* * * * * 思い出のジャズ喫茶店のマッチ箱です* * * * *

     Bb ◆マッチ箱がいっぱいたまっています。
棄てられず、ジャズ喫茶のマッチ箱だけを  
載せてみました。  
懐かしいマッチです。     
    

   ★ビーフラット      

初めて行ったジャズ喫茶です。
狸小路5丁目にありました。
毎週通った思い出の店です     
曲の題名も知らないで聴いていました。     
ウエイトレスの方がとっても素敵でした。     
後に分かった事ですが、     
知り合いのベース奏者の     
奥様になっていました。  ビックリ!     
でもそのベース奏者の方は、     
若くして亡くなりました。
    ボッサは今でもあります    ★ボッサ
    
Bbでアルバイトしていた人が、     
ボッサのマスターになりました。     
ボッサは今も頑張っています。

◆ジャズの雑誌「スイングジャーナル」で、   
旭川のジャズ喫茶が紹介されました。   
友達と2人で出かけました。   
その時、旭川ジャズファンクラブの   
キャンプに参加して、   
それがきっかけで、友達は結婚しました。   
今は愛別の牧場にいます。
        ★ジャマイカ      

当時は東映の映画館地下で、          
成人向け映画の入り口にあって、        
とっても入りづらかったです。       
今は3条美松ビル4階にあります。      
お店の壁一面レコードで囲まれています。     
ママさんはリクエストされると、    
その中からすぐ見つけ出します。 スゴイ!   

  ★A&M    

  ★マイルス
        ★アクト      

アートジャズが多くかかっていて、      
良く分かりませんでした。      
お客さんは静かに聴いていて、      
お話しすると注意されました。      
昔はジャズ喫茶のイメージと言えば、      
頭を抱えてタバコの煙の中、      
暗〜い感じでした。     

  ★スマイル        
ススキノフードセンターにありました。      
  スマイルはススキのフードセンターにありました      
     


* * * * * 私の思い出のジャズのレコードです* * * * *

     
      ★「ソウル・トレーン/ジョン・コルトレーンの芸術」    

私がジャズと出合ったきっかけの曲です。     
Bbに初めて行った日に聴いて、ショックを受けました。       
目の前が真っ白になってしまいました。      
今までにこんな曲は聴いたことがありませんでした。    

1967年にジョン・コルトレーンは、      
40歳という若さで亡くなっていました。      
とっても残念でした。      
私の大事な思い出の一枚です。    
     
      ★「マル・ウォルドロン/オール・アローン」      

札幌での演奏を聴きにいきました。      
たった一人の演奏でした。      
ピアノの上の灰皿からタバコの煙がゆれていました。      
タバコはクールだったと聞いていますけど…      
とってもロマンチックで、うっとりと聴いてきました。      
これも大事な思い出の一枚です。    



galleryへ戻る