2010年春の飛来状況

2010年 3月 7日

佐藤会員が浦幌町内でヒシクイ88羽とハクガン8羽を観察しました。
十勝地方にも雁が戻ってきました。


(2010年3月7日 撮影・佐藤)

2010年 3月13日

増子会員の観察によりますと、浦幌町内にはヒシクイとマガンを合わせて200羽くらいとのことです。
今年はまだ雪が多く、なかなか増えません。


2010年 3月18日

久保会員がシジュウカラガン10羽を観察しました。標識も読まれています。
マガンの白化個体3羽も見られていますが、ハクガンは見つからないようです。。


(2010年3月18日 撮影・久保)


(2010年3月18日 撮影・久保)

2010年 3月19日

久保会員がコクガン1羽を観察しました。
マガンは約4,000羽、ヒシクイは300+羽となり、ハクガンも30羽見られたそうです。


(2010年3月19日 撮影・久保)

2010年 3月21日

増子会員が頸に白線のないシジュウカラガン1羽を観察しました。10羽の群れとは別行動です。
カリガネ2羽も撮影しています。


(2010年3月21日 撮影・増子)


(2010年3月21日 撮影・増子)

2010年 3月22日

シジュウカラガン21羽が観察されましたが、着けられている標識により、先日から観察されている10羽とは別の群れであることが分かりました。(写真は赤81)


(2010年3月22日 撮影・久保)


(2010年3月24日 撮影・増子)

2010年 3月25日

久保会員の観察によりますと、シジュウカラガンは7羽増えて38羽が観察されたそうです。
このほかに頸に白線のない1羽もいるようです。

2010年 3月26日

久保会員によりますと、ハクガンは35羽(成鳥22、幼鳥13)になったそうです。
シジュウカラガンはやはり39羽います。


(2010年4月3日 撮影・久保)

2010年 3月27日

E11の青色首輪を着けたマガンが観察されました。
首輪標識をつけた雁が観察されるのは久しぶりです。


(2010年3月27日 撮影・増子)

2010年 3月29日

久保会員によりますと、ハクガンは35羽のままですが、シジュウカラガンは28日に41羽となり、本日は44羽確認されたそうです。


(2010年3月27日 撮影・久保)

(2010年4月8日 撮影・久保)

2010年 4月11日

佐藤会員が豊頃町内でサカツラガン1羽を観察しました。
今年も十勝地方に7種類の雁が飛来したことになります。


(2010年4月11日 撮影・佐藤)


HOME