「これ知ってるよ」と思われた方,ぜひメールください。 
 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp



質問40

[質問:hototoさん]
 この植物の正体は?沢山庭に生えていました


[答え:Hynobieさん]
 葉の直径は1cm弱ですよね? もし、違っていたら、以下は、私の見当違いです。
 セリ科の、Hydrocotyle属、チドメグサの類と思われます。我が家のアクアテラリウムにも植えてあります。条件が合えば水中でも育つとか。同属の熱帯産のものは、「水草」として、
熱帯魚店でもよく見かけます。

[答え:浅見勝彦さん]
 チドメグサではないかと思います。

[答え:原さん]
 鋸歯の具合からノチドメだと思いますが、いかがでしょう?

[答え:Kanabunさん]
 チドメグサの類ですね。チドメグサにはよく似た種類が6種ほどあるようですが、庭に群生していること、葉の基部の切れ目がほとんど左右に開いていないことから、葉の径が1〜1.5cmであればチドメグサだと思います。セリ科の多年草で、暖地では葉が常緑の姿で越冬するが、寒地では枯れて茎の先端部だけ残り、来春それから発育するそうです。チドメグサの名は、昔民間で止血のために用いられたからだそうです。


質問39

[質問:広島T.Aさん]
 10月13日大野自然観察の森でアケボノソウの花と虫を撮影しました。蜂でしょうか。とてもきれいなので名前を知りたいと思います。
 これまでは虫の名前に興味がありませんでしたが、「里山を歩こう」に沢山紹介されているので知りたくなりました。よろしくお願いします

[答え:マルタン2号]
 このグループは種類が多く同定が難しいのですが,ホソヒラタアブか,その仲間でしょう


質問38

[質問:吉田茂夫さん]
 19日散歩中に、金色のお尻の長い蝿(?)を見ました、何でしょうか。


[答え:マルタン2号]
 これだけでは同定が難しいのですが,キガオナガハナアブに近いような気がします。


質問37

[質問:神部正人さん]
 ハエよりも小さな虫が、足にオレンジ色の固まり(花粉?)をつけて飛んでいました。なんなのでしょう? 大きさは、マッチ棒の頭よりやや大きい程度です。


[答え:eco-moさん]
 クロウリハムシと思います。ウリ類を食べます。私はカラスウリでよく見ます。

[答え:Kanabunさん]
 オレンジ色のかたまりは花粉じゃなく、この虫の腹の色でしょう。また、羽根の様子から甲虫類のようですね。で、自分が思うに、ウリハムシかその類ではないでしょうか?それにしても見事な飛行写真を撮られましたね。そのことに感心してしまいました。


質問36

[質問:ダングさん]
 花名調べたが分かりませんでした。野川公園でこの一株だけありました。よろしくお願いいたします。


[答え:kayobeeさん]
 アキノキリンソウでしょう

[ケイエイさん]
 ダングさんが野川公園で写した黄色の花は
アキノキリンソウ(キク科)だと思います。
20日に私も野川公園で見ました。

[ashさん]
 ダングさんの花は「アキノキリンソウ」ではないかと思います。

[Kanabunさん]
 アキノキリンソウだと思います。


質問35

[質問:ashさん]
9月9日、三瓶からの帰りに日御岬へ寄り道した時 撮った画像なのですが、あまりに不鮮明なのでお送りするのを躊躇していました。でもやはり、気になるのでぜひ見ていただきたくおもいます。
 ハト科の鳥ようなのですが、ドバトよりかなり大きくほっそりしていて威厳というか風格のようなものを感じました。肉眼で見た感じでは、光の加減で首のあたりがメタリックな緑色、背中あたりが紫色に見えました。
 一緒に見た家族の意見は一致していて「カラスバト?」なのですが、実物のカラスバトを見たことがありませんし、あんな所にいるのだろうか、という疑問もあります。体色の黒いタイプの大きなドバトかもしれません。よろしくお願いします。


[答え:hototoさん]
 広島のashさんのハトの件ですが、「ドバト」だと思います。カラスバトは真っ黒なのですが、写真のハトはちょっと胸の辺りが白っぽいので、「ドバト」ですね。
>肉眼で見た感じでは、光の加減で首のあたりがメタリックな緑色、背中あたりが紫色に見えました。
ドバトも首の辺りがメタリックな緑色、紫色の個体もいます。

[答え:kanabunさん]
 広島のashさんの鳥の写真ですが、やはりドバトではないでしょうか?もしくは伝書鳩が競技の途中に休んでいたのかも?
 カラスバトは図鑑によると、全身が緑や紫の光沢のある黒い鳥のようですから。

[ashさんからです]
 hototoさん、kanabunさん、お答えありがとうございます。やっぱりドバトですよね。正体がわかってすっきりしました。


質問34−1

[質問:吉田茂夫さん]
 9月29日、マンションのホールの窓にとまっていた蛾(?) あなたの名前は。蛾と蝶の見分け方も教えてください。


[答え:マルタン2号]
 蛾の仲間で,ユウマダラエダシャクかヒトスジマダラエダシャクといったところでしょう。
 それから蝶と蛾の見分け方,これはちょっと難しいですね。今度「里山を歩こう」で特集をしましょう。
 


質問34−2

[質問:吉田茂夫さん]
 10月7日、館山の南房パラダイス玄関前のプランターで、体長2センチ位、同じ位長い口ばしで蜜を吸っていた蜂(?) あなたの名前は。


[答え:ashさん]
 スズメガ科のヒメクロホウジャクです。


質問33

[質問:鶴巻さん]
 オガ粉製造工場から購入したオガ粉から写真のようなキノコが発生していました。タモギタケかナラタケかなとも思いますが、猛毒のドクササコだったら大変です。オガ粉の原料は、コナラが主であとはクヌギやホウノキなどが少し混じっているものです。同定をお願いいたします。





質問32

[質問:pirokoさん]
 2002.9.14 岩手県 早池峰山で見つけたものです。名前がわかりません。どうかよろしく教えてください。


[答え:マルタン2号]
 全然自信はないのですが,なんとなくメギの実に似ている気がします。


質問31

[質問:翠仙さん]
 画像を北海道から送ってもらったのですが、花の名前が分かりませんので、教えて頂けませんか、お願いします。


[答え:kasami100さん]
 大きさも葉や茎も写っていないのでよくはわかりませんが、ユウゼンギクではないでしょうか。北米原産の帰化植物で、エゾノコンギクに似ているが、無毛で、葉柄がないので見分けられるとのことです。よく、家の庭にも植えられていますが、北海道では野生化しているとのことです。
http://cryo.naro.affrc.go.jp/shokubutsu/p039.jpg



戻 る