本文へスキップ

新しい視点で被災地の復興活動をする Non Profit Organization TSUNAGAPPE MINAMISOMA

南相馬市で被災者支援とふるさと再生活動を行う特定非営利活動法人つながっぺ南相馬

特定非営利活動法人つながっぺ南相馬のホームページへようこそ。
応急仮設住宅集会所を利用して、東日本大震災と東電原発事故に伴う被災者向けに、常駐・無料のコミュニティサロンを開いています。このサロンは、被災者がいつかふるさとへ帰れる日まで、希望を失わず心と身体の健康を保ち自立した避難生活を送って貰うため、地域の各団体と協力し健康講座や運動教室等を行っている活動内容を紹介しています。
同時に、20Km圏内小高区の被災地ツアーや街興し活動にも積極的に取り組んでいます。

お知らせtopics

お知らせ画像1

エドワーズライフサイエンス(株)との交流会

2016年6月25日 JVC経由で継続支援を頂いているエドワーズライフサイエンス(株)の皆さんが千倉の仮設住宅で住民と一緒にキーホルダーを作りながら交流を行います。終了後20Km圏内小高区での被災地ツアーも行います。

お知らせ画像1

南相馬市の避難指示区域の避難指示解除決定のお知らせ

2016年7月12日 小高区と原町区の一部に出されていた避難指示は、7月12日に避難指示解除が解除されることが決定しました。 http://blog.goo.ne.jp/konno_y 
2016年7月13日 避難指示解除記念イベントして、味の素(株)の協力でヘルシー減塩料理教室を、
        小高区保健センターで開催します。
お知らせ画像1

CTVCカリタス原町ベースのパッチワーク教室

2016年 6月17日 CTVCカリタス原町ベースの高野郁子さんと有志によるパッチワーク教室を小高ベースで開催します。


お知らせ画像1

須藤愛さんのたちほこ体操(笑いヨガ)教室

2016年6月24日 身体の老化を防ぎ健康寿命を延ばすためさわやかな汗を流しながら軽体操を行う教室です。年配の方や運動が苦手な方でも大丈夫です。

2016年度_新着情報ws

2016年6月17日
関西大学橋口准教授・政策創造学部の生徒10数人に、大震災当時の様子とこれまでのNPO活動について話をしました。
2016年6月15日
NPO法人シャローム災害支援センターの協力で、2017年4月再開予定の通学路(小高駅〜小・中・工高)の線量測定結果、全体として安全性が高いことが判明した。
2016年6月1日
鹿島の3ヶ所のサロン事業に関し、福島県ふるさとふくしま交流・相談支援事業補助金(県内避難者・帰還者支援事業)交付決定を受けました。
2016年5月29日
横浜市栄区吉見様から活動資金として寄付を頂きました。
2016年5月27日
会計報告に関するページを追加・更新しました。
2016年5月24日
南相馬フェスティバルパーク構想に関するページを追加・更新しました。
2016年5月3日
三重県の少林寺勝手にボランティア隊の乾(いぬい)隊長以下5名が来相し、西町仮設住宅サロンで肩もみ奉仕と市内及び20Km県内で隣の浪江町請戸地区の小学校跡地や漁港を見学後浪江と双葉の境界から東京電力福島第一発電所をみて、新潟へ向かいました。
2016年4月21日
新潟県妙高市でスタジオゼロを運営している東條様夫妻が南相馬を訪問し、サロンな小高と浪江の境界上にある希望の牧場での被爆牛の実体等を見学と活動用資金と寄付もいただきました。
2016年4月21日
新潟県妙高市のふっこりんJapanプロジェクト様から昨年に引き続き寄付をいただきました。
2016年4月14日
労働グループ風の子様より寄付をいただきました。
2016年3月31日
福島県のふるさときずな維持・再生支援事業の助成でサロン活動を行っていました塚合、西町及び千倉の各サロンは3月末で終了し、4月以降は日本国際ボランティアセンター(略称:JVC)の支援での活動になりました。。
2016年2月27日
スイス・ハイジの仲間たちの皆様方から再びサロン用支援物資としてチョコレートをいただき仮設住宅の5ヶ所のサロン利用者に配布しました。
2016年1月27日
愛知県豊川市の漬物本舗、道長様からの漬け物を、原町区の放射能測定センターとどけ鳥様経由で頂き仮設住宅5ヶ所に配布いたしました。
2015年12月21日
スイス・ハイジの仲間たちの皆様方からサロン用支援物資として又チョコレートをいただき、クリスマスプレゼントとして仮設住宅のサロン利用者に配布しました。
2015年12月21日
小高ベースの設備として、事務所用4坪のプレハブをリースで設置しました。
2015年12月19日
第3回小高で暮らす人達の座談会開催と終了後に参加者で忘年会を、小高ベースで開催しました。
2015年12月17日
市主催の小高区区長会東電福島第一原子力発電所構内視察に参加してきました。
2015年12月15日
つながっぺ南相馬の第三四半期の振り返りを行うと同時に平成28年度鹿島区内4ヶ所の仮設住宅サロン活動の出口戦略を討議しました。
2015年12月12~13日
東京蒲田で歌手活動をしている蓮沼ラビィさんが、今年も来相し鹿島区の仮設住宅4ヶ所で慰問ライブと被災者交流を行いました。。
2015年12月5日
南相馬市帰還者生活再建支援事業の助成金で小高での活動拠点を設置しました。
2015年11月1日
スイス・ハイジの仲間たちの皆様方からサロン用支援物資としてチョコレートをいただきました。いつも支援ありがとうございます。
2015年10月19日
大阪市北区の社会福祉法人淳風会様から納涼会のチケット売上、募金等から東日本大震災復興支援の義援金として昨年に引き続き寄付をいただきました。
2015年10月12日
内閣府大臣官房の濱田審議官、中尾政策企画専門官及び県文化振興課2名によるふるさと・きずな再生支援事業の視察が友伸グラウンドと西町の両サロンで行われました。
2015年10月11日
小高で準備宿泊中の方と避難指示解除後戻る予定の方々による座談会を開催し、生活する上での問題や日常を取り戻すために必要なことを話し合いました。
2015年10月10日
ローカルデザイン研究会の南相馬市ツアー12名の皆さんに、小高区塚原公会堂にて小高区の抱える現況について説明しました。
2015年9月29日
自民党あべ俊子衆議院議員が友伸グラウンド仮設住宅サロンを視察しサロン利用者から避難生活の様子や困り毎等について聞きとりをしました。
2015年9月29日
今年度2回目となる活動振り返りが、サロン管理者、理事、JVC南相馬担当者が参加し、原町区の福祉会館で実施し今後の活動方針を協議しました。
2015年9月26日
西町第一仮設住宅サロンでの活動風景とインタビューが福島TVで放映されました。
2015年9月1日
17次赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の助成が、友伸グラウンド仮設住宅を主対象に決定しました。
2015年9月1日
大阪体育大学生が4日まで仮設住宅での被災者交流や農園での活動等を行います。
2015年8月29日
三重県松坂市の明和中学校と東部中学校の教師と生徒17名が小高区内視察後、西町と塚合仮設住宅で被災者の肩もみやカラオケで交流しました。
2015年8月26日
兵庫県立大学学院看護学研究科で相馬市の介護施設なごみで実習中の2名に、仮設住宅に住む被災者の現状説明と質疑応答を行いました。
2015年8月26日
帝京大山川教授とゼミ生7名に南相馬市の今の現況と抱える課題について、プレゼンをしました。
2015年8月22日
東京農工大学科学博物館友の会との連携で手作りカバン作成教室が寺内塚合仮設住宅で行われました。
2015年8月14日
南相馬市20Km圏内は、ふるさとへの帰還に向け9月〜11月まで3ヶ月の準備宿泊が開始される予定で以降3ヶ月毎更新し避難指示まで継続見込み。希望者は避難指示解除前に先行し帰還できるようになる。
2015年8月9日
鹿島区寺内塚合の仮設住宅で東京農工大藍染めグループと相農生計15人が、藍染め体験会を開き、参加者20名が初めての藍染めを体験し、楽しんだ。
2015年8月7日
四日市市東日本大震災支援の会中高生40名+引率等10名が来相し、小高区内の塚原地区とJR小高駅周辺で、被災地の視察と当時の状況の説明を行った。
2015年6月19日
吉見美沙子夫妻より活動資金の一部として寄付を頂きました。
2015年5月27日
福島県のチャレンジインターンシップ若者の学び・体験支援事業受け入れ団体に選定されました。
2015年5月27日
味の素(株)被災者支援移動健康・栄養料理教室が寺内塚合仮設住宅で開催され、新じゃがとピーマンの変わり混ぜご飯、アスパラとすりおろしゴーヤのふんわり卵とじ、たっぷり桜エビとブロッコリーの変わり和えを10名で作りいただきました。
2015年5月24日
福原斉様から活動資金の一部として寄付をいただきました。
2015年5月15日
相農生19名、県・市職員、地元住民10名+外部ボランティアで、小高区塚原海岸にハマナス約220本を植樹しました。NHK-TVや地元新聞等でも報道されました。
2015年5月12日
茨城県常陸大宮市の水野敏男様から活動資金の一部として寄付を頂きました。
2015年4月25日
四日市市の少林寺勝手にボランティア隊一行14名(明和中学と東部中学生11名と引率3名)が、塚合と友伸の仮設住宅で、被災者慰問活動を行いました。
2015年4月13日
新潟県妙高市のふっこりんJapanプロジェクトの村越夫妻等3名が癒やしのサロンと小高の被災地見学を行うと同時に寄付も3年続けていただきました。同時に実験空間スタジオZeroの東條夫妻様からも別途寄付を頂きました。
2015年4月6日
スイス・ローザンヌにお住まいの「ハイジの仲間達」スピッテラー祐子とそのお仲間の皆さん方から2回 癒しのサロンへチョコレートをいただきました。
2015年4月2日
CTVC原町ベースから癒しのサロンへチョコレートをいただきました。
2015年4月1日
4月から癒しのサロンの開店時間を「午前9時〜午後4時」に変更しました。
2015年3月11日
一般社団法人Think the Earthの忘れない基金から小高区塚原公会堂でのお茶会開催費用に寄付をいただきました。
2015年2月27日
森びとプロジェクト委員会メンバーと被災者交流会を塚合と千倉で開催しました。
2015年2月25日
公益信託うつくしま基金第13回助成金(発展事業支援コース)応募し書類審査・公開審査をパスし助成決定し、4月以降友伸グラウンド仮設住宅での半年間の事業継続が可能となりました。
2015年2月8日
厚労省関口様からサロン活動の一部にと寄付をいただきました。
2015年2月8日
相馬農業高校生・東京農工大生・都留文科大学生計20人友伸グラウンド仮設住宅と西町仮設住宅で被災者交流を行い、自治会用意のすいとんに舌鼓を打ちました。
2015年2月5日
NHK福島TVはまなかあいづTodayで、癒しのサロン活動が紹介されました。

特定非営利活動法人つながっぺ南相馬

〒979-2104
福島県南相馬市小高区塚原字諏訪原67-3

TEL 0244-26-4760
konno@white.plala.or.jp