坑ウイルス剤(ゾビラックスの改良薬)を手に入れる

かかりつけのクリニック(耳鼻科ではない)で、北海道の七戸先生(しちのへ内科)のHPのコピーを見せて、
ゾビラックスの処方をお願いしましたが、「聞いた事もないし、止めた方がいい」と言われてしまいました。
これは予想していたので、個人輸入で仕入れる事にしました。
薬事法では、本人自らの使用目的での個人輸入に限り、数量制限を設けて認めています。

いろいろ調べたり、薬剤師にも相談しましたが、この薬の安全性は高いようです。
水疱瘡などにも使われ、飲むと軽く済むという事ですし、
もちろんヘルペスに関しては特効薬で、ヘルペスの方は調子が悪いと予防に飲むくらいです。

ゾビラックスは400mgを1日5回も飲まないといけません。
ゾビラックスはブランドなので高いです。
同成分のアシクロビルは、かなり安く輸入できます。
海外ではヘルペスの薬としては、このアシクロビルの処方が一般的だとか・・・。

1日5回飲むのは、それだけでもストレスになりそうだったので、1日3回の服用で済み、
より効果が期待できるというゾビラックスの改良版、バルトレックス500mg(バラシクロビル)にしました。
当時30錠で14,500円でした(30錠だと自費だと2万位、、保険適応だと6千円前後かと思います)
バルトレックスは、もともと薬価がとても高い薬なのです。
1週間ほどで待望の「バルトレックス」が到着しました。

2004.2.17 バルトレックスを飲み始める
吐いてしまうともったいないので、吐き気がない時に飲み始めました。
あれほど連日のように酷かっためまいが服用後に治まりました。
薬の効果なのか?たまたま落ち着く時期だったのか分らないけど、この時は効果があったんだと思いました。

フラフラや耳閉感、耳鳴りは相変わらずありましたし
耳の周りに手を近づけるだけで、イヤ〜な感じはあります。

2004.3.11
バルトレックス服用後のオージオ。
期待していた聴力は、10db程度しか変わっていません。

聴力回復には効果はなかったようです。



2004.4月 大きな耳鳴りが始まる
もの凄い耳鳴りが続いて、その凄さで周りの音が聞こえない位・・・
あまりの凄さで起きてしまうし、頭がどうにかなったんじゃないかと不安になります。
病院では、実際に大きくなっているのではなく、「感じ方だ」と言われ、何の処置もありませんでした。

2004.6月 めまいの再発
6月から7月にかけて、数回ひどいめまい発作が再発しました。
これは覚悟していたので、続くようだったら、またバルトレックスを仕入れようと考えていましたが
数回で治まって、聴力も体感的には少し回復したように感じていました。

2004年6/26
耳鳴りや、めまいの再発時期のオージオ。
8000HZ部分の低下は、日常生活には支障ない部分で
変動も大きいので問題にされる事はないです。

処方薬
イソバイド1日90cc
アデホスコーワ
セファドール
コンスタンorデパス
トラベルミン(めまい時に頓服)


この後、めまいは繰り返し、ある先生にバルトレックスを帯状疱疹で保険適応してもらって、2回服用する機会がありましたが、どちらも効果は感じられませんでした。
私的には、効果はなかったと思います。

(2009年にアメリカで抗ウイルス剤のメニエール病への効果が発表され、再度アシクロビルの治療をしました)


   ステロイドはどうなのよ?

  メニエル闘病記メニューへ

  トップページへ