千草台園芸サークル

千草台園芸サークルは、1973年千葉市作草部の地に国内でも先駆的な都市生活者の市民農園利用者団体として誕生しました。

以来30有余年、農地法になじむ「入園利用方式」の市民農園の実践の場として、また、日常生活の中に自然と親しむ潤いと出会いを提供する場として、会員相互が力を合わせながら様々なイベントやサークル活動を行っています。

また、長年に渡って培われた実績は国内での活動にとどまらず、欧州を中心とした海外の市民農園との交流や2年毎に開催される「市民農園国際会議」へ特別参加するなど、さらに活動範囲が広がってきています。

千草台園芸サークル概要
(年表:千草台園芸サークルのあゆみ)

  設 立 :

 1973年3月(昭和48年)

         主な年間行事
 *サークル総会(2月)
 *収穫物品評会 春夏・秋 年2回
 *立毛(利用状況)品評会 年1回
 *バス旅行、収穫祭(芋煮会)、餅つき
  そうめんを食べる会、七草粥を食べる
  会他

  会員数 :

 112名    (平成30年度)

  利用方式:

 入園利用方式

 利用農園:

 萩台市民農園(1993年〜)

  利用料 : 

 1区画(30屐法 。隠横蔚莢
 入園利用料  6,300円/年
 サークル会費 3,200円/年

 Home