「これ知ってるよ」と思われた方,ぜひメールください。 
 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp


質問270

[質問270]星島 栄松さん
 岡山県玉野市十禅寺山、梅雨時です。名前が分かれば教えてください。添付画像の上半分は梅雨の初め頃の花です。そして下半分は梅雨の終わり頃の実になった状態です。花、実とも一つ一つは極めて小さく、葉は幅が狭くて細長です。画質が悪くてすみません。花の色は画像よりもっと白かったと記憶しています。

[答え:平林さん]
 カワラマツバ

[答え:西畑敬一さん]
 カワラマツバでしょう。



質問269

[質問269]愛知県瀬戸市のこもれびさん
 家にイトトンボが来ましたので、撮って調べてみました。多分、グンバイトンボのメスだと思いますが、いかがでしょう。生息地が清流だそうですが、家の近くにはそのような棲み処はありません。よろしくお願いします。


[答え:南雲敏夫さん]
 グンバイトンボのメスで良いと思います。グンバイトンボは清流ぱかりでなくて産地によっては小川のよどみに近いようなところにも生息しています。


質問268

[質問268]星島 栄松さん
 岡山県玉野市十禅寺山、梅雨時です。名前が分かれば教えてください。
 これは草ではなく、高さ5、6m(?)の木です。遠目に初めは馬酔木かな?と思ったのですが、開花時期、葉のつき具合などが明らかに異なっているようですので、捩木かなと思いなおしているのですが、地形上、「幹の表皮を見ると捩れている」と判断できるほどには接近できず、その確認はできません。(枝は垂れ下がっていたのがあって、ズームを使って花、葉の写真はなんとか撮れたのですが)強いて云えば、「"捩れている"とは云い難し」です。


[答え:峰岸さん]
 ネジキに間違いありません。

[答え:清田さん]
 葉のつやからみるとつつじ科のシャシャンボに見えます。。どちらもつつじ科ですが、シャシャンボは常緑樹です。ネジキは落葉樹です。違いを確認してみてください。


質問267

[質問267]埼玉の百田 功さん
 庭に飛んできた蛾で、スズメガの一種と思われますが、セスジスズメやベニスズメと同じくらいの大きさです。光線の具合で、もう少し茶色にも見えます。


質問266

質問266]星島 栄松さん
 岡山県玉野市十禅寺山、梅雨時です。名前が分かれば教えてください。
 添付画像の2-1と2-2は同じものと認識しています。2-3は数m離れた所に咲いていました。もしかするとこれも同じものかもしれませんが・・・?? 高さはいずれも数十cm位です。2-2の綿毛は明らかに同じ茎に付いていました。もう枯れかける寸前で葉も殆ど無いようだった気がしますが、それでも今にして思えば撮影しておけばよかったと・・・。上記以外の情報は残念ながら何もありません。豚菜、髪(コウ)剃菜、鬼田平子等に似ているとも思うのですがどうでしょうか。 よろしくお願いします。


[答え:峰岸立枝さん]
 葉や茎の状態がはっきりせずしない残念ですが、3から、ハルノノゲシに思えます。また、コウゾリナにも見えます。コウゾリナだと葉はなくても茎もとげが強く感じられたでしょう。ブタナは花枝がほとんど1本で枝分かれが少ない。ちょっと資料が少ない私が同定するにはこんなんです。



質問265
   
           265−1                             265−2


            265−3
[質問265]高知市の伊与田悠加さん

[答え:藤沢のまついさん]
 質問265−1は、この写真では難しいのですが、イヌホオズキの仲間(何種類か帰化している)かと思います。質問265−2は、ヤナギバルイラソウ(なんとキツネノマゴ科)です。質問265−3は、これも写真では難しいのですが、エノキグサ(トウダイグサ科)でしょうか。

[答え:峰岸立枝さん]
 イヌホオズキにみえます。いま黒い実がなっていませんか。きれいな花は園芸種、わかりません。もうひとつも、丈夫な雑草エノキグサのように見えますが写真がはっきりしません。


質問264

[質問264]星島 栄松さん
 添付画像は岡山県の瀬戸内海が一望できる高さ150m余りの小山の中腹、道沿いに梅雨の頃2ヶ月に亘って多数咲いていたものの外観、葉、花の画像です。名前が分かれば教えてください。伊吹防風、浜伊吹防風、高嶺伊吹防風、擬伊吹芹、男郎花、山芹、山花うど等に似ているところもあるようなのですが、特に毛が密に生えているというでもなく、花房の外周の花びらが特徴的というでもなく・・・、花は白色か極く淡い黄緑がかった白色など(固体によりばらつきあり)でした。


[答え:やっちゃん]
 アフガンニンジンではないでしょうか。実は友人の畑で咲いていたものなんですが、このはなを咲かせたくて種を頂きました。 今、花が咲くのを待っているところです。

[答え:清田さん]
 断言できませんが、自生種ならカワラボウではないかと思います。またはその仲間でしょう。


質問263
   
         263−1                             263−2

   
       263−3                              263−4
[質問263]稲沢太郎さん
 8月上旬、上高地から涸沢を歩いていた時、見かけた名前が分らない花の一部です。分りましたら教えて頂ければ幸いです。


[答え:平林さん]
 クモマグサ?

[答え:峰岸立枝さん]
 263−1はクモマグサ(ユキノシタ科)、263−2はベニバナイチゴ(バラ科)、263−3はオオヒョウタンボク(スイカズラ科)、263−4はソバナ(キキョウ科)です。

[答え:遠藤和男さん]
 稲村太郎さんが質問されている画像の植物は、大雪山や夕張岳、知床などに生えているというユキノシタ科ユキノシタ属の「チシマクモマグサ」の変種ではないかと思います。私が持っている高山植物図鑑に、”中部山岳には、数は少ないようだが、「変種クモマグサ」がある”と記載されています。


質問262

[質問262]kappatarouさん
 先日の質問の回答ありがとうございました!! また教えていただきたい植物がありまして…。これも上高地で撮影したものです。カラマツソウかと思うのですが…?よろしくお願い致します。


[答え:平林さん]
 トリアシショウマ?

[答え:峰岸立枝さん]
 葉の様子から、ユキノシタ科のチダケサシかアカショウマか、ミヤマイブキソウかトリアシショウマ、どうも花の様子からもし、淡紅色かそれに近い白色なら、チダケサシかも。開花の様子からトリアシショウマは除外。カラマツソウは絶対違います。

[答え:南雲敏夫]
 トリアシショウマだと思います。私達の豪雪地にあるトリアシショウマも細かい花が多い種がありましてよく似ています。地域によっては同じ種類でもかなり見た目が違います。


質問261

[質問261]こんたさん
 こぼれ種からでしょうか? こんな植物が鉢から 出てきました。可愛らしい葉っぱなので そのまま育てていますが 名前がわからず 調べてみたもののわかりません。よろしくお願いいたします。


[答え:新潟のOHMYさん]
 ヒメミカンソウ の様です。

[答え:kuwachanさん]
 トウダイグサ科コミカンソウ属のキダチミカンソウに近いようです。

[答え:藤沢のまついさんさん]
 帰化植物で、トウダイグサ科のナガエコミカンソウ、別名ブラジルコミカンソウです。

[答え:西畑敬一さん]
 ブラジルコミカンソウです。別名、ナガエコミカンソウ





戻 る