海老名市 はり灸院 海老名駅徒歩5分  -予約優先- 046(240)9908 本文へジャンプ
 


はり・灸 祥雲堂

鍼灸整骨治療院



 
当院は厚生労働大臣免許
鍼灸マッサージ師の治療院です




2024.7.20 更新

【本日ご予約できます】


女性施術者の
ご予約再開のお知らせ


女性施術者のご予約を
一部のお時間で再開しました。
ご希望の方は、前日までに
ご予約を
お願い致します。



【お知らせ】
ご来院・ご予約の方へ






不妊治療と鍼灸
「蓄える」冬の食養生



祥雲堂のはり灸治療
 
からだ本来の〝力
″を引き出す



古来の伝統医学の知恵(未病治)
はり灸は 現代人にも通じ
永く 健康増進 体力維持に貢献します 


東洋医学に基づく伝統的な鍼灸治療で、身体全体のバランスを整えます。バランスが整うことで、からだ本来の持つ”力(自然治癒力)”が引き出され、様々な症状の改善が期待できます。はり灸は、全身の巡りが良くなり、心身ともにリラックスすることができる、とても優しく心地よい施術です。治療はもちろんのこと、健康増進、症状の無い方でもリフレッシュの為など、健康を幅広くサポートします。



 

東洋医学のやさしいはり灸は 健やかなからだづくりを応援します

女性鍼灸師男性鍼灸師のご希望は
ご予約の際にお気軽にお申し出ください





目覚める
春の食養生

~ 食生活は元気のきほん~

2024.4.9

ようやく咲いた桜が、雨風に吹かれています。春は始まったばかり、もう少し頑張って咲いていてほしいなと思う日でした。まだ日により寒暖差もあり、体調管理が難しいですが、いかがお過ごしでしょうか。さて、冬の間、寒さで縮こまっていた私たちの身体も、春の訪れとともに動き出し、新陳代謝が高まります。春は目覚めの季節。冬に溜めこんだ余分なものはスッキリして、春の若葉のように伸び伸び過ごしましょう


東洋医学では春は五臓の「肝」と関係の深い季節と言われています。肝は、血を貯蔵し調節する働きがあるとされ、現代でいうところの自律神経やストレスに関係する症状と密接なつながりがあると考えられています。春は「木の芽どき」という言葉があるように、肝の不調からイライラしたり、怒りっぽくなったり、不眠、頭痛などのトラブルを起こしやすくなります。
(※肝とは西洋医学の「肝臓」とは異なります)


<春におこりやすい症状>
イライラ 怒りっぽい 不眠 頭痛 めまい
肩こり のぼせ 花粉症 鼻詰まり など
        
   

春にとりたい食材
春に出回る山菜や、菜の花などの春野菜は眠っていた身体を目覚めさせ、冬の間に溜まった老廃物を解毒するのに役立ちます。また、春は肝を安定させる「血を補う食材」や、ストレス発散に役立つ「気の巡りを良くする」食材を摂ることもポイントです。

 「巡りをよくする」香り野菜、甘橘系の果物、セロリ、陳皮、菜の花
 「春の肌荒れに・食べる美容液」 たまねぎ、はとむぎ
 「肝・血を補う」 うずらの卵、クコの実、長いも、レバー


【野菜】にんじん、じゃがいも、長いも、たまねぎ、菜の花、春菊、クレソン、アスパラガス、セロリ、かぼちゃ、えんどう豆、山菜類、
果物】いちご、甘橘類
【たんぱく質】あさり、ほたて、レバー、うずらの卵

【その他】クコの実、ミント、陳皮

 



春はデトックス
冬に溜まった老廃物が出てくる時期なので、肌荒れやホルモンバランスの崩れが起きやすい時です。デトックスを促す食事や、リラックスできるマッサージやストレッチを行ったり、香りの良いものを取り入れて気を巡らせたりと、冬の間に溜め込んだものをスムーズに排出させましょう。

授かる春
当院は妊娠希望で通院されている女性も多いのですが、春はそんな女性にも嬉しい季節です。春は、動物もそうですが、女性が本来自然に妊娠しやすい時期と考えられています。暑すぎず、寒すぎず気候も良いので妊娠をお考えの方は、より意識するとよい季節です。ただ、春は年度の境目にあたり、新しい環境になったりとストレスも多めのことも。そのためには、まずはストレスをためず解消に努め、リラックスした時間を作るのも春の大事な養生です。



祥雲堂鍼灸整骨治療院   鍼灸師・栄養士  野中友恵


 参考文献:ひとりごはんの薬膳レシピ 鳥海明子(誠文堂新光社)
      春夏秋冬ゆる薬膳 池田陽子(扶桑社)
      女性力を高める薬膳ごはん 鳥海明子(マイナビ)
      からだに効く和の薬膳便利張 武鈴子(家の光協会) 他






はり・灸 祥雲堂鍼灸整骨治療院
 
海老名市中央3丁目4-3
ライオンズマンション海老名第Ⅲ-103
(なの花薬局さん隣) 駐車場2台