易の解釈

 最初は難しく考えないことが上達の近道なのでは。

R4年の占例


易で未来を占う!

 この部屋では、易本来の逆数である、未来を占います。「当たる」「当たらない」より、どう解釈するかを検討しましょう。
 易は占者により解釈が異なります。それが易の難しさであり、楽しさなのかも知れません。易が上達するためには、多く易占し解釈し、間違ったらその原因は何かを考えていくことではないかと思います。