「これ知ってるよ」と思われた方,ぜひメールください。 
 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp


質問200
  
              200−1                         200−2
〔質問:夢多朗さん]
 2点の名前を教えて下さいませ!


[答え;西畑敬一さん]
 200−1はウマノアシガタ、200−2は、クリンソウだと思います。



質問199

[質問:古田さん]
 会社の敷地内に集団で咲いていますが名前がわかりません。
 ご存じの方お知らせください。


[答え:momotaroさん]
 写真を見る限り、「コマチリンドウ」のように見えます。扱っている店は少ないですが、流通にものっています。
実は、私も以前から栽培しております。ある本に、実生で殖やせるとあるのですが、タネを播いても、どういうわけか発芽しません。(^^;
以下は、以前、自分で調べたメモ書きです。 
学名 Centaurium confertum
愛称名 コマチリンドウ
科名 リンドウ科
属名 ケンタウリウム属
性状 常緑多年草

[答え:藤沢の松井さん]
 今回のM. Tanioさんのハナハマセンブリ(272-15)(ハマハナセンブリとなっていますが・・)の写真を拝見すると、古田さんの質問199と同じ花のように見えます。そこで、ネット上の写真をいろいろと比べてみると、よく似た3種のケンタウリウム属がありました。ハナハマセンブリ、ベニバナセンブリ、コマチリンドウです。写真を比べると、ベニバナセンブリに比べて花びらの幅が狭いのがハナハマセンブリ、コマチリンドウの花びらは小さくて丸みを帯びているようです。そこから判定すると、質問199はやはりハナハマセンブリと思われます。ハナハマセンブリとベニバナセンブリをちゃんと区別するのには、がくと花筒の相対的な長さとか根生葉の状況とかを見なければならないようですが・・・



質問198

[質問:熊本産・賞味期限=年内(^ー^)vさん]
 この花の名前を、ご存知の方は教えて頂けませんでしょうか??
 アチコチと調べましたが分かりませんでした。 ・゜゜・(×_×)・゜゜・。。。。 どうか宜しくお願いいたします。


[答え:hiroさん]
 アリュームギガンジューム 葱の仲間です。  葱坊主を大きくした様な花ですね。

[答え:信州のアオジさん]
 この大きくてピンクの葱坊主は、アリュームギガンジュームといいます。

[答え:西畑敬一さん]
 園芸植物のギガンヂュウムだとおもいます。

[答え:田村 光さん]
 Allium giganteum Regel(日本名:ハナネギ)です。花屋さんで切り花としてよく売られています。

[答え:藤沢の松井さん
 タマネギの親戚で、アリウム ギガンテウムです。

[答え:天保銭さん]
 自分もデジカメをやっていて最近やっとわかった花です。「植物園へようこそ」によると「アリウム・ギガンテウム」というそうです。



質問197

[質問:兼澤健二さん]
 何か解らない木です、柑橘類とおもいますがよろしくお願いします。


[答え:3zouさん]
 自信はありませんが、以前「グレープフルーツ」の種を蒔いた時こんな様な葉がでました、
 その時は虫にやられたか、冬が越せなかったかで、大きく出来ませんでした。



質問196

〔質問:宮城県仙台市のjunjunさん]
 植物の名前がどうしても分かりません。よろしくお願いします。


[答え:ルリビタキさん]
 ワニグチソウだと思います。まだ実物を見たことがなく、見たいなと思っているところですが。

[答え:百田 功さん]
 ホウチャクソウ(宝鐸草)ではないでしょうか。林の木陰で4月下旬頃に見かける花です。

[答え:近山さん]
 ワ二グチソウ         {単}ユリ科
 実物見た事わありませんが。九州の野の花 {春編} 177ページ。



質問195

[質問:wa-tamo1さん]
 野菜ハウスの中でみつけました。
 5年ぐらい前に一度見たのですが記録をとっていなかったので宜しくお願い致します。


[答え:藤沢の松井さん
 フヨウの仲間のギンセンカだろうと思います。



質問194
  
          194−1                      194−2
[質問:こんたさん]
 友人からもらった鉢植えから ひょっこり出てきました。
 蕾は触るとゴワゴワとしています。花?が咲いたようですが それも触るとゴワゴワしています。
 蕾と花の写真送ります。
 もう一つ・・これもわかりません^^;育つと1・5メートルくらいになるそうです。宜しくお願い致します。


 
 長い蕾の期間があり てっきり花だと思っていましたので。。
 その写真を載せていただきましたが。。咲きました。
 花が咲いてもやっぱりわかりません。。
 ストケシアに似ているようですが 台座部分が違うようです。
 宜しくお願いいたします。



[答え:さいたまのオカダ]
 194−2 南アフリカ原産のアオイ科植物 アニソドンテア・カペンシス(Anisodontea capensis)です。
 ‘サンレモクイーン’という品種名で鉢植えが流通しています。

[答え:こんたさん]
 194−2を教えてくださった さいたまのオカダ様ありがとうございました。
 194−1が判明したので メールします^^
 キク科セイントレーヤ科 セイントレーヤ と わかりました。
 



質問193
     
          193−1                                 193−2

  
          193−3                                193−4


        193−5
[質問:京都のsumireさん]
 判らない物が多いので 質問ばかりして申し訳ありません。
 どうぞ宜しくお願いします。


[答え:藤沢の松井さん
 193−1は、クワ科のカジノキかヒメコウゾの雌花です。
 
193−3 昆虫は門外漢ですが、この独特の模様はラミーカミキリです。
 
同じく193−4 シリアゲムシの一種です。


[答え:コミミさん]
 193−2はダビドサナエ,193−4はヤマトシリアゲ,193−5はニシカワトンボだと思います。



質問192
  
             192−1                                       192−2
〔質問:服部久恵さん]
 エジプト、トルコを17日間旅してきました。カルナック神殿は、ルクソールのナイル川東岸に位置します。


[答え:あしんさん]
 192-2はマメ科のモクセンナでしょう。

[答え:リコリス@遠州さん
 1) 神殿に石垣の下の刺とげの草はマメ科の Alhagi graecorum Boiss だと思います。
    アフリカ北部から地中海域東部・西アジアに分布しています。ラクダが食べるのでラクダ草とか
    ラクダの刺などの名もあります。北米の乾燥地帯にも帰化しているそうです。
 
2) こちらはコバノセンナ(Cassia coluteoides)です。南アメリカが原産地で、熱帯各地で植栽されています。

[答え:藤沢の松井さん
 192−2の花は、マメ科のCassia属の一種でしょう。日本にコバノセンナとして入っているものに似ています。

[感想:市田さん]
 トルコの 写真を もっと見たいです 良ければ どうか お願いします



質問191

[質問:神奈川のうさぎさん]
 珍しい桜ということです。薄クリームの花もあり、でもほとんどは、ピンクの線のよう色が入っています。
 葉っぱも大きく、花が終わって、今は大きな葉っぱが、木にいっぱいになっています。


[答え:3zouさん]
 友人から紹介された御衣黄桜(ぎょいこうさくら)に似ている所があると思いますよ、ちなみに花の色は、
黄緑→白→ピンクと変わり、散るときは花弁がバラバラにならずに花がポトリと落ちるんだそうです。・・・・・・・・





戻 る