現在は世界中の食べ物がいつでも食べられるようになってきました。
しかし、生まれ育った土地の食べものがよく、体と環境は深い関係が
あります。その土地でとれた旬のものを食べるように心がけましょう。
いわゆる日本の食べ物を多く食べるようにすると良いでしょう。













不妊症と冷え性

冷えにより手足や骨盤の中など全身性の血流が悪くなり、オ血(ドロドロ血)が
できやすく不妊症の原因の1つになってきます。

冷えの改善が妊娠しやすい身体への近道になります

冷えと食事の関係
中国では古くから「医食同源」ということがいわれています。これは薬と
食べ物は一体であることを意味します。食べ物で身体の調子を整えるのが
食養の基本です。
食性(食べ物の持つ体への作用)について
一般的に寒い地方が原産のものは体を温め、暖かい地方が原産のものは
体を冷やします。また、土の中にできるものは体を温め、土の上にできる
ものは体を冷やす傾向にあります。
果物のついて
果物には、ビタミンが多く含まれるため、女性の方はお肌の調子を整え
美容によいので、ついつい食べすぎがちです。しかし、バナナや
パイナップルなど暖かい地方の果物は体を冷やします。食べ過ぎると
体が冷え逆に肌荒れも引き起こすこともありますのでバランスよく
食べるようにしましょう。
甘いものについて
チョコレートやケーキなど甘いものに使用されている白砂糖は体を
冷やす作用があります。食べ過ぎには注意してください。
食事で体を温めた後なら白砂糖の体を冷やす作用が弱くなるので、
食後に少しだけ食べるようにしましょう。
生まれ育った土地の旬のものを
第一回