「これ知ってるよ」と思われた方,ぜひメールください。 
 
 quercus@mx4.tiki.ne.jp


※ このページは誤って一端サイトから削除したものを再製しています。そのため一部に漏れ等がありますが、ご容赦ください。



質問590

[質問590]東京のROKUTENさん
 9月に埼玉の新座市野火止め用水を散策中 路面にいた蝶ですが名前が分かりません。蛾でしょうか? 黄色い口吻を伸ばして地面を這っていました。


[答え:山本敏之さん]
 アカボシゴマダラで、タテハチョウ科に属するれっきとした蝶です。中国からの移入種と言われており、近年神奈川県の藤沢市から分布を少しずつ広げています。

[答え:glacial6645さん]
 この蝶は今話題のアカボシゴマダラです。元々は日本国内には奄美大島しかいませんでしたが、2002年と記憶しておりますが、神奈川県藤沢市で、記録されました。
この神奈川県産は奄美大島産とは別の亜種で中国産が人為的に放されたものとされています。分布はどんどん拡大し、いまでは東京都、埼玉県南部まで分布を広げております。都会の環境にうまく溶け込んでしまったようです。


質問589

[質問589]宮城の田中一夫さん
 先日いつもの散歩道である堤防の上で見つけました。何の幼虫でしょうかどなたか教えてください。


[答え:マルタン2号]
 スズメガの仲間の幼虫ですね。


質問588

[質問588]Tomas@神奈川さん
 今日、草叢で、長さ1cmくらいの虫を撮りました。これまでに見た記憶がなく、名前も分かりません。教えて頂ければ、幸いです。よろしくお願いします。


[答え:山本敏之さん]
 半翅目ヨコバイ科に分類される「ツマグロヨコバイ」で、イネの害虫として知られています。

[答え:taketosiさん]
 「オオツマグロヨコバイ」だと思います。

[答え:ピドニアさん]
 ツマグロオオヨコバイで各種果樹の害虫です。



質問587

[質問587]広島市の山本さん
 昨年、知人から頂いた鉢花が痛んだので、残った茎を挿したら、今年9月中頃から開花し始め、今(10月1日)が満開のようです。 名前が分からないので知りたいのです。 よろしくお願いします。


[答え:神戸市の伊藤さん]
 写真では葉の大きさが良くわかりませんがベンケイソウ(弁慶草)と思います。葉の長さが8〜10センチ、幅が5〜6センチある様だと中国原産のオオベンケイソウになります。

[答え:リコリスさん]
 オオベンケイソウ(Sedum spectabile)だと思います。お確かめください。中国・韓半島が原産で明治〜大正時代に渡来したものだそうです。


               


質問586

[質問586]Tomas@神奈川さん
 里山の山道で、極く小さな花を見かけました。名前が判りませんので、ご存知の方、教えてください。


[答え:おひねさん]
 この花はキツネのまごではないでしょうか。私も先日 新宿御苑でこれを見つけました。

[答え: 神戸の窪田さん]
 この花はキツネノマゴです



質問585

[質問585]神戸のワイガヤ童子さん
 散歩の友としてデジカメを携行する日々ですが、「フィルム・カメラ」に帰る想いにも揺れています。添付の写真は神戸・六甲道近くの「児童公園」で見つけた花です。
 勢い良く延びる「蔓」と沢山の「蕾」、そして初めてみる複雑な「花相」に見とれました。しかし、花の名前が解りませんのでご教示お願いします。


[答え:森畑さん]
 あの花はトケイソウ科の花ではないでしょうか。色は色々有るみたいですが・・・調べて見てください

[返信:神戸・ワイガヤ童子さん]
  森畑さんのご指摘に従い調べました。 「トケイソウ科」の内、“クダモノトケイソウ”に該当する ようです。ありがとうございました。


質問584 

584−1 せいざんさん

[答え:新潟の大橋さん]
 トレニアです。



584−2 せいざんさん

[答え:新潟の大橋さん]
 アレチハナガサです。

[返信:せいざんさん]
トレニア、アレチハナガサに間違いありません。大橋さんありがとうございました。

[答え:清田悦司さん]
 花の色や葉の形はヤナギハナガサのように見えます。背丈が低いようですが,上部を一度二度刈り取られたのではないかと思います。名前は調べてみて下さい。

[返信:せいざんさん]
 再度調べました結果、花の咲き方と葉の状況から、ダキバアレチハナガサではないかと思いました。清田悦司さん、ありがとうございました。



質問583
 

 
[質問583]chomicatさん
 7月始め、引出整理中に忘却していた3年前に京都鴨川で採取した朝顔?の種を2種類見つけました。
大分縮んでいる様に思えましたが、別々の鉢に5粒づつ撒いて見ました。10日後、片方は3本、もう片方は2本の芽が出順調に伸びたあと9月に入って花が咲き出しました。
片方は青花で多分ヘブンリーブルーが野生化したものだと思いますがそんな事があるのでしょうか。蔓の先を摘んだ事もあって背丈は1m20cm位です。本来のヘブンリーブルーは日中でも咲いているそうですが、これは朝のみ咲き8時には凋んでしまいます。
もう一つは豆朝顔の白花だろうと思います。ヘブンリーブルーの方は桜の木に巻きついて種が出来ていました。白花のほうは水際に地面に這うように少し濁った斑な赤系統の花が沢山咲く中に数本だけ白花があり、種が少し採取できた記憶があります。
園芸種のヘブンリーブルーが野生化矮小化することがあるのでしょうか?
なをヘブンリーブルーの種を渡した知人に連絡すると、毎年綺麗に咲き種が沢山採取できるそうです。


[答え:清田悦司さん]
 ヘブンリーブルーの野生化はあっても、多種との交配無しには矮小化は、先ずないのではないでしょうか?アメリカアサガオも花径は、小さめです。アメリカアサガオではないでしょうか?。白花のものは、マメアサガオのように見えます。

[返信]
 青花はアメリカアサガオですか。現在まだ花が咲いていて種を沢山つけています。種の大きさは普通のアサガオと変わりなく大きなものですが、咲く花も葉も小さなもので蔓も高く伸びません。
 豆アサガオの方は一昨年あたりから鴨川一帯では全く見かけなくなりました。これも現在種が沢山膨らみ始めています。
  ありがとう御座いました。


質問582

[質問582]神奈川のTomasさん
 9月6日、近くの里山で、羽が輝く、綺麗な黒い蝶を撮りました。カラスアゲハかな?とも思いましたが、正確な名前を教えて頂ければ、幸いです。よろしくお願いします。


[答え:マルタン2号]
 カラスアゲハです。



質問581

[質問581]新潟の大橋さん
 知人から「ハマキガ科の幼体でしょうか?」と、アドバイスを頂きまして調べましたが不明です。 庭の虫達を花と共にお客様として撮っておりますが、名前が知りたいので宜しくお願い致します。
 

[答え:Kanabunさん]
 ヤガ科トラガ亜科のトビイロトラガです。幼虫の食草はブドウ科のツタ、ヤブカ ラシ、ブドウだそうです。

[返信:大橋さん]
 教えて頂き有難う御座いました。






戻 る