同様にログインパスワードは存在しませんので、このプログラムが インストールされているコンピュータの「コンピュータ名」をパスワード にしてください。 blueberry@nkk.com

        • タイムアウトの設定

          ウエブメールサービスはレスポンスが 良いとは言えませんので、長め(180秒以上)に設定してください。

      • SMTPサーバ(送信)に関する設定

        • SMTPサーバの名前

          Localhostに設定してください。

        • ポート番号

          上の  Listening  Port#  SMTPで設定したポート 番号に一致させて下さい。

        • SMTP認証

          メールを送信する場合は、必ず SMTP 認証が必要です。
          認証方法は  LOGIN  を設定してください。

          認証用ユーザーID とパスワード

          このテーブルに載っていないサイトからは送信できません。
          サービス名
          ユーザーID
          パスワード
          hotmail.com メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@hotmail.com
          msn.com メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@msn.com
          yahoo.com.*
          (* は tw,cn,fr 等、国別)
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@yahoo.com
          blueberry@yahoo.com.tw
          yahoo.co.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@yahoo.co.jp
          gmail.com
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@gmail.com
          infoseek.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@infoseek.jp
          excite.co.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@excite.co.jp
          goo.ne.jp
          メールアドレス ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry@mail.goo.ne.jp
          mail.com
          アカウント#ドメイン@mail.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry#japan.com@mail.com blueberry#tokyo.com@mail.com
          usa.com
          アカウント#ドメイン@uas.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード blueberry#usa.com@usa.com
          zzn.com
          アカウント#サブ-ドメイン@zzn.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード ayanoakir#blueberry@zzn.com
          livedoor
          アカウント@livedoor.com ブラウザでログインする場合と同じパスワード ayanoakira@livedoor.com

        • タイムアウトの設定

          ウエブメールサービスはレスポンスが 良いとは言えませんので、長め(180秒以上)に設定してください。

プラグインの確認とプラグイン単位の環境設定

    左の画面はメニュー「Setting」->[Plugin]で表示されます。 この画面でインストールされているプラグインとそのバージョンが確認できます。

    また、この画面の [Preference] ボタンを押すと選択されているプラグイン に関するオプションの設定画面が表示されます。なお、全てのプラグインが オプションをサポートしている訳ではありません。サポートしていない場合は その旨が表示されます。




POP->WEB->POP機能
  • メーラ側の設定方法
       
    • ユーザーID  

        POPアカウント#POPメールサーバ名@p2w.com にしてください。

        (例)

        POPアカウントが blueberryで、メールサーバの名前が pop.bbhot.com の場合は blueberry#pop.bbhot.com@p2w.comになります。

         
       
    • パスワード  

        POPアカウントのパスワードです。

         
       
    • 注意事項-1  

        メールサーバに存在するメールの数にもよりますが、 メールの取得が開始されるまでかなり時間がかかりますので、 タイムアウト時間は3分以上にしてください。

        メールサーバにたくさーーーんのメールを溜め込むライフスタイル の方は(^^;),5分以上にしてください。

    • 注意事項-2

        POP->WEB->POP の場合は、メールサーバから メールを削除しません。 あなたの使っているメーラの設定に「受信したメールはサーバから削除する」といった 設定がある場合はオフにしてください。そうしないと同じメールを何度もとって来る事も考えられます。
RSS モジュールでメーラをRSS ビューワに

    あなたの使っているメーラがHTMLメールをインライン表示する機能があれば、 RSS モジュールを使って メーラに強力な RSS ビューワの機能を持たせる事が出来るようになります。

    先に説明した RSS 設定を行うと、RSSモジュールは該当サイトのヘッドラインを  multipart/alternative  形式のメールとして作成します。内部は Content-Type : text/plain と Content-Type: text/html の二つのパートから構成 されています。内容的には両者は同じで、ヘッドラインとリンクが含まれています。メーラでこのメールを見るとメーラの設定に応じて テキストあるいはHTMLで表示されるはずです。

    しかし、この場合はテキスト形式であれHTML形式であれ、リンクをクリックしないとその記事の詳細を読む事はできません。 もちろん、「ヘッドラインだけ読めばいいんだ」という場合はなんの問題もありませんが(^^;)

    そこで、RSSモジュールにリンクをクリックしなくても済む別の形式でメールを返す機能を持たせました。

    • 先に説明した設定

      RSSサイトのURL@rss

    • 新しい設定

      RSSサイトのURL@rss2

        新しい設定を行うと RSS モジュールは該当サイトのヘッドラインを  multipart/mixed  形式のメールとして作成します。本文が Content-Type : text/html で添付ファイルとして Content-Type: text/plain が含まれています。添付されているテキストにはヘッドラインとリンクが含まれています。添付したのはリンク先が いつまでも存在しているとは限らないので、後で参照する時にヘッドラインくらいは見たいかな?と思ったからです。

        本文である HTML テキストは REFRESH 機能を使ってリンク先に自動的に飛ぶようになっていますので、 リックをクリックする必要はありません。

        なお、もう一度書きますが、この機能を使う為には、あなたの使っているメーラがHTMLメールをインライン自動表示する機能 が持っている事が必要です。アカウント単位にインライン表示するしないの設定ができれば、なおベターです。 なぜなら、HTMLメールを自動的にインライン表示するのはウイルスの事などを考えると危険だからです。アカウント単位に 設定する機能が無い場合は、スクリプトの実行禁止等の設定をメーラ側で行ってください。この機能もないメーラの場合は この機能自体を利用しない方が良いかもしれません。

注意点
  • 全体的な事

    各サイトの削除されたメールは「ごみ箱」に送られますので、 そのままにしておくと、割り当てられたスペースが無くなって メールを受信できなくなる可能性があります。適当な間隔 でウエブブラウザでログインして、「ごみ箱」を整理してくだ さい。

  • メッセージがごみ箱に移動されるタイミング

    メーラが削除コマンド(DELE)を発行した段階でメールが即 ごみ箱に移動されるわけではありません。この段階では 削除マークが付けられるだけになっています。

    実際にメールがごみ箱に移動されるのはメーラがQUIT コマンドを発行してからです。この時たくさん移動すべきメール がある場合、そのアカウントは全てのメールが移動されるまで ロックされています。、この時に再度ログインしようとすると「認証 エラー」になる場合があります。これはバグではありませんので、 少し時間をおいてからログインすれば大丈夫です。

  •  Excite , MoCoの場合

    ユニークなメッセージ番号を返しませんので、メーラによっては 重複受信をする可能性があります。メーラ側の設定で、 「受信したメールはサーバから削除する」設定を行ってください。

  •  Infoseek の場合

    ここはメールを削除する場合に一気にまとめて削除しないと まずい事になりますので、メールを貯めすぎるとメモリ不足 で削除できない場合があるかも知れません。受信したメール は削除するようにメーラの設定を行う事をお勧めします。

Download

Blueberry HOT の本体です。本体リリース時の Plugin が含まれています。

HTTPMail Proxy Blueberry HOT 3.5.0.9  (ZIP)
HTTPMail Proxy Blueberry HOT 3.5.0.9  (自己解凍型:EXE)

このソフトウエアは有償です。継続的に利用される場合はユーザー登録が必要です。
ユーザー登録料金は 50US$(おおよそ5,500円)です。

ユーザー登録前でも10日間は試用する事ができます。

試用期限を過ぎると利用できなくなります。 このプログラムを継続的に利用される場合は登録をお願いします。

ユーザー登録はこちらをご覧ください。

更新履歴

  • 2004/11/20 3.5.0.9 をリリース
    • Hotmail が WebDav でのアクセスを禁止した事に対応
  • 2004/08/23 3.5.0.8 をリリース
    • 送信の場合にログアウトしない場合があった。
    • 送信でも2重ログイン禁止にした。
    • ライブドアギガメール対応
  • 2004/08/23 3.5.0.7 をリリース
      日本語モードをサポート
  • 2004/08/19 3.5.0.6 をリリース
      Plugin 単位の設定が可能になった。
  • 2004/08/13 3.5.0.5 をリリース
      世界中の yahoo.com.* からのメール送信に対応。
  • 2004/07/13 3.5.0.1 をリリース
  • 2004/04/17 3.41 をリリース
  • 2003/08/06 3.31 をリリース
  • 2003/08/06 3.30 をリリース
  • 2003/08/06 3.21 をリリース
  • 2003/04/20 3.20 をリリース
      excite.co.jp,mail.com対応
  • 2003/02/14 3.10 をリリース
      msn.com ,hotmail.com zzn.com が .. を . に戻してしまう事に対応
  • 2003/02/09 3.09 をリリース
      msn.comに対応された
  • 2003/02/04 3.08 をリリース
      IPv4,IPv6に対応された

連絡先

ayanoakira@violet.plala.or.jp
khf07113@mnet.ne.jp

ホームページトップへ

このホームページは 綾の明 がメンテナンスしています。