歯周病と全身疾患

歯の豆知識

歯の豆知識 動画編

歯科関係者の方へ

  • インプラントとは
  • インプラント手術
  • インプラント治療
  • インプラントと歯周病の関係
  • インプラント料金表
  • 歯周病とは
  • 歯周病の原因と予防
  • 歯周病と全身疾患
  • 再生療法
  • 歯肉移植術(自費治療)

歯周病克服サイト 吉野歯科医院

歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身と関係しています。
口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を引き起こすことが知られ、医科でも問題になってきています。

歯周病をたかがお口の病気とあなどってはいけません。

歯周病の人が心臓病になる確率は健常者の2~3倍にもなるといわれています。


肺炎

歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。

心臓病

心臓病重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)などを引き起こすことがあります。
また心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)になる場合もあります。

糖尿病

糖尿病歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく、糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、 さらに悪化してしまう可能性があります。

早産

早産歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

生活習慣と歯周病
食生活

歯周病は糖尿病と深く関わっているため、高カロリー、高脂肪、塩分、糖類が多く含まれている食事は避け、バランスの取れた食生活を心がける事が大切です。
歯周病の原因菌である歯垢(プラーク)は糖分をエサに増殖して行きますので、糖分の多い食生活を続けていると歯周病へのリスクが高くなります。

睡眠とストレス

睡眠不足になるとストレスによって抵抗力が低下し、歯周病菌に侵されやすくなります。
さらにストレスが溜まっていると睡眠中、歯ぎしりをしたり、歯を強く噛む事が多くなるため、歯周病の進行を早めてしまう事もあります。

たばこ(喫煙)

たばこを吸っている人は吸わない人に比べて歯周病になるリスクが高いといわれており、さらにタバコは歯周病の症状を悪化させてしまいます。

生活習慣を改めなければ歯周病を予防する事はもちろん、歯周病を治療しても治りづらく、再発しやすいので、生活習慣を見直す事が重要です。



  • Page Top