ガオポン00

『ガオポン! 不思議ナゾトキ迷走日記』

電子出版各社にて好評発売中!
[Kindle]とか[kobo]とか[honto]とか[iBooks]とか。


《ナゾ@ 「『ガオポン!』ってナニ?」》

『ガオポン! 不思議ナゾトキ迷走日記』は

スマートフォン向け月額制電子書籍サービス

「yomel.jp」に連載されていた小説です。・・

このたび[Kindle]、[kobo]、[honto]、[iBoo

ks]などの「電子書籍版」になりました。

マンガの雑誌連載が単行本になったような感

じです。・・・・・・・・・・・・・・・・



《ナゾA 「どんな話?」》

チビで理屈っぽい女の子“ガオ”と、アホの

美少女“クラポン”のコンビが、じゃれ合っ

たりボケツッコミを繰り返したり、人助けを

したり、日常生活の小さな謎を解いたりしま

す。ジャンルは「ちょいミス」です。・・・



《ナゾB 「『ちょいミス』って?」》

「ちょっとした日常の謎(ミステリー)」・・

「ちょっと軽くつまめる短編ミステリー小説」

「ほんとにミステリーかと言われるとちょっ

と自信がない」・・・・・・・・・・・・・

――などの想いを込めて名づけられた新ジャ

ンルです。新ジャンルなのだから「ちがう」

と言われてもコマル。・・・・・・・・・・



《ナゾC 「それって面白いの?」》

失礼だな! 面白いよ!・・・・・・・・・



《内容紹介!》

ガオポン01


「一日一善 → 彼氏ツクル」。これが新たな

生活の指針。この帆隅かおるは高校進学を機

に自分を変えるのだ……と思っていた初登校

の朝、あたしが出会ったのは“スキップする

ちょんまげ”だった!?・・・・・・・・・・

(第1話「フェアリータイム」)・・・・・



通学路で話した学校一のイケメンの先輩と、

生徒会室のクールな美女。気になるふたりの

関係は……?・・・・・・・・・・・・・・

(第2話「フリーダムにもほどがある」)



チビで理屈っぽい“あたし=ガオ”と、妖精

じみた金髪の美少女(だけど超バカ)“クラ

ポン”の凸凹コンビが、学園のちっちゃいナ

ゾを解く! ちょっと不思議な新ジャンルミ

ステリー「ちょいミス」、ついに開幕!・・


『ガオポン!@[Kindle版]』→●

『ガオポン!@[iBooks版]』→●

『ガオポン!@[honto版]』→●

『ガオポン!@[kobo版]』→●
『ガオポン!A[kobo版]』→●




ガオポン02


うちのクラスの“大魔神”こと渋谷剛士。デ

カくてコワいが、悪い奴じゃない……はずな

んだけど、ある日、となりのクラスの不良を

病院送りに? その事件の真相には、渋谷の

履いている“すごいガラパン”が絡んでいて

……。・・・・・・・・・・・・・・・・・

(第3話「すごいパンツと大魔神」)・・・



あたしだって、バカじゃないからたまには風

邪を引く。ちょっと無理して登校したら、あ

たしの顔を見たクラポンが「ゆっ、ゆでた!?

ゆでたのか!?」と大騒ぎ。これがクラスと担

任の対立する「犬マスク事件」の発端だった

……。・・・・・・・・・・・・・・・・・

(第4話「犬とマスクとルチャドール」)



ちょっと不思議な新ジャンルミステリー・・

「ちょいミス」第2巻!・・・・・・・・・・


『ガオポン!A[Kindle版]』→●

『ガオポン!A[iBooks版]』→●

『ガオポン!A[honto版]』→●

『ガオポン!B[kobo版]』→●
『ガオポン!C[kobo版]』→●




ガオポン03


学校に流れる“放課後の幽霊”のうわさ。メ

ガネのガネさんまで「それっぽい人、見たか

も……」と言い出した。アホのクラポンは幽

霊を捕まえる気満々なのだが、あたしはちょっ

とイヤな予感がしていた……。・・・・・・

(第5話「放課後の幽霊」)・・・・・・・



ある朝、下駄箱を開けてみると、可愛らしい

靴が入ってた。これはあたしへのプレゼント?

でも、サイズが合わないし……そうだよ、あ

たしの足はデカいんだ。悪いか!・・・・・

(第6話「サイズちがいのシンデレラ」)



ちょっと不思議な新ジャンルミステリー・・

「ちょいミス」第3巻!・・・・・・・・・・


『ガオポン!B[Kindle版]』→●

『ガオポン!B[iBooks版]』→●

『ガオポン!B[honto版]』→●

『ガオポン!D[kobo版]』→●
『ガオポン!E[kobo版]』→●



ガオポン04


クラスメイトのシュリが、大学生の彼氏と猫

喫茶を3軒ハシゴしてきた。その時の写真を

見せてもらってたら、3軒すべてに写ってい

る怪しい人物をクラポンが発見。誰だコレ?

シュリの反応もなんだかヘンにそっけないし

……。・・・・・・・・・・・・・・・・・

(第7話「水中メガネと猫喫茶」)・・・・



生徒会の仕事で、学校の隅にある小さな“お

稲荷さん”の世話をすることになった。でも、

お稲荷さんって普通キツネだと思うんだけど、

そこに祀られていたのは……タヌキの置物?

(第8話「稲荷とタヌキとサッカー部」)



ちょっと不思議な新ジャンルミステリー・・

「ちょいミス」第4巻!・・・・・・・・・・


『ガオポン!C[Kindle版]』→●

『ガオポン!C[iBooks版]』→●

『ガオポン!C[honto版]』→●

『ガオポン!F[kobo版]』→●
『ガオポン!G[kobo版]』→●



『ガオポン!@〜Gまとめ読み[kobo版]』→●
※koboの「まとめ読み版の画面調整が
出来ない」問題は修正されました。





《ナゾD 「どうしたら読めるの?」》

いい質問だ!・・・・・・・・・・・・・・

慣れないとけっこうややこしいんだ!・・・

でも慣れたら割りと簡単だからがんばれ!



『ガオポン!』の電子書籍には[Kindle版]、

[kobo版]、[honto版]、[iBooks版]の4種類

があるけど中味はどれもいっしょなので・・

([kobo版]だけ収録話数とお値段が半分)、

普段使っている端末とかサービスがあればそ

れでOK。・・・・・・・・・・・・・・・

初めての人は、スマホを持ってたら各社の無

料お試し版を入れてみるといいかも。・・・

もともとスマホサイトに連載されていたモノ

なので、スマホの画面で読みにくいってこと

はないです。・・・・・・・・・・・・・・





◎iOS端末(iPhone、iPad)を
お持ちの場合

→[Kindle版]、[kobo版]、[honto版]、
[iBooks版]が読めます。



・iOS端末→[Kindle版]
(amazonアカウントが必要)


1.iTunes Storeから
「Kindleアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.アプリまたはPC用amazonサイトから
『ガオポン![Kindle版]』を
ご購入ください。



・iOS端末→[kobo版]
(楽天アカウントが必要)


1.iTunes Storeから
「koboアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.アプリまたはPC用koboサイトから
『ガオポン![kobo版]』を
ご購入ください。



・iOS端末→[honto版]
(hontoアカウントが必要)


1.iTunes Storeから
「hontoアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.アプリまたはPC用hontoサイトから
『ガオポン![honto版]』を
ご購入ください。



・iOS端末→[iBooks版]

1.iTunes Storeから
「iBooksアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.iTunes Storeから
『ガオポン![iBooks版]』を
ご購入ください。





◎android端末(スマホ、タブレット)を
お持ちの場合

→[Kindle版]、[kobo版]、[honto版]が読めます。



・android端末→[Kindle版]
(amazonアカウントが必要)


1.Google Playストアから
「Kindleアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.アプリまたはPC用amazonサイトから
『ガオポン![Kindle版]』を
ご購入ください。



・android端末→[kobo版]
(楽天アカウントが必要)


1.Google Playストアから
「koboアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.アプリまたはPC用koboサイトから
『ガオポン![kobo版]』を
ご購入ください。



・android端末→[honto版]
(hontoアカウントが必要)


1.Google Playストアから
「hontoアプリ(無料)」を
ご購入ください。

2.アプリまたはPC用hontoサイトから
『ガオポン![honto版]』を
ご購入ください。





◎Windowsパソコンをお持ちの場合
→[honto版]が読めます。

PC用hontoサイトから
『ガオポン![honto版]』を
ご購入ください。
また、「PC向けhontoビューアー(無料)」を
インストールしてください。





◎Kindle専用端末をお持ちの場合

端末またはPC用Kindleサイトから
『ガオポン![Kindle版]』を
ご購入ください。





◎kobo専用端末をお持ちの場合

端末またはPC用koboサイトから
『ガオポン![kobo版]』を
ご購入ください。






LINK

本文:古橋秀之

イラスト:ちほ

yomel.jp





更新日:2013/05/25