日本性科学会
JSSS 〒113-0033東京都文京区本郷3-2-3-4FTEL/FAX:03-3868-3853
事業活動
日本性科学会が行っている活動を御紹介いたします。
■学術集会の開催
年一回。学会長の主催により、メインテーマに基づいて、講演、シンポジウム、会員の演題発表などが行われます。
■研修会の開催
年一回。性治療のための知識・技法、性科学の最新の知見、性の社会的問題の解説など、実践に役立つ内容です。4回受講者(学術集会出席を含む)には修了証が授与されます。
■研究会の開催
自分の症例を持ち寄り、検討しあう症例研究会など、研鑽と情報交換のための研究会を開催しています。
■学会雑誌、学会ニュースの発行

「日本性科学会雑誌」年2回、

「日本性科学会ニュース」年4回発行。
■資格認定制度
セックス・カウンセラー、セックス・セラピストを認定し、性に悩む方々の相談や治療に対応する体制を整えています。

 セックス・カウンセラー:「セックス・カウンセラー」とは、クライアントの性に関する不安や悩みに対し、カウンセリング技法や各種相談過程を通して、広く性相談にかかわるものである。間接的に性機能障害に関わり、結果的にこの障害を解消することもあるが、これが主目的ではない。

 セックス・セラピスト:「セックス・セラピスト」とは、より限定された専門的職能により、性機能障害の直接的な治療を行うものである。このためには医師、臨床心理士、保健師、助産師、看護師、その他医療職としての資格、あるいはこれらと同程度の技能を有しなければならない。

 新規・更新の申請受付期間は、毎年8月1日より8月31日までです。
 申請書類はこちら


セックスカウンセラー、
セックスセラピスト認定証
■器材の開発と斡旋
腟拡張の治療器具「腟ダイレーター」を開発し、会員に斡旋しています。
■関連団体との交流
国内では日本性科学連合(JFS)、海外では性の健康世界学会(WAS)、アジア・オセアニア性科学会(AOFS)、との交流を進めています。また、GID(性同一性障害)学会、セクシュアリティ研究会、がんと性研究会などとの共同活動を行っています。
■地域活動の推進
学術集会を各地で開催するなど、地域における性科学の普及、啓発を目指し、活動を展開しています。