お子様が欲しくて
お悩みの方へ

不妊症などでは、「体質改善」に目を向け、
鍼灸治療で子宮と卵巣のコンデションを
整え、健康な状態に戻すとともに、
不妊治療を行い妊娠へと導いています。


  鍼灸治療の目的は、全身の機能を
調整しながら、人間に生来備わっている
自然治癒力を高め、異常を正常にしよう
と働きかけるものです。全身の機能の
調整は女性ホルモンの調和につながり、
子宮と卵巣のコンディショニングを整え
ていきます。また、ホルモンの分泌の
不調による、精神的な不調にたいしても
アプローチすることとなります。つまり、
鍼灸治療は病気を治すのではなく、
病人を治し、体質改善をするという
わけです。


  妊娠しやすい体質を東洋医学でつくろう                                        

  症状の原因は何かを考え、根本から治すの
が東洋医学
                              

 例えば胃潰瘍。西洋医学では内科的、外科的手術で
治療を行います。しかし、胃そのものが弱っていると、
再び潰瘍ができる可能性があります。

 東洋医学では、なぜ潰瘍になるかを考え胃を丈夫に
改善する、つまり、病気の原因がどこにあるか全身を見て
根本から改善させて二度と病気にならないように治療して
いきます。

  東洋医学では、不妊症も生活習慣病の一つ

 生活習慣病(糖尿病・高血圧・脳血管障害など)の
症状の原因には、ストレスや過食などがあげられますが、
最大の原因は運動不足にあるといわれ、これらは不妊症
の原因にもあてはまります。
 現代社会は便利になり、人間は動かない動物となって
しまい、動かないことで体が正常に機能しなくなりました。
人間も動物である以上、動かなければなりません。しかし、
社会が動かなくても生活できるように変化したため、運動
不足から全身の機能が低下してしまった事が考えられます。

  生命維持のため、生殖能力を低下させてしまう

 私たちの臓腑・器官には重要な役割があり、それぞれ
が働いて生命を維持しています。しかし、生殖器は子孫を
残すということを目的としているため、生殖器そのものは
生命維持とかかわりありません。むしろ、月経で毎月生命
維持に大切なエネルギー(血液)を放出するわけですから、
生殖器の働きは体にとって負担となってしまうこともあり
ます。すると、体は自ら生命維持能力を優先し、生殖器の
働きを弱め、生きるためにバランスを保とうとしています。
 不妊症にも原因はいろいろありますが、特に原因不明の
場合、体の機能そのものが低下し、自らの生命を維持する
だけで精一杯の状態でいると考えられます。その状態で
妊娠できたとしても、胎児を育てる余裕などありません。
自分の命を守る為に、妊娠しないよう体がコントロール
しているのです。

  東洋医学で体のエネルギーを高め、
生殖能力を高める

 鍼灸院を訪れる患者様を診察すると、まず、食欲減退や
消化不良による胃腸虚弱や、冷え症という症状がみられ
ます。しかし、患者様にとってその症状があることが当たり
前となってしまい、不快に思わない人も多いようです。
これらの症状は西洋医学では治療の対象にいたらない
ケースがほとんどですが、東洋医学から見れば立派な
不妊症の原因の一つと考えられ、改善することで妊娠
しやすい体質作りに効果があります。

  東洋医学の治療

 鍼灸は、経絡(臓器と器官が連絡しあっているルート)
を刺激するもので、エネルギー(気・血)の循環を促し
本来の生命力を回復させる効果があります。

 鍼灸は血液の流れを促進させ、お血(体内に滞った
汚れた血液)を排出させる働きがあります。

 特に女性は、子宮内にお血がたまりやすく、冷え症や
月経障害などの原因になるのです。お血を改善させる
ことで体が温まり、月経もスムーズになることが期待でき、
妊娠しやすい体質作りに効果があります。

 鍼灸は骨盤のゆがみを正し、骨盤内の血流不足も
改善され、子宮や卵巣の機能も高めます。

 全身のコンディションを整え、全身の機能をバランス
よく働くようにする為の治療です。エネルギーが高まれ
ば、生殖ホルモンの分泌も活発になり、妊娠しやすい体
へと改善させることができるのです。