オタモイ海岸は、小樽市の北西部にあり、高島岬から塩谷湾までの約10kmに及ぶ海岸線の一部で、付近には赤岩山(371m)など標高200m前後の急峻な崖と奇岩が連なっている。一帯は昭和38年ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定され、祝津・赤岩海岸とともに雄大な景観を誇り、訪れる人々を魅了している。
 かって、この景勝地に大リゾート基地が存在した。昭和初期、隆盛を誇った割烹「蛇の目」(花園1)の店主加藤秋太郎は小樽には見所がないという知人の言葉に奮起し、名所探勝の日々にあけくれる。そして、ついに、古来白蛇の谷と呼ばれたこの地を探し当て、昭和11年「夢の里オタモイ遊園地を」完成させた。
 その規模は当代一を誇り、ブランコ,すべり台、相撲場等の遊園施設のほか、竜宮閣や弁天食堂といった宴会場や食堂を設けた。特に京都の清水寺を凌ぐといわれた竜宮閣は、切り立った岩と紺壁の海に囲まれ、まるで竜宮城のお伽の世界のようばったという。
 最盛期には一日数千人の人々で賑わったこの施設も戦争が始まると贅沢とみなされ客足が遠のき、戦後、これからという昭和27年5月営業再開を目前に控えながら消失した。
 現在、遊園地の跡を偲ばせるものは断崖の上に残った竜宮閣の礎石と遊歩道トンネルの部分だけである。
 また、オタモイには神威岬(積丹半島)が女人禁制の頃の悲恋にまつわる子授け地蔵尊の伝説があり、今でも多くの人々に信仰されている。
(小樽市 観光案内より)

唐  門
 オタモイ海岸への入り口として道路上に、昭和7年に建立されました。当時のオタモイ海岸には、竜宮閣、弁天閣などが建ち、道内屈指の観光地として賑わいを見せておりました。
 その後竜宮閣、弁天閣は消失しましたが、唐門だけは道路拡幅により昭和53年に現在地に移設保存され、秘境オタモイの象徴として広く親しまれております。

現在の唐門 建設当時道路上にあった唐門

オタモイ地蔵
 オタモイ地蔵は、別名子宝地蔵、乳授け地蔵と呼ばれ、結婚して子供の恵まれない人々によって、今もなを信者の姿が絶えません。この地域は、オタモイ遊園地として栄えた時代には、信仰をかねて大変な賑わいであったと言われております。

現在のオタモイ地蔵 現在のオタモイ地蔵 昔のオタモイ地蔵

竜 宮 閣

 海抜50mの崖上に建つ唐風朱塗りの建物竜宮閣は、オタモイ遊園地の超目玉でした。材料はすべて海から運ばれ、宮つくりといって釘を1本も使わない作り方でした。
 1階には、女中部屋、大衆食堂、炊事場等があり、2階には、宴会場と普通の魚の名がついた部屋、3階には、乙姫と浦島の名がついた部屋がありました。天井には魚の絵がはってあり、まるで浦島太郎の竜宮城でした。

竜宮閣のあと 竜 宮 閣

現在の二見岩 二見岩と竜宮閣

TOPへ 戻る