遠藤正樹 七段



主な棋歴   全国支部名人3回、東地区支部名人6回
  グランドチャンピオン3回、平成最強戦優勝4回
  全国レーティング選手権優勝3回
  赤旗名人戦優勝 【1994年】
  全日本アマ選抜優勝 【1997年】
  埼玉県名人11回、アマ竜王戦代表11回
  関東アマ名人戦代表14回、関東アマ名人6回
  支部名人3回獲得により七段に昇段 【2006年】
  全国アマ王将戦優勝 【2009年】
出身地   静岡市
出身校   東海大
免状の段位   七段
得意戦法   以前は穴熊ですが、現在は特にこだわりはありません。
  多様化する現代将棋には幅広く関心を持っています。
棋 風   基本に忠実でありたいと思っています。
  バランスよりは玉の堅さを好みます。
好きなプロ棋士   渡辺明名人 
     合理的な考え方と飾らない自らの言葉で発信する
     姿勢が、新たなトップ棋士像を作ったと思います。
  八代弥七段
     手厚い指し方と攻防のバランスが取れた将棋が
     参考になります。
参考になった棋書   大山康晴全集
     繰り返し並べると新しい発見があり興味が尽きません。
  羽生善治の終盤術1、2、3
     過去に見たあらゆる本でベスト1です。
     終盤の考え方を学ぶことができます。
  藤井聡太全局集
     現在進行形の伝説を体感できる本。
思い出の将棋   【2006年】 第28回全国レーティング選手権決勝・古賀一郎戦
         尊敬できる友人の古賀さんと全国大会の決勝戦で
         対戦出来た思い出深い一局。
  【2009年】 第26期全国アマ王将戦決勝・清水上徹戦
         今まで指したアマチュアの中で、最強だと思う
         清水上さんに勝って優勝できたうれしい一局。
  【2016年】 第6期加古川青流戦・増田康宏戦
         会心譜という意味では、終盤うまく寄せる事ができて
         若手強豪棋士に勝てた一局。
今後の目標   プロの公式戦に出場して勝つこと、全国大会で優勝を目指すこと。
  これは生涯不変でありたいと思っています。
級位者にアドバイス   上達を目指すのなら、毎日続けられる事を見つけてほしいです。
  現在は色々な将棋の楽しみ方があるので、無理なくできるものが
  必ず見つかると思います。