ELVIS
   


      ELVIS



ELVIS





ELVIS

  
★2005年9月4日  
  ★ELVISと私 2 ★

2005年9月4日

こんにちは。
今日は、最近届いたばかりの ALL SYOOK UP というアルバムを聴きながら紹介も含めて少しお話したいと思います。

ELVISは1968年に映画の世界から伝説のカムバックスペシャルで不死鳥のように歌手としてよみがえった翌年、1969年ラスヴェガス インターナショナルホテルで7月31日から8月28日までの間に57回のショウを行っており、これはその8月26日に行われたMidnight Showの完全収録盤です。

この時あの有名な『今夜はひとりかい?/Are You Lonesome Tonight?のLaughing Version(別名:Are You Laughing Tonight?)』が歌われたんです。(それが聴きたくて買ってしまいました。)

オープニング、Blue Suede Shoesを軽快に歌い、とっても機嫌が好く、笑いながらたくさんのおしゃべりをするELVIS。

 I Got A Woman,All Shook Up,ウェルカムの挨拶がありLove Me Tenderを歌いながらkissのサービス,Jailhouse Rock/Don’t Be Cruel, Heartbreak Hotel, Hound Dog, I Can’t Stop Loving You,また、笑いながらおしゃべり(何を話しているのか理解できたらどんなにいいだろう・・・(-_-メ)),
Mystery Train/Tiger Man,かなり長いMonologue、(自分のキャリアについて話していると思います。昔、スティーブ アレン ショウでタキシードを着て犬を相手に歌ったときのことや映画のエピソードなどを笑いながら・・・),
Baby What You Want Me To Do, Runaway,

そしていよいよ Are You Lonesome Tonight? 本当によく笑っています、 まるで子どものように(攣られて笑ってしまいました),Rubberneckin’ (これは途中で歌い直しています),Yesterday(歌詞を間違い照れ隠しに軽く笑っています)/Hey Jude, バンドのメンバー紹介, In The Ghetto, This Is The Story,Suspicious Minds,最後にCan’t Help Falling In Love (拍手!!)

私思うのですが、ELVISのコンサートが魅力的なのは、もちろん歌が最高に上手いし、歌が聴きたくてみんな行くのだと思うのですが、“一緒に遊ぼうよ”というELVISの観客に対する心遣いにあるのではと・・・だからまた会いたいし、チケットが全てSold Outになるのも当然のことだと。この日のShowも十分に楽しませてくれました。

ありがとう ELVIS!(*^。^*)

  この次期は、プリシラと結婚し、リサマリーが誕生し、翌年から本格的にコンサートツアーが始まるというELVISにとって人生の仕切り直しとでも言うべき大変重要な時で、この中にもその意欲が感じ取れます。それを聴いてる私も幸せな気持ちで満たされるのです。

ELVISには、ELVISの歌にはそういう力が在るんですね。本当に素晴らしいことです。

話をAre You Lonesome Tonight?に戻しますが、これは1926年に作られた歌で、ELVISは1960年にレコーディングしています。それに対しYes, I’m Lonesome Tonightというアンサー・ソングが作られたことが当時話題となり、私の記憶の底にも覚えがあります。余談ですが、バイバイバーディーというオールディズを憶えていらっしゃる方もお在りと思います(アン・マーグレット主演の同名の映画もあります)。このモデルとなっているのが徴兵されたELVISだってご存知でしたか?


  それでは、また。

♪♪♪ ELVIS FOREVER ♪♪♪ 


           浅野 涼子






    次へ12月1日    次へ 2006年1月    前へ戻る 7月18日   

  
    topへ戻る