司法書士・行政書士かつしか事務所
contents
自己紹介
不動産登記
会社登記
相続・遺言
成年後見
事務所案内図
報酬・費用
お問合せ
業務案内


 下町、葛飾区ならではの司法書士、行政書士として、
 相続、遺言、贈与など家族に関わる相談に力を入れています。
 → 皆様が気にされている相続税贈与税を特に丁寧にフォローします。
 → 交流のない親族に連絡し、相続を円滑に進めるお手伝いをします。
 → 親族関係図を拝見して、将来のトラブルの可能性を診断します。
    回避するため、できることをアドバイスさせていただきます。
 お気軽にどうぞ 電話番号 : 03−3603−4301

ご挨拶


 司法書士・行政書士かつしか事務所の特色を感じていただけるように、
左上の「CONTENTS」で、特に次のことを書かせていただきました。
 (1)「自己紹介」
  葛飾区お花茶屋に事務所を移転して来ましたいきさつについて
 (2)「不動産登記」
  安易に不動産の名義を変えると、後から予期しない税金を課され驚きます!司法書士として税金に配慮してお手伝いできること
 (3)「会社登記」
  最近注目されている「合同会社」と「株式会社」の違い、司法書士の間で会社役員の任期の更新について話題になっていること
 (4)「相続・遺言」
  家族が困らないために遺言書を書いておかなければいけない場合


 〒124−0003
 東京都葛飾区お花茶屋一丁目1番8号
 京成電鉄お花茶屋駅(東京都葛飾区)から徒歩約3分
 司法書士・行政書士かつしか事務所
 電話番号: 03−3603−4301

※土曜日、日曜日も喜んで相談に応じさせていただきます。
※ご希望であればお客様の家にお伺いさせていただくことも可能です。

※相続、遺言、成年後見、会社登記に関する初回相談は無料です。一般的な法律相談の場合には相談費用をいただくこともあります。その場合には、事前にその旨また金額をお知らせいたします。

 司法書士 芝 瑞樹
 東京司法書士会登録第7001号
 司法書士法第3条第2項第2号 簡裁代理権 認定番号304082号

 行政書士 芝 瑞樹
 東京都行政書士会登録第15081827号
 
※前事務所(平成27年9月移転)※
 〒270-1327
 千葉県印西市大森2550番地1松本ビル201号
 芝司法書士事務所


葛飾区内の話題

 葛飾区役所のホームページに次のように書かれています。「葛飾区の町工場は『すごい!』。葛飾区は23区内で4番目の工場集積地で、多種多様な業種が操業しています。それらの工場一つ一つは、ものづくりに誇りと熱意を持って取り組んでおり、『すごい』加工技術を持っています。」

 葛飾区内で自転車を走らせていると、小さな町工場をよく目にします。また、以前、テクノプラザかつしかに行ったところ、葛飾区内の町工場で生産された質の高い製品が幾つも展示(常設)されていて見入ってしまいました。では、司法書士はどのように町工場にかかわることができるのでしょうか。

 町工場が、株式会社や有限会社等の「会社」の場合、法務局に会社の「名称」「本店所在地」「事業内容」「役員の住所氏名」等が登録されています。そのような登録事項に変更が生じたときに、司法書士は登録変更のお手伝いをさせていただきます。

 平成18年に会社法が施行されました。それ以前の株式会社は取締役3名以上、監査役1名以上で構成されていました。しかし、葛飾区内の町工場の場合、1事業所当たりの従業員数は約5.5名だそうです。一般に家族経営の多い町工場において、会社役員を取締役3名、監査役1名とするのは負担が重いこともあるようです。

 そのような場合、平成18年以降は、「取締役会」「監査役」を廃止して、取締役1名で会社を経営することができるようになりました。司法書士はそのような会社の役員の構成を変更するお手伝いもさせていただいています。役員の構成の変更を考えていらっしゃる方は、司法書士・行政書士かつしか事務所にどうぞお気軽にご相談ください。

 葛飾区役所の区民相談
 令和元年6月20日、昨年に引き続いて葛飾区役所の区民相談室で行われた司法書士登記相談に担当員として参加しました。3時間で4名の方の相談を受けました。相続に関するご相談が多かったです。この分野での葛飾区内のニーズが高いことを改めて感じました。

 葛飾区社会福祉協議会主催「成年後見・相続・遺言無料相談会」
 平成30年9月17日、ウェルピアかつしかにおいて、成年後見、相続、遺言についての相談会が行われ、私も相談員として参加しました。相続、遺言、成年後見についての相談にお答えさせていただきました。

 葛飾区役所の区民相談
 平成30年6月21日、昨年に引き続いて葛飾区役所の区民相談室で行われた司法書士登記相談に担当員として参加しました。3時間で5名の方の相談を受けました。相続や離婚に伴う不動産の名義変更など家族に関わる相談が多かったです。この分野で葛飾区内のニーズが高いことを改めて感じました。

 葛飾区社会福祉協議会主催「成年後見・相続・遺言無料相談会」
 平成29年9月23日、ウェルピアかつしかにおいて、成年後見、相続、遺言についての相談会が行われ、私も相談員として参加しました。遺言についての相談にお答えさせていただきました。

 葛飾区役所の区民相談
 平成29年2月16日、葛飾区役所の区民相談室で行われた司法書士登記相談に担当員として参加しました。相談にお答えするとともに、相談室内には他にも様々なブースがあって区民のいろいろな相談に答えている様子を見て、葛飾区は相談体制が充実していると感じました。


受講講習会について

 司法書士業界、行政書士業界では、日々、法律改正がなされたり、実務の取り扱いに変更が加えられています。そこで、最新の話題に通じていないと、お客様が本来受けられる益を得られなかったり、損害を被ったりすることになりかねません。そこで、講習会にはできる限り参加して最新情報を吸収することにしています。昨年1月以降、次のようなセミナーが開催されて、参加してきました。自分が専門とする分野についてはどこまでも深く、それ以外の関連する分野については広く浅くを目標にしています。私が専門としている分野を感じていただけるのではと思い、掲載させていただきます。

相続、遺言、不動産登記の分野

「もし相続人が外国にいたら?国際相続手続のポイント」(平成31年2月27日)
 講師 司法書士行政書士 豊田則幸氏
 相続を専門的にお手伝いさせていただいていると、相続人のお一人が海外に住んでいたり、相続人のお一人が外国人のことがあります。通常の相続手続とは異なる手続が求められたり、特殊な書類を用意する必要があったりしますが、講習会をとおして理解を深めることができました。

「相談事例の紹介について」(平成31年2月7日)
 講師 東京法務局 不動産登記部門 奥谷悟氏
 登記手続を専門的に行っている司法書士でも判断に迷うような事例にあたることがあり、その場合には事前に法務局の登記官と相談をします。東京法務局の登記官から法務局に寄せられた相談事例を紹介していただきました。

「判決による登記〜司法書士が押さえておくべきポイント〜」(平成31年1月17日)
 講師 司法書士 小山弘氏
 名義変更は、原則として、元々名義人であった者と新しく名義人となる者が共同して申請することによって行われます。しかし、判決書や、調停調書、和解調書等を用いて名義変更する時には、特別に、権利者が相手の協力を得ることなしに手続を行うことができます。通常の手続とは異なる特殊な手続ですが、その手続きにおける注意点、押さえておくべきポイントについてお聞きすることができました。

「民事信託の登記手続〜信託目録作成のポイントを中心に〜」(平成30年11月21日)
 講師 司法書士 橋宏治氏
 民事信託を利用する際に、不動産が含まれている場合には、法務局での登録が必要になります。司法書士特有の話題で専門性が高いのですが、民事信託を利用した際の法務局への申請手続のコツをお聞きしました。

「民法(相続関係)改正と司法書士業務への影響」(平成30年11月8日)
 講師 司法書士 石川亮氏
 7月6日に、民法(相続関係)が改正されました。改正されたことの大部分が施行されるのは、まだ先のことですが、自筆遺言証書の方式緩和のみ、来年1月13日に施行されます。今までは、遺言を作るために全文を自書しなければいけませんでしたが、そうではなくなりました。それでも、一定の条件はありますので、間違えると無効になってしまいます。相続法の改正全般にわたる講義でしたが、特に、自筆遺言のところを興味深くお聞きしました。

「家事事件の申立書類作成と手続のポイント」(平成30年11月1日)
 講師 弁護士・司法書士 小池良氏
 「相続放棄」 「自筆遺言証書の検認申立」 「遺産分割調停申立」 「遺留分減殺請求調停」 「離婚調停」 それぞれの手続のポイントが話されました。特に、遺産分割調停は、遺産分割協議が整わなかった時に家庭裁判所に持ち込まれるものですが、司法書士が協議に関わる際の注意点を弁護士視点で話してくださいました。私も常に、トラブルにならずに遺産分割協議を進めていただくことを意識していますので興味深くお聞きしました。

「渉外不動産登記をめぐる諸問題」(平成30年10月20日)
 講師 藤原民事法研究所 藤原勇喜氏
「登記に耐えうる宣誓供述書の作り方」(平成30年10月20日)
 講師 司法書士 大潤司氏
「台湾を中心とした諸外国の相続制度について」(平成30年10月20日)
 講師 司法書士 山北英仁氏
 グローバル化が進んでいるため、被相続人(亡くなった方)が外国人であったり、相続人が外国人である相談を受けることがあります。日本人と外国人が結婚してもその外国人のために日本の戸籍が作られるわけではないので、相続が発生した場合、通常手続とは異なる書類を準備する必要があります。3講4時間の講義を通して外国人が関わる相続登記についての理解を深めることができました。

「財産管理における不動産評価のポイント」(平成30年7月18日)
 講師 野村不動産アーバンネット株式会社 情報開発二部営業一課
 司法書士は成年後見人として、ご本人の代わりに不動産を売却することがあります。また、不動産の相続手続のお手伝いをした後、相続人がそのまま不動産を売却する時に、売却の流れについて説明させていただくこともあります。このように司法書士は不動産の売却に関わることが多いのですが、その際に、売りたい土地建物がすぐに売れるか、なかなか売れないか、高く売れるか、安く売らざるを得ないかをある程度分かることが助けになります。このセミナーでは、売却にあたって不動産の価値にプラスになる事情、マイナスになる事情を詳しく学びました。

「登記制度・土地所有権の在り方等に関する研究会の検討状況について」(平成30年2月8日)
 講師 東京法務局 不動産登記部門 金親均氏
 法務局では所有者の住所と氏名が登録されていますが、最後に名義が変更されてから、70年、90年以上が経過している登記簿が増えているそうです。相続手続がなされず放置されたままになっているためと思われますが、社会的な問題になっています。震災復興や公共工事のために行政が土地を活用しようとしても所有者が分からないからです。この問題を解決するための検討状況をお聞きしました。

「不在者財産管理、失踪宣告に関する家事事件手続」(平成30年1月26日)
 講師 東京家庭裁判所 裁判官 綿引朋子氏
 昨年8月に司法書士が講師となっての不在者財産管理人、失踪宣告に関する研修を受講しましたが、今回は、東京家庭裁判所で実際に案件を担当されている裁判官から話をお聞きすることができました。現場の取り扱いをお聞きすることができ、勉強になりました。

会社登記の分野

「よくある相談・補正事例及び事前募集した質問事項の回答とともに」(平成31年2月7日)
 講師 東京法務局 第一法人登記部門 市川知子氏
 講師 東京法務局 第二法人登記部門 三井雅雄氏
 東京法務局の登記官をお招きして、司法書士からの相談事例や補正事例について、最新の話題を含めて聞かせていただきました。

「行政書士と事業承継」(平成30年8月31日)
 講師 弁護士 青代深雪先生
 会社登記に関わる仕事をしていると葛飾区内でも会社を解散、清算する手続や親族内で次の世代に経営を引き継ぐお手伝いをさせていただくことがあります。事業承継の中には、「親族内承継」・「親族外役員、従業員承継」・「社外への引継ぎ(М&A)」の3つの種類があります。事業承継を専門的にされている弁護士からそれぞれの承継における注意点や重要な点をお聞きしました。

「よくある相談・補正事例及び事前募集した質問事項の回答とともに」(平成30年2月8日)
 講師 東京法務局 第二法人登記部門 佐伯剛氏
 東京法務局の登記官をお招きして、司法書士からの相談事例や補正事例について、最新の話題を含めて聞かせていただきました。

成年後見の分野

「専門職後見人による後見事務遂行上の留意点、問題点等」(平成30年11月30日)
 講師 東京家庭裁判所判事 浅倉千香子氏他
 親族後見人(例えば子)と被後見人(例えば親)が遺産分割協議を行わなければいけない場合、子が自分の立場で協議に参加するとともに、親の後見人として親の立場で協議に参加しようとすると、親にとって不利益な協議が行われてしまう可能性があります。このことを「利益相反行為」と言いますが、「利益相反」の場合の注意点や手続について、また、成年後見制度の現状や課題について、東京家庭裁判所の裁判官や書記官の方々が現場で感じておられることをお聞きすることができました。

「リビングウィルを司法書士の立場から考える〜任意後見契約における尊厳死宣言及び医療行為の同意について」(平成30年7月25日)
 講師 司法書士 松井秀樹氏 司法書士 名倉勇一郎氏
 最近では、自分の終末期にどのような医療を受けるのか、自分の気持ちを書面にして、その時に備える人が増えているそうです。自分の意に反する治療を施されることの無いよう公正証書にしておく方法と、司法書士としてどのようにお手伝いをすることができるのか理解を深めることができました。

その他の分野

「民法改正を見据えた賃貸トラブル解決の実務」(平成30年11月22日)
 講師 司法書士 片桐英夫氏
 まだ施行は先のことになりますが、民法の内、賃貸借に関係する部分も大きく改正されます。民法改正が、賃貸借の実務にどのように影響するかの話を興味深くお聞きしました。

「家族信託の実務(応用編)〜典型的な事例で知識から実践〜」(平成30年8月1日)
 講師 司法書士 宮田浩志氏
 昨年11月、同じ講師によるもので、「家族信託の実務と陥りやすい罠」と題するセミナーを受講しましたが、今回は応用編ということで、前回より実践的な内容の講義をお聞きしました。「家族信託」を設計するための具体的な手順について理解を深めることができました。

「子供の保護から考える離婚を中心とした裁判手続」(平成30年3月16日)
 講師 東京家庭裁判所 村松多香子判事
 東京家庭裁判所の裁判官をお招きして、離婚の際に利用できる裁判手続と、子供の保護のために裁判所が特に意識している点をお聞きすることができました。


更新履歴(1年分)

2019/6/22'HOMEページ'を更新しました。
葛飾区役所にて、司法書士登記相談の担当員として参加しましたので、その旨を記載させていただきました。

2019/3/15'HOMEページ'を更新しました。
最近受講しましたセミナーについての情報を記載させていただきました。

2019/1/22'HOMEページ'を更新しました。
最近受講しましたセミナー「判決による登記〜司法書士が押さえておくべきポイント〜についての情報を記載させていただきました。

2019/1/1更新しました。
2019年になりましたので、全体に手を加えました。

2018/11/29'HOMEページ'を更新しました。
最近受講しましたセミナー「民法改正(相続関係)」「民事信託」「民法改正(賃貸借関係)についての情報を記載させていただきました。

2018/11/4'HOMEページ'を更新しました。
最近受講しましたセミナーについての情報を記載させていただきました。

2018/9/27'HOMEページ'を更新しました。
最近受講しましたセミナーについての情報、及び葛飾区社会福祉協議会主催の相談会に相談員として参加しましたのでその旨を記載させていただきました。

2018/8/16'HOMEページ'を更新しました。
最近受講しましたセミナーについての情報を記載させていただきました。

2018/6/25'HOMEページ'を更新しました。
6月21日に葛飾区役所で行われた司法書士登記相談に担当員として参加しましたので、その旨を記載させていただきました。

2018/5/3更新しました。
ゴールデンウイークを利用して、全体に手を加えました。特に、合同会社と株式会社の違いを新たに記載しました。

2018/3/16'HOMEページ'を更新しました。
東京家庭裁判所の裁判官による離婚を中心とした裁判手続についての講習会に参加しましたのでその旨を記載しました。

2018/2/15'HOMEページ'を更新しました。
東京法務局の登記官による現場の声をお聞きできる講習会に参加しましたので、その旨を記載しました。

2018/1/12'HOMEページ'を更新しました。
昨年末に、民事信託についての講習会に参加してきましたの、その旨を記載いたしました。




2010/05/29
柏市の行政書士事務所、村井行政書士事務所へリンク
"http://murai-office.jp/"

2010/01/28
八王子市の司法書士事務所、小林司法書士事務所へリンク
"http://www.officekobayashi.jp/"

2009/11/05
鈴木社会保険労務士事務所へリンク
"http://www.roumu-kanri.com/"


2007/05/05
名古屋市の司法書士事務所、司法書士事務所LEGAL SQUAREへリンク
"http://www.legalsquare.net/"

2006/09/25
千葉県柏市の行政書士村井事務所にリンクさせていただきました。

2006/04/18
千葉県市川市で開業されている友人の司法書士、あおぎり総合事務所へリンク
"http://www2.ttcn.ne.jp/aogiri/"