森林浴・ウォーキング/サイクリング

さつき松原遊歩道 (宗像市 田野)


「さつき松原」は、玄界国定公園の一環として宗像市の神湊から鐘崎まで 5.5km に亘って続く
面積約140haの広大な美しい松原で 全国白砂青松100選にも選ばている。

この松原の中に設けられている「さつき松原遊歩道」と名付けられた遊歩道は、各々距離が異なる、
A・B・C・D・E、の各コースが設けられており、その時の気分や好みに応じて選択することができる。

そのコース中、どれを選択しても、松林やその他の木々に囲まれた中を歩いた後、
がらりと風景が変わって、美しい「さつき松原」海岸の大海原の景色を眺めながら砂浜を歩く、
といった森と海の二つの情景を一度に楽しむことができるウォーキングコースである。


   

「さつき松原遊歩道」は、右の写真に示すように、A・B・C・D・Eの各コースからなっており、
好みに応じたコース選択が可能で、今回は最長コースであるEコースを左回りに歩いて観た。

左の写真は、遊歩道入口付近にある案内板、右のマップは宗像市役所産業振興部商工観光課より
発行されてしているもので、遊歩道入口近くにある道の駅「むなかた」で入手することができる。

(いづれも、画像をクリックすると、その拡大画像となる。)

 

 

 

 

道の駅「むなかた」の裏手にある「さつき松原遊歩道」の入口
の一つ。右側が道の駅「むなかた」左側はその臨時駐車場。



<次ページ2へ続く>