森林浴・ウォーキングとサイクリング

筑後川自転車道線 (うきは市〜久留米市)


利根川・吉野川とともに日本三大暴れ川の一つとして、筑紫次郎(または筑紫二郎)とも呼ばれ
九州最大の河川である筑後川、その河川敷に設けられた吉井町から久留米市百年公園に至る
全長27kmのサイクリングロード。

このサイクリングロードは河川敷に設けられているため高低差が少なく走りやすいコースである。
しかし、その沿線にはこれと言った見どころや特徴も無く(但し、沿道から離れた所に寄り道すれば、
原鶴温泉や三連水車、城下町草野などがあり)このHPの趣旨(「楽しいサイクリング」)から多少
はずれることにはなるが、一度は走ってみたいコースであったので、このサイクリングロードの
吉井町から久留米百年公園までの全線を走破してみた。 以下、その一端をレポートする。


 

 

 

今回走った「筑後川自転車道線」コース。
地図をクリックすると、拡大される。
実際は、このコースの他にJR「うきは」
駅からスタート点までとゴール点から
JR「久留米駅」までを余計に走った。
(合計37km)

(地図をクリックすると拡大表示する。)


 

 

 

 

スタートからしばらくして筑後川に出た。
対岸の向こう側には原鶴温泉郷があり
川の水際には鵜飼舟が停泊している。
手前側の細い道がサイクリングロード。

 

<次ページ2へ続く>