「これ知ってるよ」と思われた方,ぜひメールください。 
 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp




質問570

[質問570]k-sayさん
 6月12日に北海道江別市の針葉樹林林床で見つけた植物ですが、名前が分かりません。
 ご存知の方教えて下さい。


[答え:kuwachanさん]
 ウメガサソウのような気がします。
 つぼみのような,実のような,雄しべ等がはっきりしないのでどちらか分かりません。

[k-sayさん]
 質問No.570でお尋ねをしてからから何の反応も頂けず諦めていた処へ kuwachanさんからウメガサソウでは…とのコメント、本当に有難うございました。
数年前に撮った写真を探し出すことも出来ましたので、識別のポイントになりそうなものを添付いたします。ご確認頂ければ幸いです。



質問569

[質問569]konanさん
 10年以上前に購入した苗ですが枯れ死寸前に蔓の先を挿したのが生き延びました。
 しかし札を無くして名前がわからなくなりました。
 常緑の蔓性で今頃花が咲きます。
 名前をご存知の方がおられましたら教えて頂きたいのですが! よろしくお願いします。


[答え:リコリスさん]
 画像が小さくてわかりにくいので間違っているかもしれませんが、アリアケカズラの仲間(Allamanda 属) のように見えます。
Googleなどで検索してご確認ください。

[答え:清田悦司さん]
 キョウチクトウ科アリアケカズラ属のアマランダのように見えます。いがぐりのような果実が着きます。原因は分かりませんが、この花をてんぷらにして食べて亡くなった方が居られます。花は綺麗ですが、毒草として要注意の花かもしれません。

[再質問:Konanさん]
 リコリスさんと清田悦司さんからご回答を頂き有難うございます。
アリアケカズラのアマランダとは違うような感じがします。
花は終わっているのですがアップで写したのがありますので、もう一度お願いします!



[答え:清田悦司さん]
 再度写真を見せていただきました。確かにアマランダではないようですね。カロライナジャスミンかと思いましたが、葉は似ていますが、花弁が筒咲きに対し新しい写真は離弁ですので違うと思います。花の形はキンシバイのようですが、葉と枝ぶりが違うような気がします。キンシバイで調べてみてください。このくらいの答えでご免なさい。

[答え:リコリスさん]
 konanさん、こんばんは。リコリスです。接写画像拝見しました。オーストラリアのクイーズランドからアデレードにかけてが原産地のClimbing Guinea Flower (Hibbertia scandens) だと思います。日本では珍しいようですね。ご確認ください。

[返信:Konanさん]
 質問569で再度お願いしましたら、同じ清田悦司さんとリコリスさんからご回答を頂き有難うございます。
蔓性なのでキンシバイではないのです。
リコリスさんのをヒントに検索しました結果 スネークバイン である事がわかりました。有難うございました。大事に育てます。


 


質問568

[質問568]pikaさん
 我が家の菫に、添付の写真のような幼虫がついてあっというまに葉を食べてしまします。
 そのためか、花の咲きも良くないように思います。
 何の幼虫で、駆除方法があるのであれば、教えていただきたいです。
 よろしくお願いいたします。 


[答え: 武井宏之さん]
 蝶の幼虫でして、タテハチョウ科のツマグロヒョウモンです。近年では栃木県の我が家あたりにもたくさん見られるようになりました。夏の頃から幼虫が目につき、成虫は秋遅くまで活動しています。
主にスミレ類を食べているようですが、スミレの花の時期にはまだ幼虫となっていないようで、食害が目につくのは初夏の頃からのようです。スミレ科のスミレなどは、葉っぱがころころ坊主になっても秋の頃には閉鎖花といって、ちゃんと種をつけるので心配は要らないものと思います。
それよりも成虫になると美しい姿を見せてくれるツマグロヒョウモン雌雄の舞う姿を楽しみましょう。

[答え:glacial6645さん]
 この幼虫はツマグロヒョウモンというヒョウモンチョウの幼虫です。
以前は西南日本にしかいなかったのですが、最近は関東地方までいます。
パンジーの増加により、増えたといわれています。
対策は、こまめに気をつけて、こんなに大きくなるまでにやっつけることです。
薬剤も効果はあると思いますが、どんな薬剤が良いかはよく判りません。

[答え:西畑敬一さん]
 ツマグロヒョウモンと言う蝶の幼虫です。スミレ類を食草とします。


質問567

[質問567]堺市の東さん
 毎年4月の末頃からひと月程の間、住宅地の道路端の空き地で見かける花です。
 草丈1m強、写真で見る通り黄色い花を茎の周りにダンギクの様に二段、三段と付けます。
 園芸種だろうと思いますが毎年調べながら名前が分かりません。ご教示ください。


[答え:大橋さん]
 どこかで見たようですが思い出せません・・・
キバナオドリコソウかなと思いましたが、小花の上部から見た形が異なるようです?

[答え:リコリスさん]
 地中海域中部〜東部が原産のシソ科オオキセワタ属のエルサレム・セージ(Phlomis fruticosa) です。園芸植物として栽培されています。

[返信:東さん]
 リコリスさん、有難うございました。”Phlomis fruticosa”で検索、ヒットしたGoogle画像の多数の画像でも確認できました。長年の疑問がやっと解けました。



質問566

[質問566]preguntaさん
 6月12日に半日蔭の針葉樹林の林床で撮影しました。
 撮影場所は北海道・江別市です。
 なんという植物でしょうか。 ご存知の方、ご教示下さい。


[答え:大橋さん]
 ジンヨウイチヤクソウ  だと思いますので検索確認をして下さい。


質問565

[質問565]せいざんさん
 伊東の網代峠への道で見たのですが、図鑑でホラシノブかと思いましたが、ちょっと違うような・・・。
 なよなよした感じで崖より垂れ下がっていました。


[答え:大阪のkayobeeさん]
 リョウメンシダではないでしょうか。
裏表どちらから見ても同じように見える、と言うところからついたそうです。

[返信:せいざんさん]
 大阪のkayobeeさん。ご教示ありがとうございました。

[答え:リコリスさん]
 やはり、せいざんさんのいわれるようにホラシノブだと思います。
石垣や岩場ではなく、湿度が高く腐植土で直斜光があまり当たらないような環境のものではないですか?

[答え:清田悦司さん]
 ホラシノブではないかと思います。岩場などによく着生して株を形成し垂れ下がります。

[返信:せいざんさん]
 リコリスさん。清田悦司さん。拡大してやはりホラシノブではないかと思いました。ありがとうございました。



質問564

[質問564]せいざんさん
 伊東に住んでいますが、近所の山に多いシダで、長い茎の先から二股に葉が分かれます。


[答え:リコリスさん]
 せいざんさん、こんいちは。リコリス@です。お尋ねのシダはウラジロです。群生した若葉が美しい季節ですね。

[返信:せいざんさん]
  リコリスさん。ありがとうございます。これがよく聞くウラジロですか。ありふれたのが分かりスカッとしました。

[答え:清田悦司さん]
 シダの仲間でウラジロです。子供の頃左右均衡のとれたものを飛行機にしてあそんたものです。

[返信:せいざんさん]
  なるほど飛行機遊び出来そうですね。ありがとうございました。


質問563

[質問563]神奈川のTomasさん
 昨日、6月1日、箱根湿生花園に行きました。
 ここには、人工の小さな滝があり、ミニ渓流の環境が造られています。
 ここで、ナワバリを主張しているらしいイトトンボを撮りました。
 名前が分らないので、教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
 なお、このトンボは羽の色が茶色ですが、別のトンボ(体型はほぼ同じだが、羽は透明)が、たびたび接近し、その度に、茶色の方が追い払う仕草を繰り返していました。
 あれは、縄張り争いなのか、♀♂の関係があるのか、どのように考えれば良いのでしょうか?


[答え:南雲敏夫さん]
 これはカワトンボですが羽の無色のものと橙色のものがいます。
 メスは無色か少し白っぽいですが、オスは無色と橙色のものが良く混生していますよ。

 追い払いは縄張り争いでしょう、箱根だとおそらくヒガシカワトンボになると思います。



質問562

[質問562]福島県いわき市のまへりあさん
 5月下旬、いわき市内のやや湿りがちの河川敷で撮影したものです。
 穂が青いうちは、高さ50cm前後の茎がじくっとしていて、色も鮮やかな緑で、株になって生えています。
 穂が赤らんでくると、大きな株となって、クサヨシの群生の中に点々と生えている光景はきれいです。
 花が開くと、草丈は約1mになります。


[答え:清田悦司さん]
 はっきりいえませんが、株立ちで海岸の岩場で見かけたことがあるヒエガエリに似ています。草丈も1mくらいでした。
ヒエガエリで調べてみてください。間違っていたらごめんなさい。


質問561

[質問561]五條市の吉岡さん
 大峰山脈の標高1000m位のところで5月13日に見かけた花ですがどなたか名前をお願いします。


[答え:清田悦司さん]
 画像の花の形がはっきりしませんが四弁花であれば、ナズナ科のミヤマカラシではないかと思います。葉や草姿は似ています。







戻 る