日本性科学会
JSSS 〒113-0033東京都文京区本郷3-2-3-4FTEL/FAX:03-3868-3853
日本性科学会
お知らせ
◆2017年2月12日(日) 第11回 近畿地区研修会 を開催します。


◆『セックスレス時代の中高年「性」白書』発刊のお知らせ
   日本性科学会セクシュアリティ研究会編
   荒木乳根子・石田雅巳・大川玲子・金子和子・堀口貞夫・堀口雅子著
   (株)harunosora  2,000円(税別)
   http://www.amazon.co.jp/dp/4990736451



 性科学会会員の皆様には、日本性科学会雑誌Vol.32 Suppl. 2014「2012年・中高年セクシュアリティ調査特集号」で、「調査結果と分析」「調査結果の全データ」をお届けしました。その中で、私たちが2000年調査と2012年調査を比べて最も驚いた点、夫婦間のセックスレス化が著しく進んだことをご報告しました。全くセックスをしていない人が2000年調査では4人に1人だったのが、2012年調査では2 人に1 人以上になっていたのです。そして、配偶者以外の異性との親密な交際は男女ともほぼ3倍に増えていました。私たちはいったいこの10年余の間に何が起きたのか、という疑問をもったのでした。
 ただ、あの時点ではまだ全データを読み込んでの分析が不十分な状態でした。本著はそれを補うものになったと自負しています。
 本著の第1章「データで見る中高年のセックス」では、調査のポイント、興味深い点をほぼもれなくまとめました。一般読者に読んでもらうことを念頭に置き、21項目について、大変分かりやすく見やすいグラフとともに解説を加えています。有配偶者だけではなく、単身者の恋愛、結婚、性生活についても取り上げました。第2章「私の経験、私の思い」では、特集号には掲載しなかった回答者の自由記載も取り上げ、テーマごとにまとめました。データの背景にある個人の営みが見え、性をめぐる男女の葛藤は深いことを改めて思います。さらに、第3章「座談会−中高年のセックスを語る」では、研究メンバーが原稿にはしにくい微妙な問題についても率直な思いを存分に語り合いました。内容は「夫婦のセックスレス化の現状」「セックスの多様化」「男性も女性も楽しいと思うセックス」「加齢とセックス・更年期以降のセックス」です。また、15のコラムを掲載、各研究メンバーの性に関わる臨床等から「伝えたいこと」を取り上げています。
 男性と共に女性にとっても喜びとなる豊かな性の実現のために寄与したいというのが調査研究の原点です。ぜひ多くの会員の皆様に読んでいただき、共に考えることができたらと思っています。

セクシュアリティ研究会代表  荒木 乳根子


◆腟ダイレーターのご案内  詳しくはこちら


日本性科学会のご案内

セクシュアリティは人間にとっての性のあらゆる面を包括する概念で、セクシュアル・ヘルス(性の健康)はこれに関する身体的、心理的、社会的に幸福(well-being)な状態をいいます。日本性科学会は臨床的な研究や診療を通じて性の健康の推進をはかる専門家の団体です。

 “性”は学問・研究・教育・政治などで正面から扱われることが少なく、むしろ裏文化として展開されています。しかし性は人間の根源に、そして人生の様々な場面に関わるものです。性の健康には、性を正当に評価した科学的な研究が必要です。

 性についての研究も、内外で急速に深化しています。セクシュアリティの基本とも言える性別の研究の結果、多様な性のあり方に光があたってきました。人間の性反応については、物質レベルの研究もなされ、また人体のあらゆる構造・機能が協調して性機能に関与することが分かっています。一方、人と人の関係はもちろん、社会・文化との係りも性にとって重要です。
 すなわち性科学の研究には基礎医学から精神医学、泌尿器科学、産婦人科学等の臨床医学、看護学、心理学、社会学、教育学などの多くの領域での研究と、それらの連携が必要です。本学会は、それに応える我が国で代表的な学際的研究団体です。

 日本性科学会の前身である日本セックス・カウンセラー・セラピスト協会は、1979年に設立され、20年来、性相談、性治療技法の研究開発を行い、性治療を先駆的に行うと同時に、社会への啓発に努めて参りました。1995年には学会組織となり、現在は約300名の様々な領域の専門家が会員となっております。
 学術集会・研修会・研究会の開催、学会誌・情報誌の発行などと同時に、セックス・カウンセラー、セックス・セラピストを認定し、その資格を授与しています。

 皆様のご入会をお待ちしています。

日本性科学会理事長  大川玲子


 日本性科学会は、認定看護師(不妊症看護)認定更新に係る「自己研鑽ポイント」の2009年度版 指定学会の一つです。自己研鑽ポイント換算の詳細については、日本看護協会ホームページを御参照下さい。



日本性科学会 jsssアットbeige.plala.or.jp TEL/FAX: 03-3868-3853
〒113-0033 東京都文京区本郷3-2-3-4F 
地図はこちら