糖尿病と無理なくつきあう
    ホームページ

糖尿病専門
本・食品・サプリメント

最新記事は私のブログへ

ページ先頭へ

糖尿病と無理なくつきあう

糖尿病と冷え症


 糖尿病になって初めて迎えた1昨年の冬から、今までに経験したことのない「冷え症」に悩まされました。私の場合、4月に体重の急激な減少という形で糖尿病の症状が出てきましたから、夏には長時間のクーラーが身体にこたえるようになっていました。そして、冬になり寒さが厳しくなると、特に手と足の指先が冷たくてしびれるような感じになってきました。厚めの靴下にしたり、部屋の中でも冷たいものを触るときは手袋をはめたりしていました。また寒い日はいつになくお腹のところがスースーするので下着も厚手のものに換えました。

 血糖値やHbA1cが急に高くなっているわけではないので、やはり糖尿病によって血液の循環が悪くなっていることや体脂肪率が低下していることが原因と思われます。

 糖尿病2年目に入った昨年の夏は、いっそうクーラーの寒さが身にこたえるようになりました。下着をランニングシャツから半袖シャツに換えたり、またいつでもどこでもクーラーに耐えられるようにベストを携帯するようにしました。それで、とりあえずなんとか夏場をしのぎました。

 そして今、ようやく2度目の冬も終わろうとしていますが、今年の冬は、早めに厚めの靴下にし、寒くなってくると発熱素材のハイソックスにし、すごく寒い日は靴下用のカイロ、そしてパンツはこれまた発熱素材のハーフパンツ、それでも寒い日はハイソックスとハーフパンツの切れ目にレッグウォーマー、この組み合わせが朝と昼の温度に合わせて調節できてとても便利でした。ただ暖房が効いて暖かいときは、足首のところが少しかぶれるときもあって困ります。このスタイルを鏡で見ると我れながらこっけいです。でも、おかげで下半身はずいぶんましになりました。

 あとは、手の指先の冷えです。100均ショップで、すべり止め付きの「のびる手袋」をどっさり買い込んで、職場では上着のポケットや引出しの中、自宅では部屋ごとに手袋を置きました。お医者さんに相談すると、あっさりと「タバコをやめることですね」と言われてしまいました。仕方なくニコチンとタールの少ないものに換えました(やめない限り効果はないそうですが)。そして「ビタミンE」のサプリメントをいただき飲んでいます。また、首筋が寒さを感じると真っ先に指先の血管が縮むらしいので暖かい下着とハイネックのセーターなどを着るようにしています。昨年の冬のことを思うと今年は寒さが厳しかったわりには、なんとなく少しはましになったような気がしています。

 でも、根本的な解決にはなっていないので、血液の循環をどう改善するのかが次の冬に向けた大きなテーマです。何かいいアドバイスがありましたらぜひお願いします。

糖尿病に気づいたのは

糖尿病と無理なくつきあう 食事カロリー制限にとらわらず薬も使わないで糖尿病治療にチャレンジ!