エコアクション21は、中小企業のための環境経営システムです。経営システムというと変な感じがするかもしれませんが、 マネジメントシステムのことです。

マネジメントシステムとは、計画をたてPlan、実行しDo、点検しCheck,見直すActから成っています。 このマネジメントシステムの考え方は、経営をしていく上でも有用なツールなので、経営システムと言っているわけです。 エコアクション21は、この経営システムと環境パフォーマンス(成果)さらに環境活動レポートを組み合わせたもので、 外部に環境情報を発信する事も要求している仕組みです。そんなに大変なことが自分達に出来るだろうかと思われるかもしれませんが、 それを出来るよう、システムとして組み立てたのがエコアクション21で、 具体的な様式を提供しています。


簡単に説明すると次のようになります。

T.計画(Plan)

1.環境方針の作成
  これは経営者が環境経営に関する方針を定めて誓約するもので、環境への取り組み の基本的方向を明らかにして、すべての従業員に周知します。

方針の中身は、環境負荷削減のためにどのような取り組みをしていくのかや、 環境への思いを経営者が自らの言葉で表すのが理想です。


2.環境への負荷の自己チェック
  これは現状をしっかり見るため、その事業所が環境にどのような負荷を与えているかをチェックします。 現状を知ることは、現状を改善するために必要な事です。


3.環境への取組みの自己チェック
  環境負荷の削減のための取り組みを、 現在どのくらい行っているかの現状を知る為のチェックです。


4.環境関連法規等の取りまとめ
  自社に関係する法規制や条例などを取りまとめ、自分達がしなければならないことを、 一覧表にすると分かりやすいです。具体的な法規制でやらなければならない 申請や各種測定の頻度、方法、結果のチェック者を決めてもれや違反がないように常に監視します。 また、環境関連法規は変更が多いので、常に最新のものを用意できるような体制にしておくことが 大切です。


5.環境目標及び環境活動計画の策定
 1〜4項までの把握、評価結果を元にして具体的な環境目標を定め、その目標を達成する為の 環境活動計画を策定します。環境目標は可能な限り数値化します。環境活動は、いつ、誰が、 どの程度、どのようにして行うかを分かりやすく表現します。

エコアクション21では原則この目標に二酸化炭素排出量削減(省エネルギー)、 廃棄物排出量削減(或いはリサイクル推進)及び総排水量削減(節水)を入れるように言っています。


U.計画の実施(Do)

6.実施体制の構築
  エコアクション21環境経営システムを構築し・運用し、機能させる為には、 環境への取組みを実施する為、効果的な実施体制を構築する必要があります。実施体制は、 各自の役割、責任及び権限を定め、全員に周知します。そのためには組織の代表者は単にかけ 声をかけるだけでなく、環境への取り組みを適切に実行する為の資源(必要な人員、設備、費用) を適切に準備しなければなりません。また、組織の代表者は、自分で直接出来ない場合、 環境管理責任者を任命し、環境経営システム全体の構築・運用に責任を持たせると同時に必要な 権限を与えます。


7.教育・訓練の実施
 エコアクション21の取組みを適切に実行する為、必要な教育・訓練を実施します。 全従業員を一律に教育するのではなく、それぞれの業務や役割等に応じて、必要な教育・訓練を 適切に実施することが必要です。


8.環境コミュニケーション
  環境活動レポートを作成し、公表する。

外部からの環境に関する苦情や要望を受付、必要な対応を行い、同時に記録として残します。


9.実施及び運用
  環境方針、環境目標及び環境活動計画を達成する為に必要な取り組みを実施するには、 具体的には各種の手順を決めて、それを実行することです。

また、事業に関係する関係会社の人々に自分達の取り組みを説明し、必要な取り組みを要請します。


10.環境上の緊急事態への準備及び対応
  ここでは緊急事態が起こったときに、環境への影響が大きい事態を想定し、 それに対し環境への影響を少なくするための対応策を定めて、その対応策を可能な限り定期的 に訓練(教育でなく実際に体を動かしてすること)することが必要です。

通常の状態ばかりでなく、事故や天災で環境汚染が起こらないよう、油や汚水の流出などを 想定します。


V.取組状況の確認・評価(Check)

11.取組状況の確認及び問題の是正
   環境目標の達成状況及び環境活動計画の実施状況を、定期的に確認・評価することが必要です。

実施状況に問題があれば、是正処置(原因を究明して再発防止)を行います。

また、同様な作業等をしている部署があれば、そちらにも知らせて問題が生じないよう 予防することが大事です(水平展開)。

また、環境関連法規等の遵守状況を定期的に確認することも必要です。(法規の遵守は認証・登録の条件です)

このような確認評価をする為には、それぞれの状況を監視し各種測定を行っておく必要があります。

その頻度は、測定する必要性から判断されますが、目標などは間隔が開きすぎると監視している 事にならなくなる可能性がありますから、測定の頻度は、大切です。

また、これら監視・測定の内容は責任者へ報告されるようにして、責任者が評価するようにします。


12.環境関連文書及び記録の作成・整理
  エコアクション21の取り組みを実施する為に必要な文書を作成し、整理します。

文書は作成の責任者及び発行日付を明らかにします。

エコアクション21の取り組みに必要な記録をとり、整理します。


  文書の主なものは
    -環境方針   -環境目標   -環境活動計画   ー環境関連法規の取りまとめ   -実施体制図
    -緊急事態の想定結果及びその対応策   -環境活動レポート
  記録の主なものは
    -環境への負荷の自己チェックシート   -環境への取組の自己チェックシート
    -環境関連法規等の遵守状況のチェック結果   -外部からの苦情等の受付結果
    -環境上の緊急事態の訓練結果     -環境目標の達成状況及び環境活動計画の実施状況、その評価結果
    -問題点の是正処置及び予防処置の結果   -代表者による全体の取組状況の評価及び見直しの結果

W.全体の評価と見直し(Action)


13.代表者による全体の評価と見直し
   代表者(経営者)は、エコアクション21全体の取組状況を評価し、 全般的な見直しを実施し、必要な指示を行う。

見直しを行う為には、実施状況の情報が必要で、 環境管理責任者に必要な情報の提供を求め、評価します。

評価の結果に基づき、環境方針、環境目標、環境活動計画及び環境経営システム等について、 これらを変更する必要性について判断し、必要な指示を環境管理責任者に行います。

見直しは1年に1回は行い、その結果を記録します。


以上をまとめると下図のようになります。