真っ青な海にそびえる姿は迫力満点。車からは決してみることができない絶景は、見た人だけにしか分からない感動を与えてくれます。
駐車場から1.9kmで楯ヶ崎展望場へ。
柱状節理は、溶岩が地表を流れ、空気と地面により冷やされていく過程で形成されていきます。冷却により徐々に生まれる割れ目が柱が並んでいるように見えるため、柱状節理と呼ばれています。
熊野の海岸線には楯ヶ崎のような柱状節理が多く見られますが、花崗斑岩(かこうはんがん)によるこの楯ヶ崎の柱状節理のスケールは壮大なもので、高さ100mもの柱状の岩が数百も切り立ち連なっており、周囲600mにわたり壮大な光景をつくりあげています。
観光遊覧もあり楯ヶ崎の迫力が満喫できます。

※写真の転用はご遠慮戴きま す。
     (道畑さん撮影)