海老名市 はり灸院 海老名駅徒歩5分  -予約優先- 046(240)9908 本文へジャンプ
 


はり・灸 祥雲堂

鍼灸整骨治療院



 
当院は厚生労働大臣免許
鍼灸マッサージ師の治療院です




2023.11.29 更新

【本日ご予約できます】



女性施術者の
ご予約再開のお知らせ


女性施術者のご予約を
一部のお時間で再開しました。
ご希望の方は、前日までに
ご予約を
お願い致します。



施術料金改定のお知らせ


5月1日より施術料金の改定をさせていただきました。宜しくお願い致します。新料金はこちら
 


【お知らせ】
ご来院・ご予約の方へ

当院の施術者・治療院のスタッフは全員、新型コロナワクチンを接種いたしました





不妊治療と鍼灸
「潤す」秋の食養生



祥雲堂のはり灸治療
 
からだ本来の〝力
″を引き出す



古来の伝統医学の知恵(未病治)
はり灸は 現代人にも通じ
永く 健康増進 体力維持に貢献します 


東洋医学に基づく伝統的な鍼灸治療で、身体全体のバランスを整えます。バランスが整うことで、からだ本来の持つ”力(自然治癒力)”が引き出され、様々な症状の改善が期待できます。はり灸は、全身の巡りが良くなり、心身ともにリラックスすることができる、とても優しく心地よい施術です。治療はもちろんのこと、健康増進、症状の無い方でもリフレッシュの為など、健康を幅広くサポートします。



 

東洋医学のやさしいはり灸は 健やかなからだづくりを応援します

女性鍼灸師男性鍼灸師のご希望は
ご予約の際にお気軽にお申し出ください





 潤す(うるお)」秋の食養生
 ~ 食生活は元気のきほん~ 
 2023.9.1

 朝夕の風が少し涼しさを感じるようになりました。まだしばらく暑い日は続くようですが、スーパーやお店では秋の果物や洋服が並び、秋の気配を感じます。夏の疲れを癒やしつつ、次の季節の準備もしていきましょう。
さて、木々の葉の色づく頃になると、空気もだんだんと乾燥してきます。秋は「せき」「たん」「気管支炎」「風邪」「皮膚のかゆみ」などの症状がおこりやすくなる季節でもあります。



東洋医学では、秋は五臓の「肺」と関係の深い季節です。肺の働きは「気」を主り、「全身にエネルギー(気・血・津液)を巡らせる」「皮膚(粘膜も含む)を正常に保つ」「外界からの病気の侵入を防ぐ」など、皮膚・呼吸器系の働きと大きく関係しています。「気」は目には見えませんが、私たちの身体の皮膚や粘膜を守り、身体の外からウィルスなどの異物が入ってこようとするのを防いでいると考えられています。肺は潤っている状態でよく働き、乾燥状態を苦手とする性質を持ちます。乾燥しやすい秋になると、肺の力が低下しやすくなり、肺の支配している「気」のバリア機能が低下し、上記のような症状が現れると考えられているのです。

(※肺とは、西洋医学の「肺」とは異なります。)


      

乾燥から守る「潤す」食材

秋の食養生は、空気の乾燥から守るため「潤す」食材で、バリア機能を高め、風邪に負けない身体を作ることです。また、夏の間はどうしても冷たいものを摂ることが多くなるため、秋になると胃腸の冷えや疲れが出てきます。秋のうちに「胃腸を整えて、消化吸収をアップ」していくことも、次に迎える寒い冬に向けた身体づくりに大切です。

秋にとりたい食材

 肺やのどを潤す秋の果実「梨・栗・柿」
 秋が旬の「きのこ類」気を補い、免疫力アップの効果も期待
 「ぎんなん・れんこん」体を潤し、咳やたんを鎮める
 「里いも」消化吸収力を高め、咳や痰、便秘の改善にも
 「秋鮭」夏に冷えたお腹をあたため消化能力アップ


【野菜】きのこ類、白きくらげ、れんこん、ごぼう、ぎんなん、百合根
【果実】梨、りんご、ぶどう、栗、松実、白ごま
【イモ類】里芋、山芋、さつまいも
【穀類・砂糖】はちみつ
【豆類】豆腐、豆乳
【魚介類】イカ、さんま、鮭



祥雲堂  鍼灸師・栄養士  野中友恵

  参考文献:ひとりごはんの薬膳レシピ 鳥海明子(誠文堂新光社)
     春夏秋冬ゆる薬膳 池田陽子(扶桑社)
     女性力を高める薬膳ごはん 鳥海明子(マイナビ)
     からだに効く和の薬膳便利張 武鈴子(家の光協会) 他








はり・灸 祥雲堂鍼灸整骨治療院
 
海老名市中央3丁目4-3
ライオンズマンション海老名第Ⅲ-103
(なの花薬局さん隣) 駐車場2台