千葉県市川市のみやお整形外科(整形外科 リハビリテーション科 膝足関節外科)のHP






当院が大事にするポイント

〜診 察〜

1.整形外科の診察で最も重要なのは、しっかりとした問診と触診であり、それに則ってレントゲン
 などの検査を行う、これは基本中の基本でありどんな整形外科の教科書にも最初に書いて
 あります。たとえば膝が痛いと言っても、骨や軟骨由来の痛み、周りの筋肉や靱帯の痛みなど
 原因は様々です。肩が痛い場合でも、首から来る神経由来の痛みや、肩関節そのものの痛み、
 その中でもさらに細かく、痛みのある部位や起きる動作を確認することで、初めて診断が
 付きます。
 それを手がかりにして、様々な治療法の中から有効な治療法を選択します。ろくに触診もせず、
 レントゲンだけとって「変形してますね。注射を打ちましょう」とか「薬を出しましょう」などといった
 診療は感心できません。
 当院では、患者様の訴えをしっかりと医者の耳で聞き、触診をし、それにレントゲンなど
 画像診断を組み合わせる、整形外科の ごく基本的なことを必ず守る診療の原則としています。

2.せっかく病院にいっても、家に帰ってから自分の病名すら説明できない。そんな事が
 ないように、説明の際に、以下のような方法をとっています。
 @できるだけ専門用語を避け、わかりやすい表現にする
 A模型や図(パンフレットなど)を、使用して説明する

 
〜保存的治療 〜

1.西洋医学に基づいた診療を行っていますが、病状に応じて漢方薬なども併用しています。

2.リハビリテーションは器械による温熱療法だけではなく、理学療法士や、セラピスト
 (マッサージ師・柔道整復師)による運動療法・マッサージ・ストレッチなども行っております。
 マッサージはただ揉むだけではなく、モビライゼーション(関節の動きを良くする運動)・
 関節の可動域訓練・ストレッチなども併用して行います。
   〜定期的にリハビリに通うのはいい事ですが、1日のうち病院にいる時間は、わずかです。
     また病気やけがの中には、運動不足や、日常生活・運動時の誤った体の使い方が原因と
     なっている場合もあります。
     治療の促進、および再発予防のため毎日の生活上の注意点や、自宅で行える
     トレーニングなどを指導し、再発の予防に努めています。
     

3.捻挫や骨折などで固定が必要な場合、患者様の自宅や勤務先での生活、クラブ・スポーツ
  活動の内容なども考慮して、テーピ ング、ギプス、装具などさまざまな固定法を使い分けて
  おります。

4.必要に応じ注射療法(関節内ヒアルロン酸注射やトリガーポイント注射、神経ブロックなど)も
  行っています。


〜手術療法〜 

  足の巻き爪の手術(フェノール法)、皮膚や 皮下の小さい腫瘤の摘出術などを行っています。




戻る
戻る