就職活動、転職活動、恋活、婚活に役立つ情報を紹介します。

無料で添削!転職活動の自己PRを作成したい方へ

 

はたらいく(無料)


リクルートが運営する転職サイト。自己PRの作成が苦手であれば、質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」がお勧めです。


JACリクルートメント(無料)


国内6拠点、世界8カ国に拠点を持つ、JASDAQ上場企業が運営。自己PRを1人で考えるには限界があります。各業界の専門アドバイザーが自己PRを無料で添削してくれます。

質問に答えるだけで自己PRが書ける自己分析シート ※4万部突破

4万部突破!
質問に答えるだけでES・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート 

【感想】
「目から鱗が落ちました。これがなかったら自分の力で自己分析をし切れなかったと思います」
「本の順に書いていけば自己PRがスラスラ書けてしまったのには驚きました」
「この本は本当に何度も読むと新しい発見があります」

自己PR例文集(100以上)※新卒向け

自己PR例文集

『自己PR』

 

私は何事にもマイペースで物事に取り組みます。大学の授業では、無遅刻、無欠席で、一番前に座り、勉強していました。特に力を注いだのが「今昔物語集の研究」です。演習の時間に「今昔物語集」の中の一話について、色々な写本を比較したり、類似の和歌や前後の話と検討しました。今では和歌にとても興味を感じ、自分で作品を作るまでになりました。和歌のコンテストに応募して、優秀賞をいただいたこともあります。

 

『自己PR』

 

私は常にマイナスを改善することをこころがけ、めげずに取り組む「おきあがりこぼし」です。例えば、私が服装を選ぶ際にの色の組み合わせ方で非常に悩んでいたときのこと。人を引き付けられる色の組み合わせや伝えたいイメージを表現するための配色を知るために色彩検定2級の取得をめざしました。毎日、「テキストと問題集を5ページずつ勉強する」と決めて、こつこつと勉強しました。もしも、わからない箇所があれば、即時に通信教育スタッフへ質問し、疑問点の克服に努めました。毎日の勉強の成果により、色彩検定2級取得という目標を達成しました。
それ以降、自分に似合う色を見つけ、その色を中心とした服装の配色をした結果、友人から「服のセンスが変わった」「明るくなった」と高評価を得ました。この言葉を聞いて「半年の努力が実ったこと」を実感し、大変うれしく思いました。この経験から、自分の工夫次第で「弱み」は「強み」に変わると知り、この「創意工夫」と「おきあがりこぼしな心」を仕事をする上でも活かしたいと考えています。

 

『自己PR』

 

私は何度でも立ち上がる「おきあがりこぼし」です。どんな逆境でも、改善案を考え、実行し、且つ「絶対にあきらめない」というスピリットがあります。 ゼミで「夕方のニュース番組における視聴者意識調査」を行った際、主婦層中心に約700枚のアンケートを一週間で集めることを目標としました。しかし、初日わずか50枚しか集まらず、その原因を考え、どうしたら目標を達成できるかを検討しました。

 

そして「着ぐるみを着て、子供の関心を引き、主婦層をつかまえる」など計5点の改善点を提示し、翌日から実行に移しました。その結果、「一週間で700枚以上」と目標をはるかに超える枚数を集め、信用性の高い調査結果を得ることができました。 この経験から、粘り強く取り組めば必ず成果は表れるということを知り、メンバーを引っ張るための「熱意」と「考える力」が身につけました。

 

『自己PR)』

 

私は諦めが悪いです。一度、成績でC判定を受けたのですが、教授の部屋に行き、自分の解答の説明、 どれだけ真剣に授業に参加していたかを示すノートを持参することによって、成績の評価をA判定に変えたことがあります。

 

『自己PR(自由にPRしてください・志望動機)』

 

私はゼミの代表および法律学科ゼミナール委員会常任委員監査として活動しています。講演会など学術面やゼミ同士の交流、また入ゼミ希望の2年生向けの説明会など広くゼミ活動のバックアップをしてきました。

 

私の所属する委員会はゼミ員からのお金で運営されておりその一部は上部組織にも預けております。しかしその用途について、総会以外の場で調べるシステムが私の就任当時なく曖昧でした。そこで各学部の監査を集め監査委員会を組織し、細かくチェックできるシス テムを作りました。これにより定期的に報告書をつくり財務の適性化を図ることができた とともに、お互いの信頼を作り上げられたと 思います。

 

今後社会では、人と環境に優しい商品やサー ビスが求められると考えております。エネルギーも同じではないでしょうか。特に人に優 しいという面では、高齢化社会を迎えて使いやすさや安心感が今まで以上に要請されてく るものと考えられます。しかし、現在のガスは 改善はされつつも、一般の人の間ではまだまだ電気に比べて安全という概念が低いのではないでしょうか。これが大きな課題であると思います。これに対して残念ながら私は自ら技術開発をすることは出来ません。

 

しかし、ゼミ などで私が取り組んできたように、お客様の要望を集め反映させる。また器具に限らず生活レベルの情報提供を行い、ガスそのものに付加価値をつけることが出来ると思います。そしてマーケティングや広報などの形で、人と人との橋渡しとなり人に優しい ガスを追求することでも、競争に勝っていけるのではないかと考えております。

自己PR(あなたの強み)例文

『自己PR(あなたの強み)』

 

私の強みは「裸になれること」です。誰とも仲良くなれることができ、見ず知らずの人に声をかけ、知り合った人数は1000人にもなります。これも自分から積極的に声をかけ、包み隠さず自分のことを話すことによってできたことです。さらに、ジムに毎日通い、ボディービル60キロ級で日本チャンピオンになりました。特技は「裸」ですと言えるぐらい の肉体です。これからは心と体の「裸」を活かしていきたいです。

 

『自己PR(あなたの強み)』

 

メルマガを週5日配信。CNNでで配信されている英文ニュースを和訳して、要約し、1万人程の読者に届けていました。一度も配信を休むことなく、徹夜してでも配信し続けました。おかげさまで今はスポンサーがついています

自己PR(キャッチフレーズ)例文

『自己PR(キャッチフレーズ)』

 

私は「三つの気」を持っています。それは、やる気、根気、元気です。
私は二つの体力があります。ひとつは体力、もう1つは忍耐力です。
私は世界がなくなって、宇宙に放り出されても生きていけます。
習うより慣れろというより、体がいつのまにか動いてしまっている人間です.
「泣かぬなら 私が泣こう ホトトギス」というぐらい、サービス精神あふれる人間です。
「鳴かぬなら 笑わせてみよう ホトトギス」というぐらい、笑わせることが大好きです。
私は「松田聖子」の生まれ変わりです。アイドルのように常に笑い、ビビっときたらすぐに行動に移します。

 

『自己PR(キャッチフレーズ)』

 

私は料亭の仲居をしていました。料亭というと堅いイメージあるので、あえて、くだけた感じの接客をしていました。例えば、「にわとりのモノマネ」です。お客様に料理を運ぶ時にモノマネをして、驚かせたりしています。おかげで指名制度はないのに、指名が来るまでになりました。そこでお客様に気に入られて、地方テレビのリポーターに抜擢され、泥まみれになりながら田植えをしたり、綱渡りをしたりなどお笑い芸人に負けないくらいのことをしてきました。おかげで、度胸は据わっています。(お笑い芸人の「友近」を参考にしました)

 

『自己PR(あなた自身を当社に売り込む為のキャッチコピー)』

 

私の辞書には「革新」という言葉しか載っておりません。 私は常に「もう少しできるはず」と唱え続け、100%以上の力をだそうとします。 私は消しゴムの最後のひとかけらを使い切るほど、几帳面です。 ボタンがあればつい押してしまう、人ごみができていたら潜り込んでみたくなるような 好奇心の溢れる人間です。 一を聞いて十を知り、十を知り百の成果を出します 『成功は自信に。挫折はバネに』がモットーです。成功した時は誰よりも喜び、自信とし、挫折した時は誰よりも悔しがり、克服しようと努力します。 私はスイカにかける「塩」です。あえて、厳しいことをいい、人の甘みを引き出します。

自己PR(あなたのモットーは?)例文

『自己PR(あなたのモットーは?)』

 

「脳みそにブレーキをかけない」が私の信条です。 以前、トム・クルーズの「カクテル」という映画に憧れ、鑑賞して次の日にニューヨークへ行ってしまったことがあります。それまでの経緯で本1冊分になりますが、バーに潜り込むことから始まりました。店が終わる午前まで店長を待ち伏せし、働かせていただけるように頼み込みました。その成果もあり、潜り込めたですが、最初からバーテンダーになれるわけもなく、ウエイターとして働きました。2ヶ月後、憧れのバーテンダーになり、練習した技を披露しました。私は目標のためなら努力を惜しまない、アクセル全快な人間です。

自己PR(あなたの性格を一言であらわすと)例文

『自己PR(あなたの性格を一言であらわすと)』

 

私は「スルメ」のような人間です。噛めば噛むほど味がでるように厳しくされたほうが活躍します。 所属する陸上部では監督に「毎日100本の走り込み」を命じられ、1年以上続けました。その結果、100メートル14秒だったのが、今では12秒になりました。 私は募金をしている人がいたら、「私にください」と言ってしまうほど、お金に厳しいです。 私は「満塁男」です。野球部に所属していたのですが、満塁の場面では必ずヒットを打つほどの勝負強さを持っています。 私は「アリ」と「キリギリス」の話でいえば「キリギリス」です。一瞬、一瞬を全力で楽しもうとします。 「昨日より今日、今日より明日」という言葉をモットーに、少しづつ積み上げていくように努力しています。

自己PR(特技)例文

『自己PR(特技)』

 

私は笑いというのはコミュニケーションで一番大切だと考え、2つの「笑いの技」を持っています。1つ目は「有名人のモノマネ」です。レパトリーは1000人。似ていないものもありますが、失敗は失敗で笑いが取れるので、常にチャレンジします。2つ目は「腹話術」。カエルと牛の人形を使い、ショートコントを毎週公園で行なっています。今では、200人程集まるくらいにまでなりました。これからも「笑い」を大切にしていき、より良い人間関係を築きたいです。(パペット・マペットを参考にしました)