最北に生きた縄文人

上野原遺跡や三内丸山遺跡の発見により、縄文人は、私たちのイメージをくつがえすほど豊かな生活をしていたことが明らかになりました。さらに驚くことに、日本の最北端、礼文島の船泊遺跡では、小さな北の島の縄文人が、想像以上にダイナミックな交易をおこなっていたことがわかりました。

船泊遺跡
船泊遺跡は礼文島北部の船泊湾の砂丘に位置します。発見されたのは、今からおよそ3,800〜3,500年前の縄文時代後期の竪穴式住居の跡と墓です。

船泊遺跡全景

発掘調査の様子

船泊遺跡から出土した縄文後期の土器群
埋まっていた土器のタイプは、当時東日本で流行していた「すり消し縄文」という文様に、この地の縄文人によって独自の改良が加えられたものです。

深鉢形土器
3500年前
船泊遺跡出土
礼文町教育委員会蔵

 

 

礼文島の縄文人たちは、アシカやトドなどの海獣猟を盛んにおこなっていたようです。なぜなら、海獣の骨や解体に使われた石器のナイフがたくさん見つかっているからです。海獣の骨を加工して作った釣り針や海獣を捕るための銛先もたくさん見つかっています。

海獣狩猟の様子 (イラスト 石井 礼子)

天然アスファルトで矢じりが接着された銛先
縄文人は銛とその先端につける矢じりの接着に、天然のアスファルトを使っていました。天然のアスファルトが産出する地域は限られています。このアスファルトの成分を分析したところ、どうやら秋田や新潟などの国内産とは違うようです。実は、それほど遠くまで探さなくても礼文島のすぐ近くにも天然のアスファルトの産地があります。サハリンです。まだ分析中で確実なことはいえませんが、サハリンから持ち込まれた可能性が強くなってきました。

海獣骨製銛先
3500年前
船泊遺跡出土
礼文島教育委員会蔵

石鏃付き銛先
3500年前
船泊遺跡出土
礼文島教育委員会蔵

海獣犬歯製釣針
3500年前
船泊遺跡出土
礼文町教育委員会蔵

石製ナイフ
3500年前
船泊遺跡出土
礼文町教育委員会蔵

 

アシカ頭骨
3500年前
船泊遺跡出土
国立歴史民俗博物館蔵

 

 

船泊遺跡には、はるばる本州や九州などから海を越えて持ち込まれたとみられる交易品がたくさん見つかっています。

南方産の貝製装飾品
イモガイ、マクラガイやタカラガイは南の暖かい海に生息する貝です。特にイモガイは日本では九州や沖縄でしか採れません。はるばる日本の南から北の果てまで交易品として伝
わってきたのです。

現生のイモガイ
現生
沖縄
国立歴史民俗博物館蔵

イモガイ製ペンダント
タカラガイ製装飾品
3500年前
船泊遺跡出土
礼文町教育委員会蔵

 

マクラガイ製ブレスレット
3500年前
船泊遺跡出土
礼文町教育委員会蔵

 

このヒスイのペンダントは、7号墓に埋葬されていた男性が身につけていたものです。ヒスイは新潟県糸魚川周辺が産地で、はるばる礼文島まで持ち込まれたのでしょう。ヒスイは貴重品です。身につけていた男性は村のなかでも相当に地位が高かったのかもしれません。

ヒスイ製のペンダントをつけた7号墓の男性人骨

ヒスイ製のペンダントをつけた7号人骨の復元想像図
(イラスト 石井 礼子)

ヒスイ製ペンダント
3500年前
船泊遺跡出土
礼文町教育委員会蔵

埋葬されていたこの人物は、小柄な壮年女性です。身につけているのは、船泊縄文人が自ら作製したと考えられているビノスガイ製のネックレスとブレスレットです。この時代は、屈葬と呼ばれる脚を折り曲げた状態で埋葬されるのが普通でした。

15号墓の人骨

埋葬の様子 (イラスト 石井 礼子)

15号人骨全身骨格
3500年前
船泊遺跡出土
国立科学博物館蔵

礼文島は、ロシアのサハリンや沿海州にもっとも近い島です。そのため、発掘当初は、埋葬されていたのは面長で平らな顔立ちをした北方アジア系の人たちかもしれない、と想像されました。しかし、壊れた人骨を復元してみると、幅が広く上下に短い顔面、出っぱった眉間、隆起した高い鼻など、彫りが深く四角い顔立ちが浮かび上がり、まさに本州で見られる典型的な縄文人そのものでした。

男性
(イラスト 石井 礼子)

女性