熱力学

目次

熱力学第1,2法則 & more

熱力学の第1法則

物体が外から得た熱量Qinは,その物体が外に対してなした仕事Woutとその物体の内部エネルギーの増加分dUとの和に等しい

これを熱力学の第1法則って言う.

でもこれでは覚えにくいので,両方inならin,outならoutで統一する.

熱力学第2法則

熱現象には非可逆変化が存在するだろうという法則.例えば,高温から低温へ熱が移動するのは非可逆.または,熱が独りでに全部力学的な仕事はできないってこと.

熱機関

熱エネルギーを機械的な仕事に変化させるようなものを熱機関と言う.その効率は,

Qinは高温から吸収した熱量,Woutは,その吸収した熱量の一部を使ってやった仕事

気体のする仕事

気体を一定の圧力pを与えてVだけ膨張したとすれば,気体が外部にした仕事は,

定圧モル比熱&定積モル比熱

定圧モル比熱

圧力一定として気体1[mol]を1[K]だけ温度を上昇させるのに必要な熱量を定圧モル比熱という.このことから,Cpを定圧モル比熱,n[mol]の気体をdTだけ温度上昇したとすれば,

定積モル比熱

こんどは,体積一定としてのこと.そうすっと,

比熱比

定圧モル比熱 / 定積モル比熱です.

マイヤーの公式

Rは気体定数のこと.


[ 物理難民を救うページ ][ 高校で学んだ物理 ]