高槻市の2001年からの総合計画にみるOA・IT関連企画

 高槻市の平成13年1月に発表した総合計画の中で、OA・IT関連の計画を探してみました

第4次高槻市総合計画(2001〜2010)とIT

  体系   基本構想(将来像と考え方)

       基本計画(施策の体系)−総論・部門別計画・地区生活圏構想

       実施計画
-------------------------------------------------------------------------------
・・・ 基本構想 ・・・

第2章 高槻市の魅力  4. 多様な都市機能の集積

 最近では、企業の先端技術研究所や著名な大学の立地が進み、経済、文教両面において充実・発展が見られます。

第3章 まちづくりの背景と課題    1.社会的潮流  (4)ボーダレス社会の拡大

 情報数新技術のめざましい発展によりインターネットやデジタル放送など地球的規模でIT革命(情報技術革命)が進行しており、さまざまな分野に大きな変革をもたらしつつあります。

第5章 まちづくりの基本的な考え方   7.高度情報社会に対応する

 高度情報化が地球的規模で進む中で、地域社会において産業や市民生活に急速に定着しています。そのため、生活に密着した情報システムの形成を図ると共に、市民の誰もが地域情報にアクセスできることをめざして、民間事業と連携して高度情報通信ネットワー茶会に対応するまちづくりをめざします。

第6章 施策の大綱    3.ひとが輝く育みのまちづくり

 ボーダレス社会の進行なっどしゃかいけいざいが大きく変化する時代にあって、これらの環境変化に対応できる新しい知識・技術を習得することや創造的な思考力を身につけることが求められています。
--------------------------------------------------------------------------------
基本計画(H13.11

第1編 総論
第2章 たかつきリーディングプラン
   5 生き生き学園まちづくりプラン

 大学と行政、産業界との連携や大学間の交流を促進する協議会等のネットワークシステムを整備する。

第2編 部門別計画
  第3章 ひとが輝く育みのまちづくり

 2.義務教育   E情報教育の推進

 コンピューターのもつ機能を十分活用し、体得できる環境の整備に努めると共に、児童生徒が自ら情報機器を操作し、情報を主体的に選択して活用できる能力の育成に努めます。

 3.社会教育  A公民館活動の充実

 情報化、マルチメディア化に対応した学習機械の情報提供に努めます。

B図書館活動の充実

 情報化、国際化に対応したサービスの充実や高度情報化に向けた電子図書館機能の検討…を進めて、サービスの拡充に努めます。

 7.都市交流    B国際化への都市環境づくり

 英語版の広報誌やホームページ、外国ご案内パンフレットの発行等の情報提供により、外国人市民にとっても活動しやすい環境づくりに努めます。

第4章 安全で快適なまちづくり

 3.消防・救急  A消防施設整備の充実

 消防無線のデジタル化や車両位置管理システムなどを導入して指令管制系統を強化する。

 9.環境保全   A公害防止施策の充実

 大気・水質・騒音・振動・自然環境等に関するデータベース化を進めるなど、環境情報システムの整備を図ります。

 10.地域情報

【 現況と課題 】

1 情報通信技術の発展はめざましく、情報機器類の処理能力は飛躍的に向上するとともに、低価格化 が進み、家庭にも急速に普及しています。

2 さらにインターネットの普及による世界的規模の情報通信ネットワークの構築や携帯電話、ファクシミリ、ケーブルテレビ等のメディアにより、いつでもどこでも必要な情報を手に入れることが可能な環境が整いつつあります。

3 本市においても、平成8年度にテレトピア構想モデル地域指定を受け、平成9年度にはケーブルテレビ局が開局し、さらに平成11年度からケーブルテレビ局によるインターネットプロバイダー事業も開始され、多くの市民が利用するようになってきました。

4 今日の高度情報化の流れの中で、情報通信ネットワークの整備により文化や産業の振興を図り、また、行政の各分野において情報化の成果を有効に活用して、サービスの拡充を推進するなど、新しい時代にふさわしいまちづくりの仕組みが期待されます。

【 基本方針 】

■テレトピア計画に基づき、ケーブルテレビなどの情報通信基盤の整備と有効活用を図り、地域情報化を推進します。

■市民の利便性の向上を図るため、国がめざす電子政府を視野に入れて、情報通信に対する職員の認識をより一層高め、行政の情報化を推進します。

【 施策の方向 】

(1) 地域情報化の推進
●学校教育や生涯学習において、情報教育を推進し、市民の高度情報化に対応する能力を培います。
●家庭のパソコンやファクシミリ、電話、タッチパネル方式の利用者端末機により、市立や府立のスポーツ施設の情報や申込みの予約ができる公共施設予約案内システムの整備を推進します。
●ケーブルテレビ、インターネット等各種のメディアを活用した情報通信システムを効率的に構築し、様々な市民ニーズに対応できる情報の提供に努めます。

(2) 行政の情報化の推進
●国と地方自治体を結ぶ総合行政ネットワークの整備や、庁内ネットワークにおける行政情報の電子化を図り、行政事務の高度化・効率化を進めます。
●行政事務のOA化を一層推進するとともに、既存システムの再構築を行い、効率的で質の高い行政サービスの提供に努めます。
●消防や防災など情報ニーズの高い分野において、新しい情報通信手段の導入に取り組みます。
●各行政分野に分散したデータを一つの地図に統合する地理情報システム(GIS)を構築して、市民サービスの向上と事務処理の効率化を図ります

(3) 情報化推進体制の整備
●地域情報化を一層適切に推進するため、市民、企業、文化団体等で組織する高槻市地域情報化推進市民会議の活動の充実に努めるとともに、高度情報化に対応できる推進体制の再構築を図ります。

第5章 ぎわいと活力のあるまちづくり
 5.消費生活  @消費者教育と情報の提供

 ケーブルテレビやインターネットなどの多様なメディアを活用して、ホットな情報をより早く正確に消費者に伝えると共に、双方向通信機能を活用して、消費者との情報交換を促進します。

 6.勤労    A情報提供の充実

 労働関係の情報収集の充実に努め、勤労実態などの調整研究を行うと共に、情報紙の配布拡大やケーブルテレビ、インターネットを活用した情報発信に努めます。


参考資料
○ 第4次 高槻市総合計画