2018秋春

  2018/5/14更新




トップページに戻る 


おだやかな冬でした

 
この冬は降雪の日が少なく、1月に入って2度、雨も降ったので、積雪量はとても少なかったです。いつも冬の悩みのタネ、除雪作業も、今年に限っては月に一 度程度で済みました。道路も路面が見えていることが多く、とても走りやすかったです。

初日の出は奇跡的に見える
 例年元旦の朝は摩周湖第一展望台に行って、そこで初日の出を拝みます。今年の天気は曇りで、日の出は望めないかなと心配したのですが、ちょうど日の昇る 部分に雲の切れ目があり、きれいな日の出を見ることができました。ほんとに一瞬のことで、10分後には太陽は雲に隠れてしまいました。
 元旦の朝は第一展望台のレストハウスが早朝から営業していてお楽しみ抽選会があります。3000円分の買い物をすると、一回くじ引きができます。今回我 が家は3回くじ引きに挑戦。そのうち一回が一等賞でした。中身はおみやげのお菓子やラーメン、お酒など1万円以上の商品が入っていました。

摩周湖、5年ぶり全面結氷。
好天の日が多かった分、冷え込みは例年以上に厳しかったです。屈斜路湖は1月中旬に結氷。摩周湖は2月に入ってから全面結氷しました。摩周湖の結氷はじつ に5年ぶりのことです。屈斜路湖では結氷してから雪が積もるまでの間、フロストフラワーやアイスバブルなど氷原の芸術を楽しむことができました。また摩周 湖では氷上にできる雪の模様がとてもきれいでした。

雪の少ない冬でしたが、スノーシューで藻琴山や摩周湖外輪山などに出掛けました。人が歩いたトレースをたどっていくには特に問題がありませんでしたが、 ちょっとコースを外れると雪が固まっていないため、雪がかぶったササに埋もれてしまい往生しました。それでもこの冬は天気に恵まれたので、楽しいスノー シューができました。

流氷は当たり年
2月はじめ、ロシア極東アムール川河口でできた流氷は、南下して、オホーツク海に押し寄せました。今年はひと月近く接岸していて、じっくり流 氷を見ることができました。網走から知床にかけての海岸線のみならず、藻琴山や摩周湖外輪山からも流氷が望めました。


3月の大雨
3月に入って、大きな低気圧が通過。釧路地方では季節外れの大雨が降りました。その時期、積雪もそこそこあったため、雪解け水と一緒になって、釧路川の水 が増水し、弟子屈町や標茶町では避難勧告と指示が出ました。弟子屈では摩周駅の周辺が冠水し、その様子が全国ニュースで流れました。ましゅまろでは被害は ありませんでしたが、JR釧網線のレールに土砂が流入したため、一週間運休してしまいました。

クマゲラがやってきた。
この冬もうちの窓の外にあるエサ台にはたくさんの野鳥がやってきました。シジュウカラやハシブトガラなどのカラ類やウソ、シメなど。時々エゾリスがエサ台 を占拠していることもありました。また久しぶりにクマゲラがうちのまわりの木にやってきました。クマゲラは日本最大のキツツキで、天然記念物です。この場 所でクマゲラを見つけたのは二度目です。すぐ近くの木にはクマゲラがつついた大きな穴が開いていました。
美留和の牧草地には時々タンチョウのつがいを見ることが多くなりました。こちらは特別天然記念物です。また夜はエゾフクロウの鳴き声が聞こえます。
 つくづく、なんと恵まれた環境の中で暮らしているんだろうと思います。


エル、歯を12本抜く。
昨年からエルは口からよだれを垂らすようになり、12月に入ってから口の上部にこぶのようなものができました。獣医さんに連れて行ったところ、歯周病で、 歯茎だけではなく、口の中にも炎症を起こしていると言われました。そのため歯はグラグラになっていまいした。結果、12本も歯を抜くことになりました。犬 の場合、噛み砕いて食べるわけではないので、歯がなくとも食べるのには支障がないそうです。
エルは口を開いたり、舌を出したりすることがないので、歯がそんなことになっているとはわかりませんでした。歯を抜くまでかなり痛かっただろうと思いま す。

エルも今10歳。普段は外で飼っていますが、寒さがこたえるのではないかと思います。この冬は−20度を下回るような冷え込む夜は玄関の土間にケージを置 いて、そこで朝まで避難させました。お客さんがいる時でも、お客さんに了承してもらいケージに入れました。人がそばにいると安心するのか、吠えることもな く、朝まで落ち着いていました。

かずほはこの春から社会人
大阪の大学に通っていたかずほは、この春、無事に大学を卒業。4月から京都にある会社で働き始めました。心配なこともいっぱいあるけど、社会と企業の荒波 にもまれて、たくましく成長してもらいたいものです。

ましゅまろ大掃除

 雪が融けて、シーズンが始まるまで、設備面で各種メンテナンスをします。この春は、以前から傾いていた裏の物置を解体しました。築30年の物置は、全体 的に傾き、扉も閉まらなくなっていました。解体には三日間、廃材の搬出に三日間かかりました。廃材は業者さんに廃棄してもらいましたが、ついでに今までた まりに溜まった不用品も処分しました。2艘のカヌー、ファルトボート、犬ぞり、娘が子供の頃つかっていいた積み木やスキー。その量、2トントラックいっぱ いになりました。なんか店じまいするような寂しさも感じながら、ここ十年以上使っていないものは、思い切って処分し、すっきりした気分で春を迎えます。



美幌峠道の駅リニューアル
美幌峠の道の駅がこの春、改装されました。特に2階の休憩スペースに視聴覚施設を作りました。天気が悪くて展望が望めない時もVR(バーチャ ルリアリティ)で美幌峠を上空から飛んでいるような体験ができます。また大型ビジョンで美幌峠の大パノラマが楽しめます。

川湯エコミュージアムもリニューアル
こちらは夏に向けて改装中です。2階は森を眺めながらのんびりできるカフェスペースに。1階の暖炉前は子供達が遊べるスペースになるようです。

小清水にモンベルショップオープン
 4月に国道244号、道の駅小清水の隣にモンベルショップがオープンしました。北海道では今まで札幌と東川にしかモンベルショップはなく、また本格的な アウトドア用品の店も道東にはありませんでした。知床や斜里、阿寒摩周など素晴らしいフィールドがいっぱいあるので、必要なものが買えるのはとても便利で す。


LCCが釧路ー関空に
来年夏から、LCC(格安航空会社)ピーチ・アビエーションが釧路ー関西空港間に就航します。一日一便就航する予定です。今まで大手航空会社しかなかった ものが、LCC参入によって、道東がより安く近くなることでしょう。

ましゅまろ禁煙に
 4月から、ましゅまろは館内全面禁煙になっています。喫煙者のみなさんは、屋外での喫煙にご協力お願いします。

弟子屈のお店情報
昇龍軒(弟子屈)
道の駅摩周温泉のそばにあった中華料理屋さん。この春、摩周のセイコーマート摩周店の近くに移転しました。弟子屈産小麦を使った生地から手作りの自家製餃 子が一押し。五目あんかけやきそばも人気。量は多めで、値段もリーズナブル。

すずめ食堂(川湯)
川湯温泉にある「からだにやさしいごはん」をコンセプトにした野菜を中心としたヘルシーなアジアン料理。女性に人気。

三三五五(川湯)
川湯温泉の真ん中にある食堂&居酒屋。メニューは豊富で、名物は「どでかザンギ(鶏の唐揚げ)」、サクサクの衣とジューシーな肉で美味。

オーチャードグラス
JR川湯温泉駅の駅舎を利用したカフェレストラン。落ち着いた雰囲気で、ビーフシチューがおすすめ。弟子屈では旅行者にも有名なお店ですが、私(宿主)は 弟子屈に住んで25年目にしてはじめて入りました。


くりーむ童話(川湯)
弟子屈で有名なジェラートアイスの店。旬の野菜を使ったアイス。以前川湯にあったカントリーキッチン「ちゅっぷ」のメニューも店内で復活。ピザやワッフル も食べられる。

森のホール
川湯駅前のカフェテリア。ヘルシーな森ランチはリースナブル。ケーキが好評で、休日などはお昼すぎには売り切れてしまうほど。

そば道楽
農家のおじさんが趣味が講じてはじめた手打ちそばの店。弟子屈産のそば粉を使っている。素朴な味わい。川湯国道沿い

弟子屈ラーメン
札幌のラーメン横丁や千歳空港にもあるラーメン店。ライダーさんや観光客にも人気で、夏は店の前に行列ができている。

レストラン摩周
摩周観光文化センターにあるレストラン風の蕎麦屋さん。こちらも弟子屈産そば粉を使った手打ちそば。えび天、なめこ、山かけの三点セット(1100円)が 人気。


ましゅまろカレンダー
6月 新緑の季節
7月
8月 観光シーズンピーク。ご予約はおはやめに。
9月 天候が安定していることが多い。
10月屈斜路湖や硫黄山のまわりで紅葉が見頃




















トップ ページに戻る