MotoGP 2006 もてぎ

(2006/9/22)

いよいよ出発です。8時出発予定より30分遅れです。

最初の運転手は私・永田です。

みんな、まだ元気です。あたりまえか。あとは東京で合流です。


ノンストップで一気に九州を出るも、燃料ぎりぎりです。燃費8km/L 。以外に伸びない。

夕方6時 運転手は3人目。いよいよ日も落ち始めてきました。 兵庫まで来ました。

たんたんと、ただ進むのみ。



(2006/9/23)

午前1時、東京・八王子IC到着。同行者の知り合い宅に突然電話して、シャワーを全員借りる。

本日朝6時30分、計22時間、睡眠時間2時間にてようやく”もてぎ”に到着。

トータル走行距離 1,629km 距離よりも真っ直ぐになって眠れないのが何よりも苦痛・・


天候は晴れ。まずは10時からのMotoGPフリー走行に間に合うように、コースサイドへ。

そして初めての生のMotoGP!!! カピロッシがコースレコードタイムで目の前を走ります!

ヒジ着きそう!!!



ペドロサ                                    セテ
 

ロッシ                                ヘイデン
 

今回はBSタイヤ勢は調子いいですね。真ん中・・いや、なんでも無いです・・


さあ、午後2:00からMotoGP予選開始です。カピロッシが真っ先に出て行きます。


やはりロッシは人気あります。


結局カピロッシがポールです。しかし、ラストの1周でロッシが2位浮上。さすがです。


これはスタッフ福元が撮った画像。DUCATIブースに突然現れたそうです。しまったぁ〜!一生の不覚・・


一方、駐車場では我々の車の脇を通る多くの方々が「うわっ、鹿児島から来てるよ!」と言いながら通っていきます。



(2006/9/24)

いよいよ決勝当日です。台風が来るかもと言っていたのがうそのような晴天です。


身内達。今回は合計7名。
 



いよいよ決勝スタート。

125ccはKTM・ミカ カリオが優勝。


250ccではKTM・日本の青山博一が優勝。


いよいよMotoGPクラスがスターティンググリッドに。


ついに決勝スタート!カピロッシがホールショット。


カピロッシ、ジベルノゥが通過するたびにコルセフラッグがなびきます。


カピロッシ完璧でした。ポールtoウィン!セテも4位!

再度DUCATIブースにて。おぉ、セディチ!


違った、こちらがデスモセディチD16RRです!


この後、翌日夕方の大阪発フェリーまで何にも決まらないまま、とりあえず高速に乗り、

静岡過ぎまで走ります。サービスエリアで休息の後、翌朝大阪へ向かいます。

特に行くあても無く、気の向くまま、法隆寺前まで来てみたり・・、鹿を見てみたり・・

 

夕方、大阪南港。奮発してフェリーの個室を取りました。でも、すぐに爆睡。
 


(2006/9/25)

翌朝、ようやく鹿児島・志布志港到着です。店に直行・そのまま仕事開始です。