本文へスキップ

                

オリジナルタロット・ギャラリー gallery




心理セラピスト天音(あまと)の描くオリジナルのタロットカードをご紹介します。
毎月一枚づつ仕上げてます。年内には完成予定!?






カードはご来店したお客様でアンケートに答えていただいた方に3枚プレゼントしています。
選んだカードがあなたの運命を示してくれます。
裏面には天音独自の「カード解説」や「扱い方」など情報が満載です。
ご希望あれば天音があなたに合ったカードを選びますよ。


NEW!!
 
6月の新作



世界のカード

カードのキーワード

完成、成功

これが最後のカードになります。
ラストにふさわしい華やかで、そして女子の好きなものを詰め込めるだけ詰め込みました。
元ネタはセー●ームーンやローマの休日のアン王女、そして意外かもしれませんが、
観音菩薩のイメージも入っています。

最初からラストとその前のカードは世界と塔と決めていました。
この二枚はセットでもあり、遠いようでとても近いような気もしてまして、
どちらも完成と崩壊というテーマを含んでいると個人的に感じています。

この二枚をゴールに設定して3年間やってきました、
毎回「今回こそもうだめかもしれん」なんて思いつつなんとか切り抜けて、でも次がまだある・・・
という生みの苦しみの連続でした、でもなんとかガミラス星(塔のカード)を叩いて、
イスカンダル(世界のカード)にたどり着きました。

あと最後まで「目をつぶった構図」を貫き通せたのは、良かったです。
本当に長い長い旅でした。
自分にお疲れ様です。




のカード

カードのキーワード

困難、トラブル

タロットカードがすべて素敵な意味を持つならいいのですが・・・
俗世間と一緒で、白も黒も、そして灰色もあります。
意外に思われるかもしれませんが、、タロットは本当に人間臭いものです、
そしてその語る言葉は実に現実的なんです。

「お告げとか祈りとかそんなものでなんとかなるわけない、困難に直面した時、そこでどう考え、
今までの自分を変えていくか、地に足をつけて考えた方がいい」

そんな言い方をすることがあります。

そのままカードの言葉を伝えるとお客さんがへこむので、通訳するのも大変だったりするのですが
(そこがセラピストの見せ所なんですが)
そして、この塔のカードはどうしてもネガテイブな意味合いが強いので、伝えるのが難しいカードです、
でも、もっとも相手に印象を与えるカードでもあります、

「いい加減変わりなさい!」

っていうカードの怒りでもあります。

でも怒りは感情で人間的なものなんですよ、だから人間臭いというわけで。
でも怖がらせるとか脅迫といったものとはまったく別ものです、そういったものは
人間の利己主義から生まれるものですから。

カードの怒りは、親が子を思う愛情にも似ています、相手のことを考えた言葉であるわけです。

そう考えるとこの塔のカード、なかなか悪くないでしょう?





戦車のカード

カードのキーワード

前進、積極性

このカードはずっと描くのを避けてきたところがありまして、本当に何を描いたらいいのか
わからなかったんですよ、そんなこんなで20枚目でとうとう逃げられなくなりどうしたものかと・・・
しかしながら人間追い詰められると何か出てくるもので、ある日、突然「幕末」というテーマが降ってきまして。
しかし困った、僕は日本史オンチなんです、だからまず歴史の勉強からのスタートでした。
龍○伝を全話鑑賞して、幕末の漫画をや文献を読み漁りました。約一月みっちり勉強しまして。
おかげで幕末大好きになりまして、日本史オンチを克服しました!

で肝心の作品なんですが、戦車なんてどこにも描いてありません(笑)
そういう形ではなく、もっとメンタルな部分を描いてみたいなと思いまして。

悲壮感の漂う一人の侍が、死をも覚悟して、自らの道を突き進もうとする姿、
彼の胸には強固な姿勢と覚悟、そして不安が去来しています。
足元に描かれた、散っていった同志の想いが、時に彼の背中を押し、またある時は足を引き、
時代の寵児として歴史に名を残すのか、それとも儚く散っていくのか・・・

金剛力士像とか切腹とか、こんなタロットカード世界中探してもないと思います(笑)




女教皇
のカード

カードのキーワード

冷静、知性、思慮分別

女性と言うのは複雑なようで、単純で、計算高いように見えて、実は計算出来てなくて(笑)
いまだにつかめないことの多い存在です。
日によって気分もコロコロと変わりますし、ちょっとしたことで浮き上がったり、沈んだり。
その時の感覚が最優先なところがあって”待つ”ことのできないのも女性だったりします。
よく「今すぐカウンセリング(セラピー)」受けたい!」という連絡を女性の方からいただきます、
急ですと都合もあるので「お時間いただけますか?」と申し上げますと、
「もういいです」って断られることも、小一時間も待てない方もいらっしゃいます・・・

今回はそんな女性というものを描いて見ました。
女帝のカードが”母性”だとすれば、こちらは”20~30代の独身女性”がテーマです。
思春期を過ぎて、世の中を知り、女性としての知性を身につけて行く姿であったり、
異性というものに良くも悪くも影響されていく様も描いています。
そしてさまざまな経験を経て、思慮分別というものを知り、
母親になるべく準備を整えるといったところでしょうか?

今回もモデルになった方や、作品に影響を与えてくれた方がいまして、
僕自身なんだかんだ言って、仕事柄、女性というのは避けることのできない存在でして(壁?)
アロマや香水、女性の好むファッションなど、歩み寄っていかなければついていけないところがありまして、
その辺りのアドバイスを女性の方から頂くことも多いのですが、今回はそういった感覚の集大成的な作品
にもなりました。

仕事がこんなのだと、プライベートでは男臭い趣味に走りたくもなりますよ(笑)





のカード

カードのキーワード

希望、願望成就

タロットを描き始めた時から、いつかはギターを描きたいと考えていましたが、
やっとカードがそれを求めてくれました。
ギターとは不思議な縁で結ばれているようで、今年(2017年)の3月から15年ぶりにギターを再開しまして、
特別才能があるわけじゃないし、半ばあきらめたような形で辞めて、二度と弾くことはないと思ってましたし、
憧れや想いはもうないものとして心の奥底に閉じ込めていたのですが、
周囲の状況が大きく変化したり、不思議な出会いや天啓のような出来事が重なり、
気がついたらギターを始めていました(笑)

置き去りにした17歳の自分の願いをちゃんと果たさないといけないような気がしまして。
しかしながら、再開してみると、感覚的な部分でセラピストの仕事につながることがたくさんあり、
周囲にはなかなか理解されませんが、セラピストとしてのスキルがどんどん上がってきてます、
そこにはつまらない心理の本を100冊読むより大事なことがたくさんあります。

個人的な話はさておき、今回はアメリカがメインテーマになっています、自由、夢、希望、そういった言葉
を国の持つイメージとしてよく聞くのですが、その実ダークな部分もたくさん見え隠れするもこの国だと
思いまして。表があれば裏もある、そんなところも表現できたような気がします。
ハリウッドスター、ロックスター、スタープレイヤー、・・・、夢や憧れはよく星に例えられます。
このカードにはできる限り多くのドリームを詰め込んだつもりです。

そして、主役の少年は在りし日の皆さんの姿ではないでしょうか?




吊された男のカード

カードのキーワード

我慢、忍耐

このカードはアイデア自体はすんなりと出てきたものの、完成までに3ヶ月ほどかかりまして、カードの意味と同じで忍耐を試された作品でもあります。
他のカードと同じく、この作品も制作過程で出会ったひとの影響を受けていまして、
歯車やイギリス産業革命をモチーフに取り入れたのは、知り合いの若手アクセサリー作家さんの影響だったりします。
そしてなんちゃってですが曼荼羅を描いたのは仏教的な思想もこのカードにはあるんじゃないか、という個人的な解釈がありまして。
煩悩からの解脱、悟り、修行、輪廻、そういった多少ストイックな東洋思想も、女性にも受け入れやすいデザインで入れてみました。
機械とひとと自然の摂理、時間と空間、どれだけ文明が発達しようともひとである以上は逃れられないものは変わらずあり続けるわけで、いつまでたっても人生は思い通りにいかないものなんです。時に待つことも大事だし、コツコツとした積み重ねが人生には必要なんです!
なんてことを書くと特に女性は煙たがるのですが、実はいいオンナになるために必要な要素を持ったカードだと思いますよ。





太陽のカード

カードのキーワード

成功、願望成就

このカードを描くに当たって、色んなアイデアが出ては消えてを繰り返し、
これほど”旅”をさせられたイラストはありませんでした。
スペインのフラメンコをモチーフに描きはじめ、そこに北米の自然公園が浮かび、
インディアンやジプシーの民族衣装の影響を受けて、そこから南下してメキシコ、チリ、南米古代遺産・・・
まるで大航海時代のような製作過程を経ました。
それとは別にこの作品を描く過程の中で色んな方々に出会いまして。
その方たちの影響が色濃く出てます、髪形はあのひとで、雰囲気はあのひとで、モチーフのアイデアは
あのひとで・・・、といった感じで。
最終的な仕上げの段階で南米に滞在経験のあるひとと出会ったりもしました、不思議です。
久しぶりに女の子中心の絵になったこともあって、女性の「力強さ」を象徴するようなカードにも
なったな~と個人的にも思ってます。
ごちゃごちゃとした理屈がないカードなので、竹を割ったような性格の方ににおすすめかもしれません。




審判のカード

カードのキーワード 
目覚め、復活、道が開けてくる

人生はいつだって自分の思うようになりません、僕だけでしょうか?
なかなか次に進めないことが多くて、3歩進んで2.9歩下がるような感じがいつもついて回ります。
「閉塞感を抜けて次の扉を開きたい」
そんな想いを込めてこのイラストを描きました。
氷が解けて水になりそして雲に変わって行く様がひとの一生にも感じらます。
そしてこのカードの最後の決め手となったモチーフが「鍵」でした。
先日知人のイラストレーターさんから
「スランプでうまく絵が描けない時は材料(アイデア、経験等)が足りてない時なんですよ、そんな時は吸収時期なんです」
というようなアドバイスをいただきまして。
これに妙に納得しまして、これって人生でも言えることだなぁなんて。
次の扉を開けるにはいくつもの鍵が必要です、だから開かない扉にやきもきするより鍵を探すことが先なんだと。
人生は鍵集めですね(笑)





恋人のカード

カードのキーワード 
調和、相思相愛

これは描く前にストーリーが浮かんでまして。それこそ学生のような妄想といいますか・・・
「80年代のヤンキーが未来人(現代人)のメガネ美少女に恋心を抱いたら」というような話です。
時をかける○○とかBack to the Futureとかそういうタイムトラベルもの結構好きなんですよ。
普段お母さん方から思春期の子供さんの相談を受けることがよくありまして、その一方10代の子達と
接する機会もあるもので、まだひとの親ではない僕は双方の価値観に共感しつつ、
お母さん達も”女子”だよな~とかも思うわけです(笑)
そんな世の親御さん達の青春時代と言えば「80年代」なわけで。通信手段が黒電話に駅の伝言板の時代です。
個人的にも大好きな時代です、まだ小学生でしたがあの明るい時代が時折とても恋しくなります。
この作品は1985年~87年くらいをイメージしてます。もっと80年代テイスト入れたかった。




のカード

カードのキーワード 
迷い、不安、不安が晴れてくる

一番最初に描いたカードです。ルーン通りの”ルーン”はフランス語で月を意味します。
ウチを象徴するカードなんです。夜道の不安を取り払う月の光のようでありたいと思ってます。
このイラストの主人公「月の巫女」は水面に映し出されたもうひとつの月の姿という設定なんです。




節制のカード

カードのキーワード 
調和、自制心

カフェでイベントをさせていただいていた時期に描きました。
あるお店と店主の方をイメージして描いてます。その時は照れくさくて言えなかったのですが、
後日そのことをお伝えしたら喜んでいただきました。
テーマは「天使の休息」です。
天界の公務に疲れた天使が人間の姿になって地上でお茶。でも気が緩んでか羽を隠すの忘れてるぞ。
みたいなストーリーなんです。





魔術師のカード

カードのキーワード 
才能を発揮する、コミュニュケーション能力

秋真っ只中の11月に描いたカードです。
風の又三郎のようなふっといつの間にか消え去っていきそうな女性をイメージしました。
あとクラスにひとりはいるちょっと陰のある大人びた子みたいなイメージも入れました。
紀元前からあるタロットですが、現代の女子にも受け入れやすい絵柄を意識し始めた作品です。




死神のカード

カードのキーワード 
停止、行き詰まり、再スタート

まずみんなが選びそうにないだろうと思いまして、おどろおどろしさを極力出さないようにしました。
背景の時計台は色んな資料を見ながら描いたつもりですが、よく「ロンドンっぽいですね」と言われます。
実は留学時代に見た夜のビッグベンが不思議な妖艶さを持っていたな~なんて思い出しながら描いてました。
死と再生を司るカードであって、けっして不吉な意味だけを持つカードじゃないんですよ。




のカード

カードのキーワード 
意志の力、持久戦

このカードは本当に生みの苦しみを味わいまして。悩みに悩んで、
あるイラストレーターさんに相談したところ、不思議とふっと構図が浮かびまして。
カードの主役を女の子から巨大なライオンにすることでなんとか仕上げることができました。
このカードあたりから毎月苦しみ続けるわけです(笑)




女帝のカード

カードのキーワード 
愛情、母性、女性的

がちゃがちゃと装飾品にまみれた感じにしたくなかったので、シンプルな衣装にしました。
「あまとさん足フェチなんだ~」とか言われました(笑)いえいえ私は○○フェチです。
女性にとても人気のあるカードです。





隠者のカード

カードのキーワード 
思慮深さ、年上の、孤独

地味な印象の強いカードなのでなんとか魅力的に仕上げようと試みたのですが、やっぱり地味です。
でもそれがこの絵の個性なんだと思ってます。
でも意外とこのカードを選んでくれる方も多いんですよ。





正義のカード

カードのキーワード 
バランス、公平

大正時代が好きなんです、というか大正袴が好きなんです!
描いたのはもちろん春です。
凛として刀と天秤を携えた「大和撫子」のイメージがまず浮かんだのでそこから広げて行きました。
このカードからより表現の自由度が上がったような気がします。
元々のタロットカードの絵より自分の感覚を優先するようになりました。
「広瀬すずちゃんみたい」と若い子から褒めてもらいました。





運命の輪のカード

カードのキーワード
 
チャンス、出会い、変化

イベントで原画を展示してたら小学生や中学生の女の子がじっと見てくれます。
声をかけるとさささっと逃げられるのですが(笑)すごくうれしいです。
僕自身も中学生のような気持ちで描いているところもありますし。
この作品は特にその世代の受けを意識して描きました。
思春期の女の子は興味のないものにはまったく反応しませんから。感性の塊のような彼女たちの評価は真のものだと思ってます。
この作品を描くに当たっていい年したおっさんが初めて不思議な国のア○スを観ました。




悪魔のカード

カードのキーワード 
束縛、誘惑、嫉妬、執着からの離れる、開放される

「貧乏くじのイメージの強いカードだからこそ”かわいく”!」
という意気込みで描きましたが、まさかゴスロリを描く羽目になるとは思いも寄りませんでした。
女子を誘惑するものと言えばスイーツですよね、でも甘さと引き換えに余計なものが・・・
世の中に快楽だけを与えてくれるものはありませんよね。





皇帝のカード

カードのキーワード
 
自信、威厳、支配的、男性的

ここからようやく男の子が登場です。さすがに全部女の子で描くには無理がありますから。
知り合いの主婦の方に相談したら
「金髪」だの「ベル○らにしろ!」だの言われまして(笑)
男子を描くとなると急に女性の目線が厳しくなるのはなぜでしょうか?
ナポレオンジャケットにジーンズで反抗してみました。
カート・コ○ーンがモデルだったりします。威厳を出すためバビル2世っぽい感じも入れました。




法王のカード

カードのキーワード 
信頼、尊敬、優しさ

一人目が「俺様系」だったので、二人目は「草食系」
民族宗教っぽい感じを意識して描きました。
描いたあとに気づいたのですが、両サイドの女の子銀行のおねーさんみたいですね。




愚者のカード

カードのキーワード 
自由、純粋、意欲

次は「少年系」ですね。
発明と科学と魔法をテーマに描きました。実はこれまで描いた作品と同じモチーフをいくつか使ってます。
世界観がつながっているのかな?
某ハリウッド映画や魔女の宅○便っぽい感じですね~。

Lune通り(ルーン通り)

〒870-0022
大分県大分市大手町3丁目3番9号
虎ビル 102号

TEL 097-574-7327
ご予約フォーム

営業時間 
午前11:00~午後10:00(不定休