5 平安初期の政治と文化


(平安遷都)

光仁天皇(光仁天皇人物)は律令政治の再建に力を注ぎ、行政の簡素化・財政の節約をめざし官吏を減らし、僧侶や国司に対する監督を厳しくした。次の桓武天皇(かんむてんのう) (桓武天皇人物)は光仁天皇の政治方針を受け継ぎ、寺院などの旧勢力の強い奈良から水陸交通の良い山背国(やましろこく)(のち山城国)に都を移した。784(延暦3)年に長岡京(ながおかきょう)(*1)へ、794(延暦13)年に現在の京都に平安京(へいあんきょう)(*2)を造営し遷都した。この平安遷都から源頼朝(みなもとのよりとも) (源頼朝人物)が鎌倉に幕府を開くまで、国政の中心が平安京にあった約400年間を平安時代(へいあんじだい)という。
桓武天皇は遷都とならんで蝦夷(えみし)の征討に力を注いだ。この時代の征夷大将軍坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ) (坂上田村麻呂)は蝦夷の鎮定に成功し、北上川(きたかみがわ)中流に胆沢城(いざわじょう)、その北方に志波城(しわじょう)を築いた。つづいて日本海側の開拓も進み、米代川(よねしろがわ)流域までが国家の支配化にはいった。

(*1)藤原種継(ふじわらのたねつぐ) (藤原種継人物)を新都長岡京建設の長官として造営にあたらせたが、翌年反対派に暗殺されるなど政治不安が大きかったので、再遷都が行われた。
(*2)東西約4.5km、南北約5kmで平城京よりも東西・南北ともに少し長い。長安など中国の都城に欠かせない羅城(らじょう)(=城の外郭)は、作られなかったようである。右京は早くからさびれ、賀茂川(かもがわ)をはさんで左京と落東が栄えた。


(令制の改革)

桓武天皇は令制の再建を目指して勘解由使(かげゆし)(*3)をおいて、国司の交代の事務引継ぎをきびしくして国司の監督に努め、班田の励行(れいこう)をはかり(*4)、雑徭(ぞうよう)を半減して農民の負担を軽減した。また従来の兵役による兵士の質が低下したので軍団を廃止し、少数の郡司の子弟を健児(こんでい)(*5)として治安維持にあたらせた。
桓武天皇の政策は、平城天皇(へいぜいてんのう) (平城天皇人物)・嵯峨天皇(さがてんのう) (嵯峨天皇人物)に引き継がれた。令制の官庁の廃止や統合が行われ、令には規定されていなかった令外官(りょうげのかん)と呼ばれる官職も新たに設けられた。なかでも有名なものとして嵯峨天皇(さがてんのう) の時に設けられた蔵人頭(くろうどのとう)(*6)検非違使(けびいし)(*7)である。蔵人頭は、810(光仁元)年の薬子(くすこ)の変(*8)に際して置かれたもので、天皇の秘書官として太政官との連絡や宮中の庶務にあたった。検非違使は、京内の警察や裁判の業務をつかさどるものであった。
さらに嵯峨天皇は法制の整備も行い、律令の条文を補足・改正するための格(きゃく)や、業務の施行細則を定めた式(しき)を分類・編集して実務の便をはかり、光仁格式が編纂された。のちの貞観(じょうがん)・延喜(えんぎ)の格式とあわせ、三大格式とよばれ延喜式はもっとも完備したものといわれている。また、令の条文の解釈がまちまちになっていたので、令義解(りょうのぎげ)を作って解釈を公式に統一した。

(*3)国司の交代に際し、前任者の任期中に租税などの取扱いに不正がなかったことを後任者が証明して前任者に渡す証明書を解由状(げゆじょう)といい、これがなければ前任者は新しい職に転出できなかった。解由状をめぐる紛争が多かったので、中央に審査のための勘解由使がおかれた。
(*4)6年ごとに班田を行う規定だったが、実行が難しくなったので、12年1班に改めて励行をはかった。
(*5)国によって数は異なるが20〜200人で60日の交代制であった。
(*6)天皇の命令を太政官をつうじてくだすと手続きが複雑で秘密がもれやすいので、藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ) (藤原冬嗣人物)らを蔵人頭として機密事項を扱わせた。その組織が発展して蔵人所(くろうどどころ)という重要な役所となった。
(*7)衛門府の役人が兼任して、はじめは犯人の検挙、風俗の取締りなどの警察事務を任としていたが、しだいに訴訟・裁判も扱うことになり、令制の衛門府のほか弾正台・刑部省・京職の仕事を引き受けて重要な職となった。
(*8)嵯峨天皇即位後、平城上皇が寵愛する藤原薬子 (藤原薬子人物)の言に動かされて天皇と対立したので、嵯峨天皇は兵をだして薬子を自殺させた。


(農村と貴族社会の変化)

8世紀の後半から、税を逃れようとして浮浪・逃亡する農民があとをたたず、班田の施行の実行が難しくなった。その一方、一部の有力な農民は周辺の貧しい農民を支配して墾田の開発を進め、政府や中央の貴族もこれらの有力農民の力を無視できなくなった。
政府は公営田(くえいでん)・官田(かんでん)などを設けたりして財源の確保に努めた。9世紀になると天皇も勅旨田(ちょくしでん)と呼ばれる田を持ち、皇族にも天皇から田(賜田(しでん))が与えられた。

(弘仁・貞観文化)

平安京遷都から9世紀末ごろまでの文化を弘仁・貞観文化(こうにん・じょうがんぶんか)という。この時期は、新都のもとで新時代を開こうとする生気にあふれ多彩な文化が展開した。主な特色として唐の文化を十分に消化して漢文学が発展したこと、新しい仏教(=密教)が盛んになったことである。


(平安新仏教と密教美術)

平安京の遷都にともなって、仏教界にも新しい風潮がおこった。近江で生まれた最澄(さいちょう) (最澄人物)は、天台宗(てんだいしゅう)(*9)をひらいて仏教修行の新しい道を唱えた。讃岐で生まれた空海(くうかい) (空海人物)は、特に密教(みっきょう)(*10)を学び真言宗(しんごんしゅう)(*11)を開いた。天台宗でも最澄の後、円仁(えんにん)や円珍(えんちん)によって本格的に密教がとりいれられた。その結果、天台・真言両宗は加持祈祷(かじきとう)によって現世利益をはかる仏教として皇室や貴族の間でもてはやされ、仏教界の主流となった。
このようななかで、仏教と古くからの神々との信仰との間に融合の動きがあらわれ、8世紀には神社の境内に神宮寺(じんぐうじ)を建てたり、寺院の境内に守護神を鎮守としてまつったり、神前で読経するなど神仏習合(しんぶつしゅうごう)の風が高まった。また、山中で修行する天台・真言両宗の風は山岳崇拝とむすびつき、修験道(しゅげんどう)(*12)の源となった。
彫刻や絵画にも密教の影響が強くあらわれ、如意輪観音(にょいりんかんのん)や不動明王像(ふどうみょうおうぞう)など神秘的で力強い姿の仏像が多く作られた。彫刻では一木造(いちぼくづくり)(*13)で神秘的で豊満なものが作られ、観心寺如意輪観音像が有名である。。絵画では仏の世界を特異な構図で説明する曼荼羅(まんだら)が発達し、園城寺(おんじょうじ)不動明王像や神護寺(じんごじ)両界曼荼羅が有名である。

(*9)法華経を中心経典とする。比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)を本山とする。
(*10)仏の本体である大日如来(だいにちにょらい)が不思議な力によって、直接伝える秘密真実の教え。実践を重んじ仏の呪力を願う加持祈祷につとめる。
(*11)大日経・金剛頂経を根本聖典とする。高野山金剛峰寺(こうやさんこんごうぶじ)を本山とする。
(*12)密教・神道・陰陽道などの影響を受けた呪術的な山岳信仰。呪術者役小角(えんのおづぬ)を祖師と仰ぐ。
(*13)頭部と胴体が一木の木材で作られている木像。肉が厚いので深く彫れるという特徴がある。

資料: 弘仁・貞観文化の主な建築・美術作品


(漢文学の隆盛)

この時期貴族の間では、儒教の教養にもとづいて中国の文学や歴史を学ぶことがもてはやされた。そして、奈良時代の『日本書紀』のあとをうけて漢文体の国史が書かれ、六国史(りっこくし)(*14)が成立した。嵯峨(さが)・淳和(じゅんな)天皇 (淳和天皇人物)の頃には、「凌雲集」(りょううんしゅう)(*15)「文華秀麗集」(ぶんかしゅうれいしゅう)(*16)「経国集」(けいこくしゅう)(*17)などの勅撰漢詩文集が編纂された。また、「性霊集」(しょうりょうしゅう)(*18)などの個人の漢詩文集もだされた。唐風の書道(唐様)ももてはやされ、嵯峨天皇 (嵯峨天皇人物)・空海(くうかい) (空海人物)・橘逸勢(たちばなのはやなり) (橘逸勢人物)は、その名手として三筆(さんぴつ)と呼ばれた。
大学での学問もさかんになり、有力な諸氏は大学別曹(だいがくべっそう)(*19)を設け、一族の子弟に勉強の便宜を図った。また、空海が開いた綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)は、庶民の教育を目指してことで有名である。

(*14)「日本書紀」(にほんしょき)・「続日本紀」(しょくにほんぎ)・「日本後紀」(にほんこうき)・続日本後紀」(しょくにほんこうき)・「日本文徳天皇実録」(にほんもんとくてんのうじつろく)・「日本三代実録」(にほんさんだいじつろく)の6つをいう。
(*15)小野岑守(おののみねもり) (小野岑守人物)らが、782〜814年間の24人の漢詩91首を収載。814年成立し、1巻からなる。
(*16)藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)らが編集し、嵯峨天皇自らが作品を選定した。「凌雲集」にもれた28人の漢詩143首を伝える。818年成立し、3巻からなる。
(*17)良岑安世(よしみねのやすよ) (良岑安世人物)らが編集。707〜827年間の178人の作品で、現存詩211首(もと917首)。827年成立し、20巻(現存6巻)。
(*18)正しくは「遍照発揮性霊集」。空海の詩・碑銘・書簡を弟子の真済(しんぜい)(800〜860)が編集。835年頃成立し、10巻からなる。
(*19)和気(わけ)氏の弘文院(こうぶんいん)、藤原氏の勧学院(かんがくいん)、橘氏の学館院(がっかんいん)、在原(ありわら)氏や皇族の奨学院(しょうがくいん)がある。最も充実して有名なのは勧学院だった。

資料: 弘仁・貞観文化の主な著作物


第2章 4 天平文化へ第1部 原始・古代へ第3章 1 摂関政治へ