交流回路(その1)

目次

実効値

電圧および電流の実効値,最大値をそれぞれV e , V 0 及び I e , I 0 とすると,

リアクタンスとインピーダンス

リアクタンス

コイル,コンデンサーは交流に対して抵抗に似た働きをする.これらにかかる実効電圧とそこを流れる実効電流の間に存在する比例定数をリアクタンスと言う.

コイルのリアクタンス(誘導リアクタンス)

L [H]の自己リアクタンスをもつコイルの誘導リアクタンスをXL[Ω]とすれば,角周波数をω[rad/s]として,

ただし,ω = 2 π / T = 2 π f (T:周期,f:周波数)

コンデンサーのリアクタンス(容量リアクタンス)

C[F]の電気容量を持つコンデンサーの容量リアクタンスをXC[Ω]とすれば,角周波数をω[rad/s]として,

インピーダンス

同一の回路の中に,抵抗,コイル,コンデンサーなどが合った場合,これらはいずれも電流を妨げる要素を持っているので,それらの合成抵抗とも考えられる量をインピーダンスという.すなわち,全電圧V[V]の実効値と全電流の実効値I[A]との間には存在する比例定数をインピーダンス(Z[Ω])と言う.

交流における電流,電圧

抵抗のみの交流回路

I とVRの間に位相のずれはない.

コイルのみの交流回路

I はVL より90°遅れている.

コンデンサーのみの交流回路

I はVC より90°進んでいる.


[ 物理難民を救うページ ][ 高校で学んだ物理 ]