「これ知ってるよ」と思われた方,ぜひメールください。 
 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp



質問530

[質問530]広島市の絵下山さん
 近くの畑に写真のような樹があり、今(10月中旬)、赤い実が沢山結実しています。クコかと思って調べたら、何となく実の着き方が違うようですし、分かりません。開花時期やどんな花だったかは確認していません。近年は、グイミ(通称・ブイブイ)、ユスラウメなどは、色づき始めたらすぐにヒヨ鳥が集中して全然口にすることがきません。しかし、この完熟した実には、ヒヨ鳥も見向きもしないようです。何か特別な成分でも含んでいるのか、と試食も敬遠しています。はっきりさせたいのでよろしくお願いします。


[答え:hirokoさん]
 広島の絵下山さんの写真、子供の頃山で食べた思い出があります。秋グミだと思います。 春のグミは今はびっくりグミといって大きいのがありますが、昔はどのお家にも小さなグミがあり、子供のおやつのような物でした。しっかり熟さないと渋くて、「お尻が詰まるよ」なんて、親に叱られたものです。今あるのは秋グミ、小さいけれど木が春のに似てますが、生り方が違います。柄が無いのです味はほぼ同じだったと記憶しています。一寸食べて見てください。鳥は食べないかもしれませんが、毒はありません。渋を嫌うのかも知れませんね。

[答え:藤沢のまついさん]
 アキグミ(グミ科)だと思います。だとすると、美味しいです。ただし、画像での判定なので、ご自分でご確認のうえでご試食なさってください。

[答え:一関市の遠藤和男さん]
 グミ科グミ属のアキグミ(秋茱萸)だと思います。実は食べられますが、渋味があるので、果実酒にするのがいいです。

[答え:西畑敬一さん]
 アキグミです。グミは熟れる時期によって名前が付けられていると言われています。アキグミは秋、ナワシログミは苗代をつくる5月〜6月と言うように。

[答え:やまたきさん]
 葉の雰囲気で判断すると、秋に色ずく 秋ぐみ ではないかと思います。秋は他に多種の実がなる季節なので、あえてすっぱい秋ぐみの実は鳥も敬遠するのでしょうか。

[答え:大阪のkayobeeさん]
 木の実はツルグミではないでしょうか? 葉が薄く点々も少なく枝が蔓のようになっているようですので。


質問529

[質問529]pika2614さん
 添付の花ですが、とても綺麗な雑草で気に入っています。 以前「ノハタカラクサ」という表記を見た記憶があるのですが、検索してもホントなのかどうかわかりません。どなたかご存知でしたら正式な名前を教えていただきたいです。よろしくお願いいたします〜m(__)m


[答え:新潟の大橋さん]
 ムラサキカタバミのように見えますが、検索確認を宜しくお願い致します。

[答え:Akiさん]
 オキザリスの種類だと思います。群馬大学 青木さんの植物図鑑です。
 色々 参考になると思います。
   ↓ ↓ ↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html

[答え:3zouさん]
 「オキザリス」で検索されてみたらいかがでしょうか、品種も多いらしいですが、我家でも今咲いてますよ!

[返信:]
 Akiさんのアドバイスをいただいて調べてみました。結果として「カタバミ科オキザリス属」の「イモカタバミ」だという結論に至りました。わが家で咲いているのは根がイモ状になっています。http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/imokatabami.html
皆さまのご意見に感謝申し上げます〜m(__)m



質問528

[質問528]内門さん
 清里の花やさんで買った花だそうですが名前が判りません


[答え:清田さん]
 花や葉の形は、ゴマノハグサ科のベンステモンに似ていますが,それ以上のことは分かりません。


質問527

[質問527]とむてんさん
 10月の初旬裏山で採ったキノコですが、名前がわかりません。小さいのを食べてみましたが、いやな味も匂いもなく むしろ美味しいキノコでした。柄は中空で、縦に裂けます。歯ざわりもシコシコしています。別なところで見かけたキノコは地元に人が、シロナメツムタケで食べられると教えてくれました。私には同じキノコに見えるのですが、どうでしょう。教えてください。


[答え:清田悦司さん]
 この写真を見る限りではシロナメツムタケにほぼ間違いないと思いますが、質問をされる前に少量であっても食されたことが、私には考えられません。
キノコは似ているものでも、「食」「毒」に分かれることがあります。キノコの同定は難しいので専門家の判断を仰いでから口にするようにしてほしいと、切にお願いします。私のみじかでも一昨年毒キノコ「ニセクロハツ」を食べて亡くななられました。


質問526
 

[質問526]郡山さん
 10月3-4日、尾瀬で見た「青い実」と「赤い実」と「黄色の毛虫」の名前を教えてください。「青い実」は、尾瀬ヶ原の湿原、見晴小屋の近くにありました。「赤い実」は、尾瀬ヶ原・竜宮十字路から富士見峠へ登る、落葉広葉樹の下の木道沿いにありました。「黄色の毛虫」は、鳩待峠の近くの落葉広葉樹の根元にいました。よろしくお願いします。


[答え:新潟の大橋さん]
 一枚目はサワフタギの実のように見えます・・・ 二枚目はツルリンドウの実です。


[答え:一関市の遠藤さん]
 最初の画像の藍色の実は、ハイノキ科ハイノキ属のサワフタギ(沢蓋木)別名:ルリミノウシコロシだと思います。2番目の紅紫色の実は、リンドウ科ツルリンドウ属のツルリンドウ(蔓竜胆)だと思います。



質問525

[質問525]やまももさん
 蔓性で茎が伸びますが伸びるだけで石垣とかにとりつきません。花は昼顔みたいな花です、実はカラスウリの実みたいな楕円形の硬い実だったとおもいます。この植物の名前宜しくお願いします。


[答え:3zouさん]
 私は「ムベ」ではないかと思いました、「ムベ」はアケビのような実がつきますし、ただ御質問の写真のような「斑入り」は初めてですが・・・。

[答え:清田悦司さん]
 写真では、はっきりしませんが葉のつき方が羽状に成っているように見えます。花の形も昼顔に似ている、とのことですので、ノウゼンカズラ科で斑入りの『バンドレア』の仲間と思います。但し私もバンドレアの果実は見たことがありません。

[返信:やまももさん]
 3zouさん、清田悦司さん、有難うございました。どうも斑入りのパンドレアみたいですね。身内が実の写真を撮っていましたので葉っぱと実の写真を貼り付けます。有難うございました。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/472bbb1d_2651/bc/9c12/__hr_/9414.jpg?BCJCUbLBtqYQy2.l

[返信:清田悦司さん]
 返信に画像を添付していただき有難うございました。斑入りのバンドレアは果実にまで斑が入っているのですね。非常珍しい写真を拝見しました。


質問524

[質問524]kooichanさん
 8月下旬、北アルプス「鹿島槍ガ岳」登山の際、山頂にて偶然にも出合った天体ショーです。二重の虹が太陽を丸く囲んでいます。何という現象でしょうか? ちなみに、当日及び翌日も雨には遭いませんでした。ご存知の方、お教え下さい。


質問523

[質問523]五條のようさん
 このきれいなピンク色のキノコのようなもの。名前をお願いします。場所は山形県の月山の麓で見つけました。この9月8日です。


[答え:西畑敬一さん]
 ベニナギナタタケだと思いますがご確認下さい。

[答え:新潟の大橋さん]
 ベニナギナタタケ のように見えます。食毒に付いては、検索確認を宜しくお願い致します。

[答え:静岡のSubaru6さん]
 写真からしたらシロソウメンタケの仲間の「ベニナギナタタケ」のようです。ベニナギナタタケは可食らしいですが、「カエンタケ」という猛毒のキノコ(食べた人が亡くなったというニュースも過去にあります)に似ているので、自信が無い場合は食べない方が無難です。

[答え:倉内さん]
 ベニナギナタタケ(ホウキタケ科)です。私も初秋の頃に山で見かけましたが、緋色をしていて不気味でした。そのときは名前が判らず,家に帰るまで「悪魔の爪」と勝手に名づけました。

[答え:susumushさん]
 きのこの一種で、担子菌のベニナギナタタケだと思います。肉質はやわらかく図鑑では食用とあります。ただし、これと間違いやすい種類に子嚢菌のカエンタケがあります。カエンタケの肉質は硬いので区別できますが、こちらは猛毒ですので間違えたら大変です。


質問522

[質問522]兼澤さん
 7月頃道の駅で買ったサボテンの鉢に芽を出しました。成長が早く現在草丈50センチ、ちぃさい花を付けました、夜は葉を閉じています。名前宜しくお願いします。


[答え:藤沢のまついさん]
 クサネム[草合歓](マメ科)だと思います。

[答え:新潟の大橋さん]
 クサネムのように見えます。
クサネム 同じマメ科のタヌキマメも咲いていますので・・・


質問521

[質問521]sagawaさん
 里山からのきれいな小川の浅い処に住んでいます。銀色に輝ききれいな魚で大きくなると10センチ以上になります。水温上昇には弱く今の時期は水槽の水温をクーラーで24度に設定して、スジエビと共に飼っております。「日本の淡水魚」に辞典で調べましたが、わかりませんでした。どなたか、この魚名を教えてください。


[答え:清田さん]
 東九州の河川に棲んでいるアブラハヤかウグイに、似ています。アブラハヤは鱗が目立たないので、この写真から見ると、鱗がはっきりしているのでウグイに思われますが、魚は地域によって生息をが違うことあるので、全く自信がありません。

[答え:Kanabunさん]
 オイカワのように思います。稚魚やメスの銀色の魚体も綺麗ですが、オスの婚姻色の華麗さも見事です。ちなみに、こちらでは小振りのオイカワを素焼きした後に甘露煮にして、押し寿司にします。「じゃこ寿司」と呼ばれる郷土料理のひとつです。




戻 る