無料で添削!転職活動の自己PRを作成したい方へ


はたらいく(無料)

リクルートが運営する転職サイト。自己PRの作成が苦手であれば、質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」がお勧めです。

JACリクルートメント(無料)

国内6拠点、世界8カ国に拠点を持つ、JASDAQ上場企業が運営。自己PRを1人で考えるには限界があります。各業界の専門アドバイザーが自己PRを無料で添削してくれます。

すぐに自己PRが作れる!「受かる!自己分析シート」※新卒向け

たった25個の質問質問に答えれば簡単に自己PRが作れます。


stars これを選んでよかったと思います。

客観的に時間も短縮して自己分析ができて、エントリーシートが書けました。他にも類似した本がありますが、私はこれを選んでよかったと思います。


絶対落ちる自己PRとは?「内定者の教え」
絶対にしてはいけない自己PRの間違いなど紹介。

「学生時代に力を注いだこと」例文
学生時代頑張ったことのNG例/例文を紹介。

内定エッセンス(無料メールセミナー)

約2ヶ月間、無料で「就職活動において大切なこと」を効率的に学べます。

<感想>
わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けて頂きたかったです。 これから改めて就職活動を頑張ろうという気持ちになりました! 本当にありがとうございました。感謝してます。

特に心に響いた言葉は紙に書いて貼っていました。 このメールを読むようになって、いろんなことを考えるようになりました。そして、気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました。

はっきり言って、すごかったです。無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした。書籍にしてもよいのではないでしょうか。

お名前
PCメールアドレス

※無料メルマガ「最速内定ニュース」にも自動登録になります。

自己PR例文集(100以上)※新卒向け

エピソード別に自己PR例文を紹介。

自己PR例文(行動力) 自己PR例文(アパレル) 自己PR例(アルバイト)

自己PR例文(部活動) 自己PR例文(サークル) 自己PR例文(大学)

自己PR例(インターン) 自己PR例(問題解決力) 自己PR例文(居酒屋)

自己PR例文(笑顔) 自己PR例(勉強・資格) 自己PR例文(スーパー)

自己PR例(ボランティア) 自己PR例(ゼミ・研究) 自己PR例(計画性)

自己PR例(相手の立場)

 




自己PR・学生時代に頑張ったこと例文集


『学生時代に最も力を注いだこと』

私は最も力を注いだのはゼミ活動です。そのなかでも、サントリーの「DAKARA」を題材として取り上げた広告立案計画のケーススタディに尽力しました。 試飲アンケートの作成から始まり、分析、マスコミ戦略、SP戦略を一貫したコンセプトの元に立案し、実施しました。特に評判が良かったのがSP戦略です。人が多く、公園のような場所にマスコット人形を置くというものでした。小便小僧と変わらないため、 置かれても違和感を感じないからです。このような作業を通して、マーケティングの実務の知識を得るでなく、本音で言い合える友人を得ました。数ヶ月のプロジェクトで お互い主張しあい、ぶつかったこともありましたが、今では良い思い出です。

『学生時代に頑張ってきたこと』

ゼミで「自動車産業」について取り組み、ディベートで一度も負けたことがなかったことです。そのために自分自身の足と目を使い、情報を収集していました。一度のディベートに用意する資料は200ページにもなります。例えば、「日産はトヨタ自動車を抜けるのか」 というディベートでは実際に日産やトヨタ自動車を訪問し、街頭でアンケートを採る、ディーラーを回るなどしてデータを集めました。1人の力で勝ったとは思っていませんが、この演習で鍛えた行動力と論理的な思考能力はこれからも貴社に活かせると思っています

『学生時代に力を注いだこと』

私はアメリカのフロリダ州にホームステイをしていた時に老人ホームでボランティア活動をしていました。その際、日本について知っている方が全くいなかったため、日本ならではの折鶴などを教えることで日本について伝えていました。  人と人が支えあおうとする感情は、勝手に湧きあがるものではなく、お互いに「何か感じたい・伝えたい」という思いが必要であること。「自分よりも相手を・・・ 」という気持ちをもって接していくことから生まれることを学びました。 この2つの気持ちをこれからも大切にしたいです。

『学生時代に頑張ってきたこと』

アメリカへ短期留学をしたことです。最初のうちはもの珍しさから、皆が声をかけてくてれました。しかし、それにまともに応えられず、次第に声をかけてくれる人がいなくなりました。そこで、夜、自分の部屋で勉強しながら、明日はこの単語を使って話してみよう、このフレーズを使ってみようという風に 目標を設定し、何度も前日の夜に口でつぶやいていました。会話の中で何が何でもそのフレーズは使うようにし、繰り返しているうちに、まわりから親しく話しかけてくれるようになりました。英語も上達し、TOEICで900点を取得することができました。

『自己PR(あなた自身を当社に売り込む為のキャッチコピー)』

私の辞書には「革新」という言葉しか載っておりません。 私は常に「もう少しできるはず」と唱え続け、100%以上の力をだそうとします。 私は消しゴムの最後のひとかけらを使い切るほど、几帳面です。 ボタンがあればつい押してしまう、人ごみができていたら潜り込んでみたくなるような 好奇心の溢れる人間です。 一を聞いて十を知り、十を知り百の成果を出します 『成功は自信に。挫折はバネに』がモットーです。成功した時は誰よりも喜び、自信とし、挫折した時は誰よりも悔しがり、克服しようと努力します。 私はスイカにかける「塩」です。あえて、厳しいことをいい、人の甘みを引き出します。

『自己PR(あなたのモットーは?)』

「脳みそにブレーキをかけない」が私の信条です。 以前、トム・クルーズの「カクテル」という映画に憧れ、鑑賞して次の日にニューヨークへ行ってしまったことがあります。それまでの経緯で本1冊分になりますが、バーに潜り込むことから始まりました。店が終わる午前まで店長を待ち伏せし、働かせていただけるように頼み込みました。その成果もあり、潜り込めたですが、最初からバーテンダーになれるわけもなく、ウエイターとして働きました。2ヶ月後、憧れのバーテンダーになり、練習した技を披露しました。私は目標のためなら努力を惜しまない、アクセル全快な人間です。

『学生時代に頑張ってきたこと』

私は薬局でアルバイトをしていました。あまり売れ行きが無いような店だったため、猿を置いて客寄せをするように提案しました。 案の定、提案が当たり、小学生が集まってきました。しかし、小学生が集まっても売り上げは上がらないため学校へ行き 「猿がひっかくとあぶないので、保護者同伴で来ていただきたい」という旨を伝えました。見事に保護者同伴の小学生が増え、 お店の売り上げアップに貢献しました。

『自己PR(学生時代に力を注いだこと)』

私はホームステイしたアメリカの家族の奥様に日本語を教えていたことがあります。 その時、彼女から「ちゃんと報酬を払う代わりにビジネスとして日本語を教えて欲しい」と言われたことがあります。 そこで、教材を作成し、週1回1時間ほど日本語を教えました。やがて、彼女の友達も加わり、生徒の数は10人も増えました。 しかし、一人一人に対する指導量は減ってしまうため、ペアで練習させるなどして、少しでも時間を活用しようと努力しました。 一番指導していて困ったのが文化の違いを感じことです。 例えば、「彼女は私の右腕です」というのを直訳して伝えた時は「どういう意味」と質問されてしまったことがあります。 この日本語教師体験で改めて、日本語の難しさを実感し、日ごろから気をつけるようになりました。

『自己PR』

私は何事にもマイペースで物事に取り組みます。大学の授業では、無遅刻、無欠席で、一番前に座り、勉強していました。特に力を注いだのが「今昔物語集の研究」です。演習の時間に「今昔物語集」の中の一話について、色々な写本を比較したり、類似の和歌や前後の話と検討しました。今では和歌にとても興味を感じ、自分で作品を作るまでになりました。和歌のコンテストに応募して、優秀賞をいただいたこともあります。

『自己PR』

私は常にマイナスを改善することをこころがけ、めげずに取り組む「おきあがりこぼし」です。例えば、私が服装を選ぶ際にの色の組み合わせ方で非常に悩んでいたときのこと。人を引き付けられる色の組み合わせや伝えたいイメージを表現するための配色を知るために色彩検定2級の取得をめざしました。毎日、「テキストと問題集を5ページずつ勉強する」と決めて、こつこつと勉強しました。もしも、わからない箇所があれば、即時に通信教育スタッフへ質問し、疑問点の克服に努めました。毎日の勉強の成果により、色彩検定2級取得という目標を達成しました。
それ以降、自分に似合う色を見つけ、その色を中心とした服装の配色をした結果、友人から「服のセンスが変わった」「明るくなった」と高評価を得ました。この言葉を聞いて「半年の努力が実ったこと」を実感し、大変うれしく思いました。この経験から、自分の工夫次第で「弱み」は「強み」に変わると知り、この「創意工夫」と「おきあがりこぼしな心」を仕事をする上でも活かしたいと考えています。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は「海外マラソン大会完走」という夢を実現しました。そのために、1年間みっちりトレーニングを行いました。 例えば、夏は北海道を自転車で一周しました。途中、悪天候や自転車のチェーンが切れるなどのアクシデントに見舞われましたが、 その度に切り抜けてきました。冬は沖縄へ行き、砂浜で10キロ走り込みました。練習は辛かったですが、楽しみながら続けたおかげで達成できました。何事も楽しもうと心がけています。

『自己PR』

私は何度でも立ち上がる「おきあがりこぼし」です。どんな逆境でも、改善案を考え、実行し、且つ「絶対にあきらめない」というスピリットがあります。 ゼミで「夕方のニュース番組における視聴者意識調査」を行った際、主婦層中心に約700枚のアンケートを一週間で集めることを目標としました。しかし、初日わずか50枚しか集まらず、その原因を考え、どうしたら目標を達成できるかを検討しました。

そして「着ぐるみを着て、子供の関心を引き、主婦層をつかまえる」など計5点の改善点を提示し、翌日から実行に移しました。その結果、「一週間で700枚以上」と目標をはるかに超える枚数を集め、信用性の高い調査結果を得ることができました。 この経験から、粘り強く取り組めば必ず成果は表れるということを知り、メンバーを引っ張るための「熱意」と「考える力」が身につけました。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は高校時代からチアリーティング部に所属し、さまざまなスポーツ大会において華やかに応援をしてきました。華やかなポーズをとるためには、基礎トレーニングの徹底、体調管理が必須です。そこで、毎朝1時間ジョギング、調理師免許を活かし、バランスの取れた食事を心がけました。そして、意外に難しいのが「笑顔」です。どんな疲れた時でも維持しなければなりません。常に日常生活から笑顔でいることを心がけています。それがどんな状況でも物怖じしない性格を形成し、どんな試合が負けている状況でも精一杯応援することができるようになりました。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は全授業に出席し、オールAを取得しています。そのために毎日、予習・復習を欠かさず行い、教科書がわかりづらいと思った科目は「自分の教科書」を作成しました。それが友人達の間で評判になり、1000人以上にコピーが出回りました。そこで「商売になるのではないか」と思い、加筆して「本当の教科書」を作成して、本屋に置いてもらいました。結果、月20万円の売り上げを達成でき、教科書代・授業料をすべてをまかないました。

『自己PR)』

私は諦めが悪いです。一度、成績でC判定を受けたのですが、教授の部屋に行き、自分の解答の説明、 どれだけ真剣に授業に参加していたかを示すノートを持参することによって、成績の評価をA判定に変えたことがあります。

『自己PR(あなたの性格を一言であらわすと)』

私は「スルメ」のような人間です。噛めば噛むほど味がでるように厳しくされたほうが活躍します。 所属する陸上部では監督に「毎日100本の走り込み」を命じられ、1年以上続けました。その結果、100メートル14秒だったのが、今では12秒になりました。 私は募金をしている人がいたら、「私にください」と言ってしまうほど、お金に厳しいです。 私は「満塁男」です。野球部に所属していたのですが、満塁の場面では必ずヒットを打つほどの勝負強さを持っています。 私は「アリ」と「キリギリス」の話でいえば「キリギリス」です。一瞬、一瞬を全力で楽しもうとします。 「昨日より今日、今日より明日」という言葉をモットーに、少しづつ積み上げていくように努力しています。

『自己PR(学生時代に力を注いだこと)』

ゼミ活動の夏合宿です。合宿前は毎日学校の図書館へと集まり、約1000頁もの資料を読み、お互いの考えを徹底的に話し合いを続けました。合宿直前には2晩徹夜になりながらも一体となって納得行く発表を作り上げました。それと共に私は代表として、予め下見に行き、レクリエーションの場所の確保や宿との交渉など裏方の準備を整えました。勉強・遊びともに充実した夏合宿を作り上げるよう努力しました。

『自己PR(自由にPRしてください・志望動機)』

私はゼミの代表および法律学科ゼミナール委員会常任委員監査として活動しています。講演会など学術面やゼミ同士の交流、また入ゼミ希望の2年生向けの説明会など広くゼミ活動のバックアップをしてきました。
私の所属する委員会はゼミ員からのお金で運営されておりその一部は上部組織にも預けております。しかしその用途について、総会以外の場で調べるシステムが私の就任当時なく曖昧でした。そこで各学部の監査を集め監査委員会を組織し、細かくチェックできるシス テムを作りました。これにより定期的に報告書をつくり財務の適性化を図ることができた とともに、お互いの信頼を作り上げられたと 思います。
今後社会では、人と環境に優しい商品やサー ビスが求められると考えております。エネルギーも同じではないでしょうか。特に人に優 しいという面では、高齢化社会を迎えて使いやすさや安心感が今まで以上に要請されてく るものと考えられます。しかし、現在のガスは 改善はされつつも、一般の人の間ではまだまだ電気に比べて安全という概念が低いのではないでしょうか。これが大きな課題であると思います。これに対して残念ながら私は自ら技術開発をすることは出来ません。
しかし、ゼミ などで私が取り組んできたように、お客様の要望を集め反映させる。また器具に限らず生活レベルの情報提供を行い、ガスそのものに付加価値をつけることが出来ると思います。そしてマーケティングや広報などの形で、人と人との橋渡しとなり人に優しい ガスを追求することでも、競争に勝っていけるのではないかと考えております。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は毎年夏休み、小学校にて水泳指導員をしています。昨年、従来勤務していた小学校から新規に規模の大きい小学校を紹介され、ただ教えるだけでなく、人材の確保、 学校との話し合いなどをする調整役として1シーズンの水泳指導を作り上げてきました。

以前の小学校に比べて生徒数は倍になったのですが、指導員は1人増えただけで、たった4人。また習慣や設備の違いもあって、全くの0からの不安を抱きながらのスタートでした。しかしながら、 「いかに安全を確保しながら子供達に水泳を好きになってもらうか」という目標だけは、 変わりません。それをいつも頭において工夫を重ね乗り越えようとしてきました。

例えば、私は大学で「スポーツと法」という授業を選択し水泳の事故の例を勉強していたこともあって、ありとあらゆる可能性を考え、その防止に人一倍気をつかいました。ゲーム をするにしても一度に全員を入れると危険なので、入る子供の数のチームを作ることで制限し、逆にチーム同士手を組ませることで応援する姿勢を作ってみてみたりもしました。

教え方にしても、ビート板など道具を多用して、泳ぐのではなく体が浮くことをみんなで繰り返ししてみたりと、少し変わった観点から水泳の楽しさを学んでもらいました。 とにかく毎日が勉強でした。子供は興味がないとはっきりといやがり、だらだらとする。 そのような中で、毎日天候と子供の様子を見ながら問題点を見つけ、こうしたらどうかと 担当者と先生にも提案しながら、その場その場で対応していく。この繰り返しでした。

これらの成果もあり、幸い事故もなく先生方にもとても好評でした。そして何よりも子供達から「こんなに泳げるようになった」「今年のプールは楽しかった」と喜んでもらえたことが私の誇りです。このように人のニーズに答えるのが私の喜びであり、そのため に小さなことを積み重ねていけることが私のセールスポイントでもあると思います。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は 「太ったのはマクドナルドのせいだ」という訴訟に興味を持ち、自分の体で証明しました。 そのため、3つのルールを打ち立てました。1つめは「30日間、マクドナルドの商品以外一切口にしない」 2つめは「常にLサイズを頼むこと」3つめは「残さないこと」です。このような生活を送りましたが、 実験終了後も健康でした。そのような結果になったのは、自分が運動していたからだと思います。アメリカ人は少しの距離でも車を使うそうです。 この訴訟を起こした人は負けましたが、当たり前の結果だと自分の体でも証明しました。 自分に厳しければ、どんな環境でも乗り越えられると思います。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私はバスケットボールサークルに所属し、マネージャー兼選手のような位置づけで頑張っていました。 例えば、得意の健康の知識を活かし、スポーツドリンクやサプリメントの摂取量や時間帯まで気を配り、 なおかつ、ドラッグストアでまとめ買いするなどして節約し、部費にも気を配っていました。 そして、選手としてはガードとして試合に出て、どんなに大差が開いて負けていても、 声だしは誰よりも行い、チームを引っ張ってきました。 このように管理能力には自信があります

『自己PR(キャッチフレーズ)』

私は「三つの気」を持っています。それは、やる気、根気、元気です。
私は二つの体力があります。ひとつは体力、もう1つは忍耐力です。
私は世界がなくなって、宇宙に放り出されても生きていけます。
習うより慣れろというより、体がいつのまにか動いてしまっている人間です.
「泣かぬなら 私が泣こう ホトトギス」というぐらい、サービス精神あふれる人間です。
「鳴かぬなら 笑わせてみよう ホトトギス」というぐらい、笑わせることが大好きです。
私は「松田聖子」の生まれ変わりです。アイドルのように常に笑い、ビビっときたらすぐに行動に移します。

『自己PR(キャッチフレーズ)』

私は料亭の仲居をしていました。料亭というと堅いイメージあるので、あえて、くだけた感じの接客をしていました。例えば、「にわとりのモノマネ」です。お客様に料理を運ぶ時にモノマネをして、驚かせたりしています。おかげで指名制度はないのに、指名が来るまでになりました。そこでお客様に気に入られて、地方テレビのリポーターに抜擢され、泥まみれになりながら田植えをしたり、綱渡りをしたりなどお笑い芸人に負けないくらいのことをしてきました。おかげで、度胸は据わっています。(お笑い芸人の「友近」を参考にしました)

『自己PR(趣味・学生時代に頑張ってきたこと)』

大学生活で月100本、年間1200本の映画を見ました。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私の「2000回の笑顔」を持っています。コンビ二のアルバイトをしていたのですが、1時間に多いときで300人ほど来店されます。商品を提供するだけがサービスではなく、笑顔という無料のサービスも大切だと思い、1回、1回、最高の笑顔を心がけていました。これは6年間続けているシンクロナイズドスイミングでも活かされています。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は「家計が苦しいため」、大学への費用をためなければなりませんでした。そのため、中学、高校と6年間毎日、新聞配達を行い、大学入学までに4年分の400万円を貯めました。今でも新聞奨学生として働いております。

『自己PR(特技)』

私は笑いというのはコミュニケーションで一番大切だと考え、2つの「笑いの技」を持っています。1つ目は「有名人のモノマネ」です。レパトリーは1000人。似ていないものもありますが、失敗は失敗で笑いが取れるので、常にチャレンジします。2つ目は「腹話術」。カエルと牛の人形を使い、ショートコントを毎週公園で行なっています。今では、200人程集まるくらいにまでなりました。これからも「笑い」を大切にしていき、より良い人間関係を築きたいです。(パペット・マペットを参考にしました)

『自己PR(あなたの強み)』

私の強みは「裸になれること」です。誰とも仲良くなれることができ、見ず知らずの人に声をかけ、知り合った人数は1000人にもなります。これも自分から積極的に声をかけ、包み隠さず自分のことを話すことによってできたことです。さらに、ジムに毎日通い、ボディービル60キロ級で日本チャンピオンになりました。特技は「裸」ですと言えるぐらい の肉体です。これからは心と体の「裸」を活かしていきたいです。

『自己PR(あなたの強み)』

メルマガを週5日配信。CNNでで配信されている英文ニュースを和訳して、要約し、1万人程の読者に届けていました。一度も配信を休むことなく、徹夜してでも配信し続けました。おかげさまで今はスポンサーがついています

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私はどんな課題にぶつかったとしても、必ず解決策を見つけます。大道芸人サークルに所属したときには、「サソリ食い」「目から牛乳」「ドライアイスのむさぼり食い」をマスターしました。そのために牛乳を普通に飲むより目から飲み、サソリと同居したことさえあります。「ドライアイス」はスーパーでアルバイトし、 残ったものをいただいて練習しました。このように一つのことを成し遂げるのに手段は選びません。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は学生時代テニスサークルの会計係をしていました。当時、毎年10万円の赤字が出るなど大変だったのですが「紙張り」によって打破し、毎年10万円ほど余るようにまで なりました。例えば、「テニスボール一個70円」など節約の言葉を書き込んだ紙を貼っていました。こうすることによって、コスト意識を持たせ、道具も粗末に扱わないようになり、 長持ちさせることができました。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は学生時代、ダブルスクールをして情報処理技術者試験一種に合格しました。 これだけにとどまらず、企業から誘いがくるぐらいの特許を取得しました。 特許料だけでも100万円ほど稼いでいます。しかし、それに飽き足らず、 もっと大きな舞台で挑戦したいと思っています。私の天まで届くくらいの 向上心は誰にも止められません。

『自己PR(学生時代に頑張ってきたこと)』

私は「練習人間」です。高校生時代アメリカンフットボール部に所属しましたが、怪我をしてしまい断念し、レスリングに転向しました。アメフトで鍛えた体格を活かし、アマチュアで優勝しました。さらに不運なことにレスリングができない体になり、チェスに転向し、日本チャンピオンになりました。転向に伴うたびに言葉では言い表せない程の練習量を重ねました。これからは今までの練習を仕事いう本番で活かしたいです。(ボブサップを参考)

スポンサーサイト


自己PRのすすめ

自己PRのポイント、書き方など紹介。

楽しい自己分析 □自己PRの書き方 □100本自己PR 
自己PR脳力訓練法  □自己PR例  □自己PRコンテスト

志望動機のすすめ

志望動機、やりたいことを見つけるための適職診断を紹介。

1分でできる志望動機 □1時間でできる志望動機 □無料で適職診断

ハローワーク

各都道府県のハローワークを紹介します。

北海道・東北

ハローワーク北海道/ハローワーク青森県/ハローワーク岩手県/ハローワーク宮城県/
ハローワーク秋田県
/ハローワーク山形県/ハローワーク福島県

関東

ハローワーク東京都/ハローワーク埼玉県/ハローワーク千葉県/ハローワーク神奈川県/
ハローワーク群馬県/ハローワーク栃木県/ハローワーク茨城県

東北・甲信越

ハローワーク新潟県/ハローワーク山梨県/ハローワーク長野県/ハローワーク富山県/
ハローワーク石川県
/ハローワーク福井県

東海

ハローワーク愛知県/ハローワーク岐阜県/ハローワーク静岡県/ハローワーク三重県

関西

ハローワーク大阪府/ハローワーク京都/ハローワーク兵庫/ハローワーク滋賀県/
ハローワーク奈良県
/ハローワーク和歌山県

中国

ハローワーク鳥取県/ハローワーク島根県/ハローワーク岡山県/ハローワーク広島県/
ハローワーク山口県

四国

ハローワーク徳島県/ハローワーク香川県/ハローワーク愛媛県/ハローワーク高知県

九州・沖縄

ハローワーク福岡県/ハローワーク佐賀県/ハローワーク長崎県/ハローワーク熊本/
ハローワーク大分県/ハローワーク宮崎県/ハローワーク鹿児島県/ハローワーク沖縄県